音楽ストリーミング配信は環境に優しくない? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(16)

CDは制作も廃棄も環境負荷が高いイメージがあるから、もう作るまいと思ってたけど、必ずしもストリーミングが地球に優しいわけじゃないんだな・・・

目に見えない環境コストにもしっかり向き合わなきゃなー。
去年の記事だけど

「77年にアメリカの音楽業界で製造されたプラスチック製品は5800万キロ。CD全盛期の2000年には6100万キロに増加したが、ダウンロード版とストリーミング配信の普及に伴い、16年には800万キロにまで減少」
こないだどこかで”レコードは音は良いけど塩化ビニールだから地球環境に良くない”という話を聞いて考え込んでしまったが、こういう見方もあるのか。結局キリが無い議論なのだろうけど、考えないわけにはいかないよね。
プラスティックの環境問題もあるしCD・DVDの類は発売自体違法にすればいい
利権もあるんだろうけどデジタル時代についていけてない人に配慮するのは色々と無駄
紙幣と同じで現物管理は製造・輸送・管理コストかかるし

と思ってたけどストリーミングも環境には悪いみたいだ
ト🥺そっ💦そうなのか〜っ!
@pmino こんな記事も以前に読んでいました。
サーバー稼働させるための電気代は環境によくないというお話でした

オフィシャルサイト
サーバーの電力消費…なるほど

オフィシャルサイトト
蝋管もSPも言ってみればシングルなわけで、アルバムであるところのLPの価格が「跳ね上がった」と言われてもね、と。
CD売りたい人が書かせてるのかなー、と思うとアホかと思う
環境負荷どうこうに関わらず配信の流れは止められないし
それに対応して技術力を向上させるしない
一番は、音楽への飽くなき熱量が、代替エネルギーになればなあと。
まあ減らす部分はそこじゃないよなあ、全体を俯瞰で考えて…。
音楽ストリーミング配信は環境に優しくない?| 感謝の気持ちに見合った報酬
「音楽ストリーミング配信は環境に優しくない?」音楽をクラウド上で保存したり再生したりするには巨大なデータセンターが不可欠で、そこでは膨大な電力が消費される。私たちはかつての音楽記録媒体の生産と、近年の音楽デジタルファイルの保存・送信に使われる電力を...
考えなきゃだけどそう言われてもこっちも必死 / (ニューズウィーク日本版)
以上
 
PR
PR