TOP > 国際 > 身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

27コメント 登録日時:2019-07-23 18:34 | ニューズウィークキャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(27)

アメリカンフクロザメたんかわいい
身体中が発光するサメ
こう言うの見ると、仏陀の後光が実は本当に発光してた、なんてあっても不思議じゃなあ、と思う。

"@Newsweek_JAPAN: メキシコの深海で
──「深海についてこれまでに解明されていることはほんのわずか」
このかたちに水野純子氏を感じる…
しかも発光…
えーーーっ!!
でも....何か可愛い♥
Discover(Google)から
🐸軟骨魚類も発光するんだ?
三回連続して発射しても勃起する不思議な14cmのペニスが見つかる

身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる

お鼻が丸い…ちょっと可愛いなあ…
地球🌏にはまだ出会っていない生きている仲間が沢山いる事自体がワクワクする😆
これから作られるサメ映画は予算が許せば光るようになるな | 身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる|
えーかわいいー😍
小さな鯨みたい😃凄い!
韓国が騒ぐぞー

新種のサメの由来は放射能汚染だって‼️

.
──「深海についてこれまでに解明されていることはほんのわずか」
この地球はまだまだ知らない事だらけ。身体中が発光するサメ。『身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる』|
ほぉ・・・
これは深海棲艦だ(笑)
「このサメは、メキシコ湾でマッコウクジラの調査にあたっていたアメリカ海洋大気庁(NOAA)の深海探査艇パイシーズが2010年2月に捕獲したものだ。小型で、頭部が丸みを帯び、胸びれの上部に袋状器官を持つフクロザメは非常に珍しい」
メキシコの深海で身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる|

アメリカンフクロザメという名前がついた新種のサメ。
体のあちこちに発光器ががついていて、ピカピカ光るっぽい。
まさにアメリカン。
以上

記事本文: 身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト