TOP > 国際 > 香港版「国家安全法」に猛反発、「香港の民主化が潰される」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

香港版「国家安全法」に猛反発、「香港の民主化が潰される」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(17)

共産党独裁国家中国の民主化は、香港・台湾から浸透しなければならないと思います。
「国家安全法」を香港立法会(議会)の議決を経ず香港に適用するならば「一国二制度」は終焉。50年間香港の「高度な自治」を守るとした国際約束違反だ。

共産党独裁中国は約束を守らない。

 2020.5.22 Newsweek
香港は堕ちたか……、。
天安門のときのようなことにならないでほしい

オフィシャルサイトト
言論の自由がなくなるかもしれないとのこと。
オフィシャルサイト
→97年に香港返還去された時の約束、香港の民主主義を中共は50年間維持尊重するという1国2制度は、その半分も守られていない時点で踏み倒される。これが中国人の本質なのだ。
「22日午前に本誌の取材に応じたヒューマン・ライツ・ウォッチの上級研究員マヤ・ウォンは、国家安全法によって『我々が知っている今の香港は終わる』と訴えた。」
香港は行きつく所迄行かないと解決しない。
コロナを仕掛け、世界中の目をソレせている間に、香港の民主主義リーダーを捕まえている。
世界中がこのVを見ている。
一帯一路の国々も最期はこうなる運命。
"過去の中国の動きを考えれば、「香港のあり方が根本的に変えられる」ことは間違いない、とワンは言う。「香港の様々な基本的自由、価値観は制約され、香港の生活は激変するだろう。例えば、メディア報道の自由、言論の自由、市民社会存続の可能性などが問題となる」"
5月22日から、全人代が始まるのか。

オフィシャルサイト2020年5月22日(金)15時00分
厳しいぞ……ああ、それでも戦うか、香港!私が銅鑼湾駅で居合わせた勇武派の若者たちは今どうしてるんだろう……
#自由を希求する香港市民を支持します 。>
香港の民主化が潰される。香港人反抗‼️
マカオは大陸依存が強いのが現実と聞いたし、「国家安全法」で一国二制度は有名無実になるのだろうと思う。でも香港は全く事情が違うからな。ただの内政問題でない、国際社会の厳しい態度も重要。
再燃

香港版「国家安全法」に猛反発、「香港の民主化が潰される」(ニューズウィーク日本版)
独立しなければウイグルみたいになる
香港版「国家安全法」に猛反発、「香港の民主化が潰される」……中国政府が「1国2制度」を実質的に破棄しようとしていると人権団体や香港民主派は危惧する

#香港 #中国政府 #民主化
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR