TOP > 国際 > 天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

12コメント 登録日時:2019-04-26 11:26 | ニューズウィークキャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(12)

譚璐美(タン・ロミ) - 素晴らしい。東京生まれの中国人の作家です。魯迅と嘉納治五郎との関係、初めてしりました。
嘉納治五郎は魯迅にも影響を与えたんだよね。

| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅|ニューズウィーク日本版 *天安門事件とライカとあるが、この時代も切り取っていたのはニコン何だよね。天安門事件と書いても日本ではバーンされないが、半島の事件を書くとバーンされるから気をつけよう。
天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

なんだライカのCMと関係ない記事じゃん😓
<ライカが「タンクマン」で炎上した。「中国の本質とは何か、それは日中関係にも深く影を落としているのか」という疑問を解くカギは、20世紀前半の日本留学生、魯迅と蒋介石の軌跡にあるかもしれない>
後で読む_φ(・_・

チャイメリカのパンフレットの解説を書いた方の記事

| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
中国ではなぜ天安門事件のような悲劇がたびたび起きるのか。譚璐美さんのコラム。  有史以来、中国では「公理」を重んじる教育が行われてこなかった。ここ100年も、「国家」は最優先に位置づけられ、「国民」に視点を置き、国民が幸福になるような社会教育は行ってこなかった。
チャイメの話出てきてびっくりしたわw
帰りに『狂人日記』買ってこ。今年は中国、韓国の古今作家の本も読んでいきたい。
チャイメリカのこと。
天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅(譚璐美氏)/ニューズウィーク
>私はそのパンフレットに「天安門事件とはなんだったのか」と題して解説文を書いた~

あの解説よかった…リウリとヂァンリンのモデルであろう恋人たちの描写とか
天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅……ライカが「タンクマン」で炎上した。「中国の本質とは何か、それは日中関係にも深く影を落としているのか」という疑問を解くカギは、20世紀前半の日本留学生、魯迅と蒋介石の軌跡にあるかもしれない  …
以上

記事本文: 天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

いま話題の記事