TOP > 国際 > 「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬となれるか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬となれるか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(11)

おかしいですよね。
中国で、認定されている。効果も出ているにも関わらず。

臨床の数も、中国は凄い数。

ここまで、阻止するのは、ワクチンを使いたいからとしか思えない。
インフルエンザ薬としての製造はできるが、新型肺炎に効くとはわかっていないのに、大量発注の愚策。
日本が🇯🇵世界を救う事ができるのか?
頑張れ日本🇯🇵コロナに負けるな!
| ニューズウィーク日本版

アビガン、200万人分の備蓄あるのか。
藤田医科大の観察治験はが8月終了予定?一方で治験プロセスは6月末の情報も。この日本のスピード感は…イノベーションが起きにくい国民性がこんな処にも影響して生命まで奪っていく事態を目に焼き付け、後々変えていかないと。二世議員、世襲企業、終身雇用の結果がこれ。
#アビガンは世界を救う



日本はアビガンを200万人分備蓄している。日本は可及的速やかな一連の対応と決断が迫られている。
上 昌広(医療ガバナンス研究所理事長)
気休めでいいから…、と思ってすがってしまうのは、
自分自身暗いニュースばっか見て滅入ってしまったから。
明るいニュースもっとみたい!!!!(願望)

「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬となれるか|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
カレトラは新型コロナウイルスには効かないことが明らかとなった。

特記すべきは、この臨床研究が新型コロナウイルスの遺伝子配列が明らかとなってから1週間後の1月18日に最初の患者が登録されていることだ。資金は中国政府が助成した。圧倒的なスピード感だ。
「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬となれるか|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 完全に利権、、、
(ニューズウィーク日本版)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR