音楽が人類にとって普遍的である理由──ダンス、子守唄...のパターンを分析 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(19)

楽しいクイズありとある
「言葉の有無を問わず、音楽はすべての社会で確認され、なかでもダンス音楽、ラブソング、ヒーリング音楽、子守唄は、同様の音楽的特徴を持つことがわかった。」ほう。>
「米ハーバード大学の研究チームは、世界中の315の社会集団を対象に「音楽は普遍的なのか」について研究した」
これがNewsweekの記事。
「子守唄とダンス音楽はどこにもあり、似通っている」
| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
人類の進化に大きく貢献し教育における重要な要素の一つじゃないですか?
最近この分野に疎いので、当該研究の「文脈」が分からず⋯。「米ハーバード大学の研究チームは、世界中の315の社会集団を対象に「音楽は普遍的なのか」について研究し、学術雑誌「サイエンス」で「音楽は、世界中、同様の方法で社会生活に浸透している」との研究論文を発表。」
条件づけしては共通点をみつけて「ぜんぶ同じ!いつも同じ!」って言いたい分野(主に理系)と、同じに見えるものに対して「あそこもここもこんなにちがう!こんなに複雑!」って言いたい分野(主に文系)は、絶対に噛み合わない。

音楽が人類にとって普遍的である理由
なるほど…宇宙構造の普遍性に似てますね…
めっちゃおもしろい記事!

世界的にみても音楽は似通っているらしい!
言葉の有無を問わず音楽は全ての社会で確認され、ダンス音楽、ラブソング、ヒーリング音楽、子守唄は、同様の音楽的特徴を持つことがわかった。松岡由希子さんのコラム。  米ハーバード大学の研究チームは、世界中の315の社会集団を対象に「音楽は普遍的なのか」について研究。
音楽は世界共通の言語!
研究者の知能が猿なみに落ちてきてるのか記者が猿なみなのか
──世界315の社会集団の音楽を研究
──世界315の社会集団の音楽を研究
“言葉の有無を問わず、音楽はすべての社会で確認され、なかでもダンス音楽、ラブソング、ヒーリング音楽、子守唄は、同様の音楽的特徴を持つことがわかった。”
何故か、遠い国の、初めて聴いた音楽を「懐かしい…!」と思うこともにも関係があるのでは?
(ニューズウィーク日本版)
以上
 
PR
PR