TOP > 国際 > ボルトン解任はトランプにしては賢明だった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ボルトン解任はトランプにしては賢明だった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

24コメント 登録日時:2019-09-11 19:55 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(24)

🔴🔵⚪<トランプは軍事パレードや好戦的なツイートが好きな割に戦争は望まない。故に国家安全保障担当補佐官をクビにした。ボルトンはもう戻ってこないだろう>
➡️➡️➡️このニュースが70%真実だとしても、トランプの真意は戦争回避でしょう。
【理由】
(続く)
トランプは差別主義者だけれど、戦争は嫌い。
というか、戦争をしてまで金儲けをする気は無い。
Newsweekのこの記事に唖然
ボルトンがこんなに頭の悪い愚か者だったとは驚きだ

これじゃあ日本のネトウヨ水準じゃないか

どうりで安倍首相と気が合うわけだ

そういえば昨日の日本の報道は ボルトンを惜しむ声ばかりだったねw

中東を破壊した主犯格
地獄の原因は無知だった
ボルトン氏のタカ派過ぎる政策には賛同できませんが、ハト派のトランプ大統領にとってボルトン氏解任は戦略的なミスです。内角の見せ球であったボルトン氏の不在によって中露朝は今後臆せずに外角を狙ってきます。残った脅威はトランプ大統領の荒れ球だけということになります
酷いいわれよう。

フレッド・カプラン氏
ニューズウィーク日本版がボルトン補佐官解任を賞賛するならば、トランプ大統領は間違った決断をした。
ボルトンは、国家安全保障会議(NSC)をないがしろにして骨抜きにした。
NSCは、米政府内にあって省庁の垣根を超えて外交課題について議論し、大統領に助言を行うべき組織。
ボルトン解任はトランプにしては賢明だった( )…著者はボルトンが嫌いなのだろうな。そういう人は珍しくないが、しかしハノイで北朝鮮との危うい合意を阻止した彼の功績をどう考えるのか、書いていない。批判ばかりで功績を見ないのはバランスが悪いと思う。
結果的にトランプさんに踊らされてる感が強く伝わって来ますね…
ボルトンは、イラン核合意からの離脱とロシアとのINF条約の廃止をトランプに促すという点で、重大な(負の)役割を果たした。しかしトランプは、派手な軍事パレードや巨額の国防予算や好戦的なツイートをこよなく愛する割に、戦争そのものはそれほど望んでいない。
何を信じればいいのか?
そんなことは誰にも分からない、
ポストトゥルース。
ここまでの嫌われ者は、なかなか珍しいな。
2019年9月11日(水)18時51分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)
NWJが褒めてるって事は、トランプの決断は間違ったって事だね!
まあボルトンと言われるとラムジー思い出すよね
@WSJ 一方、まあまあ肯定的な記事。次の人事で誰を任命するか、何ヶ月続くか。
「トランプが自分は何をやりたいのか認識するのは、自分が任命した人物にうんざりしたときだ。それが、短期間に多くの閣僚を任命しては解任してきた理由のひとつだ」大統領の賢明さの証明みたいな言い方
信念はあったが実務には向いていなかったようだ。
『トランプは軍事パレードや好戦的なツイートが好きな割に戦争は望んでいない。おかげで史上最悪の国家安全保障担当補佐官をクビにすることができた。』これはそう思うね。
平和になると思う|
嫌々ほめるのやめろwww: オフィシャルサイト
トランプは軍事パレードや好戦的なツイートが好きな割に戦争は望んでいない。おかげで史上最悪の国家安全保障担当補佐官をクビにすることができた。ボルトンはもう戻ってこないだろう
以上

記事本文: ボルトン解任はトランプにしては賢明だった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事