TOP > 国際 > 日本アニメはネットフリックスを救えるか? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本アニメはネットフリックスを救えるか? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(20)

"ネットフリックスは日本を初めとするアメリカ以外の国々で『千と千尋の神隠し』や『となりのトトロ』といったジブリ作品の配信を検討している"

"同社の日本及びアニメ担当ディレクターのジョン・ダーダリアンによれば、日本国内での配信権の獲得を目指してジブリと交渉中だ"
日本アニメは日本のアニメーターの生活を救えるか?
この記事書いたヤツなんにもしらないだろ。
そもそも見出しは逆だし、競争が激化とか書いてあるけど、この人アメリカの平均同時契約数とか知ってるの?
鍵は脚本(ストーリー)のレベルをどうあげるか、だと思う。
それで投下されるのが『恐竜少女ガウ子』なのか…。
ネトフリは日本をアジアにおける最重要地域と位置付けているのか

立場が逆になってて笑ったw
「潤沢な制作費がー」なんて言ってたのにね。何でも鵜呑みにしてはいけないんだろうね。
なかなか勝ち筋は見えないなぁ
何だこの見出し?逆だろ。
ジブリ作品を配信するかもな話もあるのか
: アニメ配信でディズニーを超えられるか?(ネットフリックスのハリウッドオフィス) Lucy Nicholson-REUTERS…
海外の記事の翻訳ってことだけど、なんか意外_(:3」∠)_ てっきり上から買い叩いてるのかと思ったけど、向こうもケツに火がついてる…? 違うところから追い込まれてるのか…
逆じゃないの? と思ったけどNetflixも大変なのね。
このウルトラマン、動いてるのは初めて見たけど、宇宙人というよりはパワードスーツ設定か » | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
海外でヒットさせたいのら万人受けする作品を作らないと無理だろうな
今こそセレベスト織田信長をネトフリでアニメ化だよ!!
なんだかアメリカ市場の中だけの評価のように見えるけど...
Netflix頑張ってほしい。
・ワーナーにジブリの配信権の大半を取られる
・ディズニーが参入
・Appleが激安で参入
今まで独壇場だでしたが、ここで続々と強者が参入している。

Netflixの強みである、データ・ドリブンとテクノロジーの力を駆使して変わらず一位でいてくだせえ
アップルやディズニーなど大手参入で競争が激化するなか、勝利の切り札との期待もあるが
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR