今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(13)

蒸し暑くてもエアコン使わない方が感染予防に良いのかな。日本も夏に一旦終息する可能性が…
失礼なようだけど、ウイルスや細菌に日常的に晒されている国では新型コロナで重篤な症状になるような人はとっくに淘汰されているのかも知れません。
学生が「新型コロナは今インドネシアが1番怖い」とビビっていた。
「感染者ゼロなのは、検査してないから。もう拡がってる可能性が高い」
インドネシア、政府に問題ありか。
たいして中身の無い記事。患者がいないのは、検査していない・病院に行かないって事じゃないの? その辺を記事にしろよ。後、兎は欧米でも流通してるかと。>
コウモリは漢方薬として喘息などの呼吸器系の病気に効果があるかもしれないし、肺炎の原因になるかもしれない。
「 」
インドネシアではスラウェシ島北部にある北スラウェシ州マナド周辺に住むキリスト教徒がコウモリ、イヌ、ネズミを食用とする習慣があり
中国・武漢からチャーター機で帰国させたインドネシア人約200人も14日間隔離したのは南シナ海南端のナトゥナ島という絶海の孤島
ん〜
本当だとしたら実験施設から漏洩の信憑性が、、
生きたまま売られてるって凄いな…結構高いし… →
この理屈なら夏に冷房を切って生食をやめれば終息するかな?【 新型コロナ感染ゼロの理由とは|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト】

 コウモリが犯人でない証拠だな。武漢の研究所が作ったウイルスが流出した疑惑がまた深まった。
#新型肺炎 #コウモリ #犯人ではない #人災 #ウイルス流出
なるほど...本当にゼロかも。
(ニューズウィーク日本版)
以上
 
PR
PR