TOP > 国際 > 夜空を「汚染」するスターリンク衛星の光害問題 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

夜空を「汚染」するスターリンク衛星の光害問題 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(32)

こういう問題点もあるのよね💦
気になっていた問題😇
「光害」というそうな。
これは色んな意見が飛び交うね😂

ただ解決方法というか、うまくやっていく方法はありそう
素人目ですけど😅
@u_akihiro 引用元は「星空(光害)」の話かと
>壮大な衛星通信網計画、天文学者からは懸念の声も。
このあと打ち上げられるスペースX社のスターリンク衛星。先ほどの投稿で、「色々と物議を醸している」と言ったのは、この記事にある通りの宇宙の「光害問題」のことなんです。ちょうど記事をブクマしていたので、貼っておきます
スターリンク衛星の問題についての詳細記事
凄い光景だったけどあまり良いものではないんだなぁ
イーロン・マスクのこのいつもの不誠実な対応をみて、SpaceXのすべての打ち上げが未来永劫失敗するよう祈ってる。
@9SQ  早くしないとスペースXがガンガン衛星を上げる予定だから地上よりも空の光害が酷くなる。。。
回避は衛星の寿命を削るからなあ…。衛星が天体観測を邪魔してるし大丈夫なのかあの会社…。
cf.
なんつーか。もう。いや、「また」なのか。
23日 午前5時10分頃 和歌山 紀の川市 南東から東 45度上空 で3分ほど連なった星が動いているのが見えたのはこれだったようだ。
そーいえばこれ日本の天文台もスペースXに抗議してた記憶ある
メリケンこのやろう、市民から天文を奪う気かこの野郎!!
スペースX社のCEOはイーロン・マスクはよく聞く名前だけど、目立つばかりで反感買ってばっかりじゃん。
さっき見えたやつこれか
17世紀以後の科学にとって世界とは物質である。デカルトは懐疑する自己を別扱いしたが貪欲な科学に例外は無かった。心理学にとって心は物質である。AIとやらにとって脳・知能は物質である。遂に物質は金儲けの対象に過ぎない。<<
こんな記事があった⬇︎🛰多過ぎよねー❗️
なるほど
スターリンク衛星の問題点
秋山文野さんの記事です
デブリ発生とかも、微塵も考えてなさそう
夜空を「汚染」するスターリンク衛星の光害問題(ニューズウィーク日本版)

アマチュア天文家としては宇宙に望遠鏡は上げられないので、衛星の打ち上げにも何らかの国際的な取り決めがいるんじゃないかな、と(あるのかも知らんが)
衛星は、寿命を迎えた後は地球に落下させて処分。たくさん上げたら、たくさん落ちる。
軌道確保の為に予備機も上げれば、益々悪化する。
便利んあるのは良いことだけども、その代償が大きすぎる気もする。宇宙望遠鏡が天文台の数だけ打ち上げられるのならともかく。
秋山文野さん『夜空を「汚染」するスターリンク衛星の光害問題』(ニューズウィーク)
光害になるのは、困る。
人工衛星、結構写るんだよね。
日本のマスコミや自然保護団体で取り上げたとこあったっけ?
人工衛星が光害になる時代か〜
デブリ化した時に怖いな。
ただでさえ中国とインドの衛星破壊実験してメチャメチャなのに…
星空を売りにしている観光地域にとっては死活問題です
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR