TOP > 国際 > ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

160コメント 登録日時:2019-08-23 20:34 | ニューズウィークキャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(160)

承前)NatioGeoに記事でて間もなくこの記事が日本語でも出てて小さく話題呼んでましたね…でも民謡の話はなかった(←自分もたいがいソースまで見に行ってない情弱ぶりだが)


謎にはお金があつまる
ロマンだなぁ

街が有ったんですかね
これはシャンバラ?![ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる]
マジでシャンバラはあるんか? =
マスターキートン…ではなくどちらかと言うと銀狼怪奇ファイル(漫画版)的な
えっ…インドってアレクサンダー大王の遠征以来ギリシャ系の人々も住んでたんじゃないの…?>"東地中海につながる祖先がどのようにしてこの地にたどり着き、なぜ亡くなったのかなど、謎はさらに深まるばかりだ"/
>インド人につながるグループは7世紀から10世紀にかけて複数の事象により死亡し、その約1000年後にあたる17世紀から20世紀にかけて他の2つのグループに属する人々が亡くなっている。
宗教的な物語がありそう
全ゲノム解析の使い方。
そんな方法もあるのか。
未知の古代汎宗教の存在とか一瞬夢が広がったけど、7~10世紀じゃ色々文献が残ってる時代だな。むしろ近世になってからの犠牲者とか、逆になぜその時代に、という謎のほうが大きい。 / | 最新記事…”
こういう話怖いけど好き、
ヒマラヤ山脈にある湖の謎。
世界中に摩訶不思議、ミステリアスは溢れているのぬ
すごく面白いんだけど、実は添付のビデオ(英語)の方が情報量がある。(´・ω・`) 日本語記事では大雑把なんだけど、ビデオでは「850AD の骨が中心」と言っている。
>死亡時期は一千年以上離れていた
えっっっっ
ひゃー不思議ー。解明してほしい😳
自分はメイドインアビスが浮かんだ。ヒマラヤ山脈はまだ隆起してるんだっけ?
これ。
事実なら凄い謎ですね。


昔の風葬とかだったりして。
Discover(Google)から
まさにミステリーだな?
これは夢枕獏先生の「キマイラ」シリーズに繋がる伏線でしょう。
過去にここでキマイラをめぐる何かがあったと妄想。
3つのグループと千年単位の時間差…凄い 観光地ですよね…(爆;
これは宗教的にここに葬られたんだろうね。マウントカイラスじゃインド人が湖に飛び込むって、チベット人から聞いた事あるし、結構近いフンザにはアレキサンダー大王の末裔が居る
こういうの見ると、古代って現代の人が想像するよりもずっと、人が世界各地を往来してたんだろうなと思う→
なんこれ?
すごいのは、DNA解析でここまで解析できてしまうことだな。内容はムー的で非常に興味深い。
興味を引く内容ですが、変なとこで死んだら、これからは解析されちゃうのね。
話は聞かせてもらった。

人類は滅亡する! /
生贄か、食ってたんやろうなぁ
1000年の時を超えて、3つのグループ
7~10世紀の間に死んだ複数のインド系グループと、17~20世紀にかけて死んだ地中海や東南アジア系の人々…謎すぎる。/研究員「世界中から観光客が訪れる場所だったのではないか」標高5000mでそれはハードすぎだろ…。 / “ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎…”
インド人、東地中海の現在のギリシアやクレタ島の人々、東南アジア人、少なくとも3つのグループ…
ほえー。

世界は昔っから広かったんだなぁ。 /
昔の人だって温暖な気候が好みだったと思うが。
SCP-████ "人骨ノ湖"
UFOに拉致されて捨てられた仮説
マニ教の聖地だったとか?
<標高5000メートルを超えるヒマラヤ山脈の湖岸で見つかった何百体もの人骨。38体の人骨について全ゲノムシーケンス解析を行ったが、謎はさらに深まることになった......>
SCP案件だ
ミステリーだわ( ゚д゚)
記事メモ。。
| ニューズウィーク

《遺伝的に明らかに異なる3つのグループが存在し、死亡した時期も1000年離れた2つの時期に分かれていることが明らかとなった》
絶対オカルト的な何らかのスポット。コレはもう世界滅亡
「東地中海につながる祖先がいたことから、ループクンド湖は、世界中から観光客が訪れる場所だったのではないか」


第2グループは割と最近やんけやんけ
なんとなく「C案件」かなーとも思いますが、「彼らは推しの吟遊詩人の話を聞きに来たけどドタキャンにあって、絶望の余りうっかりそこで話し込んで眠ってしまったファンたちだったんだよ!」とかだったりして……ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨
>遺伝的に明らかに異なる3つのグループが存在し、死亡した時期も1000年離れた2つの時期に分かれて

ねじれこんにゃくに集められて1000年ごとのバトルファイトしたのかな…
古いのは7〜10世紀、新しいのは17〜20世紀というから、何がしか文字記録に残ってそうなもんですけどね。
ト < (・ω・)こりゃもういろんなアニメの冒頭に使えそうなネタですなあ。
スケルトン・レイクな響きが堪りませんな
- LINEアカウントメディア
ミステリーレイク…
世界はまだまだ謎の宝庫。
ジョジョっぽい。

「遺伝的に明らかに異なる3つのグループが存在し、死亡した時期も1000年離れた2つの時期に分かれていることが明らかとなった。」
時期も人種もバラバラか…
「狂気の山脈にて」みたいな話でテンションダダ上がり。
なんだろう、「全ゲノムシーケンス解析」って言葉のワクワク感がハンパない。
うぉぉ、ちょっとドキドキする話題だな。。
クトゥルフ味をかんずる
お祈りがいこつ… / オフィシャルサイト”
何らかの聖地だったのかな…
ロマン!!!!
長い長いお話なんだろうね。
単なる災害か虐殺ぐらいだと思ったら謎レベルが高すぎた
現代人の想像を超えて、古代人ってかなり広域に移動してるんだよね
<標高5000メートルを超えるヒマラヤ山脈の湖岸で見つかった何百体もの人骨。38体の人骨について全ゲノムシーケンス解析を行ったが、謎はさらに深まることになった......>
ロマンティック……というのは憚られるけどなんとも惹かれる状況……。

観光名所だったのかな
難易度Sの姥捨て山?
@oricquen
放射性炭素年代測定により、これらの人骨は、同時期に堆積したものでないことも明らかとなった。インド人につながるグループは7世紀から10世紀にかけて複数の事象により死亡し、その約1000年後にあたる17世紀から20世紀にかけて他の2つのグループに属する人々が亡くなっている
現代科学と考古学の進歩でわかってきたのか
すごいな
SF的な妄想が広がりまくる。/ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる: オフィシャルサイト:
捜索隊の貴方は、人骨の塚の先に見慣れない形状の物を見つける。
岩陰にある為、貴方はライトで照らす。

照らされたのは名状しがたい物体です…
SAN値チェックどうぞ

こうですかね
波紋法の修行過程で命を落とした人ら的なアレのアレっぽい何かかな / オフィシャルサイト”
「東地中海につながる祖先がいたことから、ループクンド湖は、世界中から観光客が訪れる場所だったのではないか」

……問題はその観光客がなんでここでたくさん骨になっちゃったかだよな……
- LINEアカウントメディア
巡礼者の骨か⁈ 須弥山(ヒマラヤ)に対する信仰は世界レベルである事を示しているのかも…。
--
不思議な話だ

ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる| オフィシャルサイト
きっとここには偶然の聖地がある
一部はアレキサンダー大王東征の遺跡じゃないだろうか。
ヒンドゥークシュ山脈はインド人殺し山脈という意味も。

ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる| オフィシャル
不思議。遺伝子情報がわかるようになっても謎、というかさらに深まる謎。
新たな歴史が分かるかも…
と思うとワクワクする!📚🏺🐫✨
クトゥルフで使えそうなんネタだな。スケルトンレイクって…。
続報を期待だねぇ。
1000年の時を超えたミステリー
面白そうやん
ヒマラヤ山脈の標高5000メートルを超えるところにありながら、何百体もの古代の人骨が湖岸から発見されたループクンド湖…こういう謎って興味を惹かれるよなぁ。
😰😰《ヒマラヤ山脈》の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる
🆕 2019/08/23(昨日)🔥7
🇩 🇮🇳 (th/1)
📰 📡 (663)
自然宗教?何か意味あるはず
インド北部ウッタラーカンド州に属し、標高5000メートルを超えるヒマラヤ山脈の中にあるループクンド湖は、何百体もの古代の人骨が湖岸から発見されたことから、「スケルト…
「東地中海の現在のギリシアやクレタ島の人々とつながりの深い祖先を持つ14名」って大王が東方遠征で置いて行った一派の末裔じゃないの
もっと見る (残り約60件)

記事本文: ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

いま話題の記事