TOP > 国際 > カエルの幹細胞から生体ロボットが世界で初めて開発 自己再生もする | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

カエルの幹細胞から生体ロボットが世界で初めて開発 自己再生もする | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(25)

こちらの記事も興味深いわけでね
「アフリカツメガエルから抽出した幹細胞を集め、小型のピンセットと電極を使って細胞を切断し(略)設計案に沿ってこれらをつなぎ合わせた」  | ニューズウィーク 未来だ
これはスゴイ!!
<カエルの幹細胞から作製した生体ロボットが、従来のロボットでも既知の生物でもないまったく新しい人工物として注目を集めている......>
ゲッターのようなものというべきか? インベーダーに例えるべきか?(・_・;)スゲエ

 自己再生もする:Newsweek Japan
生体アンドロイドの基礎がではじめてるww😱
つまりこの技術が進むと脳だけAIの生物や人間が作れるわけか、、、
ふむ現人類いらなくなるね(〃´o`)=3
火星移住とかできるのはこういった新人類だろうなぁ
<カエルの幹細胞から生体ロボットが世界で初めて開発>
プログラム制御可能な生体ロボットという、従来のロボットでも既知の生物でもないまったく新しい人工物。
)φ→「米国のバーモント大学やタフツ大学らの共同研究チームは、コンピュータシミュレーションが自動生成した設計をもとに、アフリカツメガエルの胚から抽出した幹細胞を組み合わせ、生体ロボット「ゼノボット」を作製することに成功した」【カエルの幹細胞から生体ロボット】
カエルの胚から取り出した幹細胞を用い、人工知能(AI)によって設計された生体ロボットが世界で初めて開発された。プログラム制御可能な生体ロボットという、従来のロボットでも既知の生物でもない…新しい人工物として注目…放射能汚染の検査…体内への薬剤の運搬など
皆さん!
これから世界中でバズる最先端技術がこれです。

AIガー!シンギュラリティガー!
なんて言ってる場合じゃないです!

これ、新たな生命体を誕生させてしまった人類史上最重要問題の可能性すらあります。こわ…
放射能汚染の検査や海洋に漂うマイクロプラスチックの収集から、体内への薬剤の運搬や動脈内に蓄積した老廃物の除去まで、様々な分野での応用が見込まれている。
つかこれってやばくない?
超こわいという気持ちが先に来てしまう;
ちょっと何を言ってるか分からない部分が多いですが、なんか凄そうなのは伝わる。。
海洋汚染への対策などで海にバラまいたら逆に生態系が破壊されたりとかしそうなイメージ。
そんなことは無いと思うけど。
カエルの胚から取り出した幹細胞を用い、人工知能(AI)によって設計された生体ロボットが世界で初めて開発された。プログラム制御可能な生体ロボットという、従来のロボットでも既知の生物でもな…
これかなりヤバいのでは
放射能汚染の検査や海洋に漂うマイクロプラスチックの収集、体内への薬剤の運搬や動脈内に蓄積した老廃物の除去、従来のロボットでは担えなかった領域も含め、様々な分野での応用が見込まれている。
なんだこれ!?
AIによって設計された制御可能な生体ロボットが世界で初めて開発👀
未来感がすごい

| 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
のちの人造人間セルである。
一抹の...
自己再生!すごい。AI格差は健康や長生きにまで影響しそうですね。

@takapon_jp
# 生体ロボット
生体ロボ!!! バイオ反応発見!! とか言い出したくなるな。
(ニューズウィーク日本版)
カエルの胚から取り出した幹細胞を用い、人工知能(AI)によって設計された生体ロボットが世界で初めて開発された。プログラム制御可能な生体ロボットという、従来のロボットでも既知の生物でもないまったく新しい人工物として注目を集めている。
以上
 

いま話題のニュース

PR