TOP > 国際 > 文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(15)

ところで、韓国では玉ねぎ男を守ろう、検察改革が国民の民意と大規模なデモが起きてるけど、大好きな玉ねぎ男ネタなのにテレビは報道しないの?何か不都合?
<「疑惑の総合商社」曺国の法相就任を強行したのは、文在寅にとって「未完の民主化」の総仕上げだから>
検察より優先すべき改革があると思われるが、韓国の為に提案する義理も義務もないので述べないでおく。
😑かねてより😑何回も指摘しているけど…南鮮は戦前の日本を全否定していながら😑戦前の日本と瓜二つの国を作った🤪馬鹿の極みだね💩
焼きタマネギにしてやれ

焼いてくったるわ!

 単純に文在寅と曺国が犯罪者だから検察の力を弱めたいんでしょう。
#文在寅 #曺国
韓国の保守政権は権力を握ると懐柔策を使って検察を完全に掌握する。検察側も保守政権の意向を忖度し、時には「権力の犬」となって動く蜜月関係が築かれる。

日本の検察は行政であり、検察のみならず官僚機構そのものが安倍政権とグルになって「権力の犬」として忠誠を誓う。
検察の弱体化が目先の目的だけど、本丸は大統領の任期を延ばす憲法改正ですよ。2期10年の改正を狙ってるらしいから、後継のチョ氏とあわせて20年はやるつもりで韓国初の逃げ切り大統領を目指している。
さっきの記事とは同じ映画で扱いが真逆とか。まぁ 検察改革とやらで自分に刃向かえないようにしないと離任後どころか任期をマトモに全うできるかも分からんしな。そりゃ必死にもなるだろ('A`)
文は自分を守ろうとしているが、最終的には牢獄行きだろう‼️

~文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由(ニューズウィーク日本版)
大手メディアの報道記事としては精一杯かな。だけど真の目的はセルフ革命だと思う。次の大統領候補にチョ氏を持ってきて2代で社会主義化というか北との統一を目指していると思う。
文在寅大統領がチョ氏の法務長官にこだわったのは左派政権を維持して、保守派の巻き返しを恐れているからである。韓国の左派勢力はチュチェ思想派が主体であり、統合進歩党党の国家保安法に違反する革命勢力である。
子供みたいなやり方はしませんよ。
大人なので。
向こうがやって来たのでディフェンスしただけですから。
そうしたら、仲間内で大喧嘩。
責任のなすり付き合いが始まったんですよ。
また懐かしいフレーズで>疑惑の総合商社
皮肉なことに曺国(チョ・グク)法相を追及している尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長は、権力に阿らずに保守政権の不正疑惑を追及した実績があり、文大統領もそれを買って任命したんだよね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR