渡り鳥調査で研究者に高額の通信料金請求! | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(13)

イランって迷惑な国だなwww>
笑えるような笑えないような話 /
笑っちゃいけないんだけど笑ってしまった。
えらいこっちゃ😅
すごく興味深いのに笑った。
渡り鳥調査で研究者に高額の通信料金請求!(ニューズウィーク日本版)
ロシアの研究チームが、SMSを送信できるGPSを使って渡り鳥のソウゲンワシが飛ぶコースを追跡調査、データ通信料がとんでもなく高額に
ソウゲンワシが、ローミング料が高額のイランに入ってしまったため
こんなコトってあるんだw
落とし穴ってのは、どこにでもあるんだなぁ🤔
交付金内定後取り消しより怖いかも…
でも、鳥さんがイランに行くのは自由
1日に4回位置情報をSMS送信する発信器を取り付けられた渡り鳥
通信サービスエリア外のカザフスタン西部に飛んで連絡が途絶えた
約一年後に通信料金が高いイランに移動したことでそれまで蓄積されたSMSが一気に送信され(一通毎に77セント)、高額な通信料がかかってしまった話
猛禽類はかっこいい
なんとまぁ。そういうこともあるのですね。
渡り鳥の飛行ルートがほぼリアルタイムでわかる便利な時代、ただし鳥がイランに飛んでしまったらおしまいだ
以上
 
PR
PR