TOP > 国際 > 英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で半数が回答 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で半数が回答 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(14)

2度の選挙で2度とも離脱の結論。これは単にEU離脱だけではなく、英国の分裂崩壊につながる危険性大だと私も思います。

米国の最大のパートナーか崩壊すると、世界の軍事・安全バランスにも影響がある。英国の持つ多数の核兵器はどうなるか?

ここ数年がヤマ。
記事の写真に英国国旗映ってるけどあっちに住んでみると英国国旗ってめったに見ないんだよな。掲げてあるのはイングランドとかスコットランドなど連合王国を構成する「国」の旗だし売店でもそうした旗しか売ってない
United KingdomがDivided Kingdomになるか。
これはプリンセス・プリンシパルの世界が現実に
よくよく考えればインターネットの普及は大きなマスで捉える既存メディアとは違って無数の個を生み出していくことでもあるだろうから、分断という現象はむしろ自然なことはのかも。
ブレグジットしたら北アイルランドはアイルランドに入ってスコットランドも独立するのが世のためだな。ウェールズは…知らんけど(^^;) →
イングランド5598 スコットランド543 ウェールズ313 北アイルランド188万人 と人口構成はまるで異なる。
→そうならないで欲しい。 フランスやドイツ中心のEU連合では役不足です。
数百年栄えようが時は僅かなりとも留まりません。日本も例外ではありません。
その頃には誰も関心を示さないようになってると思います。しかし北アイルランドで流された血はなんだったのか…:
分裂する可能性が高いと。 -
大英帝国の夢の跡
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR