TOP > 国際 > 山本太郎現象とこぼれ落ちた人々 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

山本太郎現象とこぼれ落ちた人々 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(134)

今更ながら読み返すと感慨深い。リベは信用してない。
>反緊縮・反エリートを掲げる「れいわ新選組」は、日本に左派ポピュリズムを根付かせるのか
どう着飾った記事にしてもアカはアカ。元毎日新聞記者が詐欺師・山本太郎をどう美化しようとも議員にしてはいけない人間ナンバーワンなのは不動だ。
こぼれ落ちた人々の正体は『お金を持っている既得権益、エリート層の代弁者になっているリベラル層』と書いてあるのかな?
もう、いいかげんにポピュリズムなる干からびた言葉で言い表すのはやめたらどうだ。山本太郎は、ひとびとの感情ではなく、素朴な問題意識をとらえ、そして結びつけたのだ。
石戸諭氏の論調はやたらと上から目線でエリート意識がプンプン臭うのですが、反エリート、反既得権益ととして「ポピュリズム(人民主義)」と云う概念を捉えている視点は珍しいですね。この辺がごっそり抜け落ちた議論をする人が多い。>
「私たち」という感覚の喪失が問題の根底にあるのだろう。
大学出ても希望の職に就けなくて落胆した人、氷河期世代、日々の生活に不満を持つ人。財源がなければ子供手当も一年で終わる現実を直視できない人が群がったと思ってる。この傾向は怖い。持てる者は簡単に出ていける
今頃だけどいい記事やね。ここでいうポピュリズムってのはまた違う意味で使われてるけど。
カタくなる向きもいるだろうが、山本太郎現象て興味深いよ。バクチク現象の次くらいに。
れいわ新選組をポピュリズムに貶めようとしている輩がいるな。応援する者としては許容し難い。
"左派ポピュリズムは、お金を持っている既得権益、エリート層の代弁者になっているリベラル層への不満の表れとして理解するのが適切だろう。山本は「持たざる私たち」「将来に不安を抱えている私たち」という枠組みを新たに政治に持ち込もうとしている"
れいわ新選組の山本太郎と
立憲民主の枝野幸男との決定的な違い
この記事もいいですよね。 ポリコレ棒と観念論ふりかざす「私たちと遠いリベラル」なんですよ。だから右と左のポピュリズムに人が流れる。
状況を客観的に評価できる人は、現政権の政策を問題ありと見ている。
山本氏の政策は、日本国民の収入の底上げによって、安全安心な社会を取り戻し、大企業にとっても税制優遇などという後ろ向きな話ではなく、事業拡大の素地を作る政策だと評価している。
『エリート層やリベラル派に受けのいい言葉を並べているだけで、幅広い層に突き刺さる言葉を喪失しているからだ。』 立民はエリートに受けてない説。なぜなら経済政策の中身がスカスカだから
山本太郎はなぁ、東日本の野菜を絶対食べないって農家の人の事考えてないし。パフォーマンスだけ言うだけやるけど具体性がないから…。
エリートサヨクにはなびかない人々が… =
山本太郎現象とこぼれ落ちた人々(ニューズウィーク日本版)
ヤフコメ欄のご意見が冷静でひと安心。日本もまだ大丈夫かなあ…
左派ポピュリズム政党と分析した「れいわ新選組」がすでに1議席で当確。さらなる議席獲得の可能性もあると速報。→山本太郎現象とこぼれ落ちた人々|
山本太郎現象とこぼれ落ちた人々|
普通の日本人は、
「野党連合は意識高い系高偏差値のリベラルエリート集団。とてもついていけない」
と思っているのではないか。
野党連合の人たちには理解出来ない事だと思うけど。
|

自分がこぼれ落ちてなくてもさ、周りにそういった人が増え、地方は寂れ、負担だけが増える社会を生きてて「何かがおかしい」と普通は感じると思うけどな
勝ち組もずっと勝てる訳じゃ無いってのは歴史を多少かじってればわかる
6年で、何か出来たのか?
なるほど。
シニカルな見方をすると、
選挙戦略は、

・与党の票を奪うか、
・野党の中で取り合いするか、

のほぼ二択になってくるわけね。

無党派層は動かせても、無投票数をとりこむのは難しいか。
この記事 知ったかぶりの上から目線で 好きくない。
書いた人の人柄がわかる・・・・
#れいわ新選組
#山本太郎
彼の過去の言動や暴力的な振る舞いを忘れないでおこう。
「選挙は面白くないといけない」
2019年7月19日(金)15時10分
石戸諭(ノンフィクションライター)
は国際的にも注目されているのでしょうか?
「(立憲民主は)エリート層やリベラル派に受けのいい言葉を並べているだけで、幅広い層に突き刺さる言葉を喪失している」「左派ポピュリズムは、お金を持っている既得権益、エリート層の代弁者になっているリベラル層への不満の表れ」
@Psychedelic_sky
米コロンビア大学の政治学者、マーク・リラ…『リベラル再生宣言』

リンカーン元大統領が喝破した「民衆の感情はすべてである」という政治の鉄則を
右派はよく理解しているのに、どうして
リベラルは(『私たち』という多数派の感覚に)無頓着なのかと問う。
現象とこぼれ落ちた人々|
色々とニュース記事を斜め読みしているが、この記事の感覚は、僕の印象に非常に近いように感じるた。
右とか左とかの意味をそもそも理解してない気がしてきた。左派ポピュリズムという概念が存在するのか…。
これは良い記事だ。これは良い記事だなあ。
山本太郎は少し前にイタリア政界を席巻した五つ星運動を主導したベッペ・グリッロと似てる。最初は「スローライフ、最高!」みたいなお花畑リベラルっぽい面があったけど
落ちこぼれ という表現は嫌いだけど。
山本太郎がそこに焦点を当てているのは見え見え。
企業から税金をもっと取れ、税収の足りない分は国債発行するなんて無責任なことを言うのが落ちこぼれの特徴よね。
安倍政権への不満を拾うことに失敗している野党と、「持たざる私たち」を政治に持ち込もうとする山本太郎か。
本来共産とか社民が拾いそうで結局拾わなかった層に訴求するっていう意味ではいい立ち位置なんだよな。
10年前ぐらいには、共産か社民が若返り図れればワンチャンって思ってたけど、これからどうなっていくのか。
<反緊縮・反エリートを掲げる「れいわ新選組」は、日本に左派ポピュリズムを根付かせるのか>
海外の左派的ポピュリズムとの違いは
化学を否定しないことでしょ
そういえば山本太郎と の熱狂について、Newsweekで取り上げていたんだよな(昨日図書館で読んだ)。百田やケントの記事を物してた石戸諭による>
反エリートというよりノブレス・オブリージュの欠如した反上級国民ね
この記事は興味深い。山本太郎に対しては過度の礼賛にも、過度の敵視にも反対で、もっと冷静な分析は必要。
石戸論氏の記事。
今後、組織作りと先鋭化に陥らないバランス感覚を身に付ければ、一定の求心力を発揮できる可能性が出て来ると思う。

“この6年で、山本は明らかに変化していた。一運動家から左派ポピュリズムを体現する政治家に、である”

山本太郎「選挙は面白くないといけない」

---「わかっていないのですか?それがあなたの問題だということを」

オフィシャルサイトト
落ちこぼれていうか、無関心だった(させられた)人たちにようやく届いて来たということかなと。
野党の常套手段です。危機感を煽り自分なら解消できますよと忍び寄り騙して弱みに浸け込む。騙されてはいけません!
銭の事だけが政治だと思っている愚か者。国防について全く考えていない平和ボケの代表。

Newsweekjapan: 山本太郎現象とこぼれ落ちた人々.
もっと見る (残り約84件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR