TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 日本の子どもの自...

日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

93コメント 登録日時:2019-03-13 16:11 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(93)

いまだってかわらないのだ
ト トップは、家族からの躾、叱責と親との不和。家族が理由での自殺は報道されないからね。
日本の子どもの自殺の増加に、
広告で何ができるか?
しつけってなんでしょう…
叱責ってなんでしょう…

叱は舌打ちの音
責任は少年法で未熟とされている。

異常なのは、
この原因で自殺する子どもでしょうか?
これを「自殺」と表現する我々大人でしょうか?
同雑誌から、重要な記事をもう一つ。子どもの自殺が急増。理由は、1位が「家族からのしつけ・叱責」、2位は「親子関係の不和」だ。 →
今の時代の子供に生まれなくてよかった、と思う反面、これから親になる世代としてしっかりしないと、ってこと。
自殺率すげー日本
日本では十代の自殺率自体が急上昇
子どもが大事に育てられる時代と言われるが、「生きづらさ」の指標とも言える自殺率を見ると、
「家族からのしつけ・叱責」「親子関係の不和」、3位は「学業不振」となっている。いじめや学友との不和よりも、家族関連の要因が多いことが分かる。
私はここに危機感を感じています。
大人が癒やされなければ子供は癒やされない
大人が救われなければ子供は救えない
自分も他人事じゃない

涙を我慢しちゃいけない

ーーー
日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している|

これマジカ!!
日本も終わるな!
自殺が増えているという記事ですね。ただ、スマホの増加というのは?だな…。ネットいじめは騒がれだしたのはその少し前。ネット自殺は90年代から実はあるのだよね…。専門外だとわからないだろうけれど。…
めも、あとで。
当の親や祖父さん祖母さんにその自覚がないんだよね。母親だけは子供の味方でいてほしい。
なんでこういう記事に、子どもが助けを求め易そうな団体や施設の連絡先や相談された場合の対処法などのリソースを示しておいてくれないの?ほんとに心配してる?
生まれた時点でほぼ決着がついていながら、そうでもない様に見せた究極の階級社会、それが今の日本。公平感があるだけに尚更性質が悪いが、当事者の子供達はもうとっくにそれに気づいてるって事。
「自殺対策の重点は子どもに移すべきだが、教育の重点は子どもから大人にシフトするべき時だ。人生100年、かつ変動の激しい現代では、全てのステージの人が生涯、絶えず学習を続けなければならない。 」
自分がエラいと思い込んでる親は一番危険。親も成長しないといけない。
「自殺対策の重点は子どもに、教育の重点は大人に移すべきだ。」
親が問題
家庭関連の自殺要因には対策が必要と思うけど、文中最後の「教育については誰もが語れるが、逆ピラミッドの人口構成で「一億総教育家」の社会になったら、子どもは潰されてしまう」には賛同しかねる
日本の子供自殺増加の記事newsweekはこれ。
社会全体の責任ですよ。
自殺の増加とスマホの普及はたまたま時期が重なっただけで、おそらく関係はあるまい。
本文中でも関係については述べていないし、なぜわざわざ時期が重なっていると冒頭で強調してるんだ?
過去5年間の小・中学生の自殺動機を示すと…首位は「家族からのしつけ・叱責」、2位は「親子関係の不和」、3位は「学業不振」となっている。いじめや学友との不和よりも、家族関連の要因が多いことが分かる。

日本の人口構成が逆ピラミッドになる中、子どもへの期待圧力が
「自殺対策の重点は子どもに移すべきだが、教育の重点は子どもから大人にシフトするべき時だ」←辛辣ゥ!>
自殺の原因の1位は「家族からのしつけ・叱責」、2位は「親子関係の不和」、3位は「学業不振」となっている。いじめや学友との不和よりも、家族関連の要因が多い
日本は自殺率は減少してるって言われるけど、子供に関して言えば増えてるのか
「子どもの自殺の心理として、『苦しみが永遠に続くという思い込み』『心理的視野狭窄(自殺以外の解決手段が浮かばなくなる)』というものがある。こうした認知の歪みを是正する必要がある」
死ねば人生リセット出来ると勘違いしてないか?
死んだら終わり。悔いのない毎日を過ごそう。異世界転生は無いんだよ。
@Simon_Sin 率もそうだけど、原因についてももう少し精査が必要なんだろう。どうもいじめだけでは説明できない可能性があるので>
日本で最も深刻で重要な問題ですよ、。
"いじめや学友との不和よりも、家族関連の要因が多いことが分かる。"
" 日本の子どもの自殺率が
2010年以降急上昇している"

" 教育の重心は
子供から大人にシフトするべき時だ "
ーーー本文より
ここでも、躾という虐待。
子供を大切にする社会は必要だ
イジメの印象が強かったけど、親子関係が自殺の理由で上位を占めてるのか、これも目から鱗。
親は人殺し。子ども殺し
原作未読で観たけど、現在の機能不全家族の話として成立していた。父権主義の父親は団塊世代男性、享楽的な母親はバブル世代女性を象徴するよう。犠牲になるのは家庭内弱者である子ども達。ふと浮かんだのはこの記事。子どもの自殺率戦後最高、原因は家族関連が多い。
毒親に悩まされてる子どもが増えてるんだなあ
いじめの認定方法に気をつける必要があるにせよ小・中学生の自殺動機のうち、いじめは2.4%と低い。親との不和と親による躾が1位、2位で足すと約4分の1にもなる。いじめばかり報道されるから現実を誤認しやすいね。
社会や大人のニーズを子どもに求める教育の形からの脱却を
新卒での就職に失敗したらその時点で人生THE END。就職出来たとしてもゆとり世代や平成生まれという事で馬鹿にされ、上がり続ける年金や税金。
これで死にたくならない方がおかしい。
家族支援が大事なのは
もちろんそうなのだが、
こういった負の側面がある事を
福祉に関わる人は頭にいれとくべき
記事では急上昇の理由について特に書かれていない。理由の割合が昔と変わったりしているのかな。スマホ普及と関係あるとしたら、帰宅してからもつながりが保たれることで逃げ場が減少したとか。
人ごとじゃないんだよなあ。
時々こんなことしてていいのかって思うときがある。
自分の使命は何なんだろう。
教育マフィアの躍進を裏付ける数字です。今すぐマフィアたちを撲滅しなければいけません。
日本の子どもの自殺スマホ普及の時期と重なる2010年以降、急上昇している|
親子関係に起因するものが突出しているようです。
子供の自殺が増えているが、理由はいじめなどより、家族不和などの問題の方が多い。
「家」や「家族」だけではない、子どもの居場所・子どもが接する世界を、選択肢を、広げてあげたいよね。。
2017年は10代前半で100万人当たり18.4人が自殺。戦後で最高。いじめなど友人との不和より、家族との関係を原因とするケースの方が多い。→
自殺動機の一位と二位、どちらも家族絡みですね。報道だと学校絡みが多いので、印象が変わります。子どもと家族がどう向き合うかが大切と感じます。
他の世代は減少。スマホ普及の時期と重なる。
OMG!

理由

1 家族からの叱責
2 家族との不和

らしい。
子どもの自殺の原因
親子関係 11.3%
家族からのしつけ、叱責 13.1%
家族関係が 1位 家族がとても大切だということです。
目を覆いたくなる現実であるが目を見開いて見なくてはいけない事実。教育現場に何ができるか。考えねば。
データがとてもわかりやすい
家庭はとても重要ってのは当たり前だけど再認識
「首位は「家族からのしつけ・叱責」、2位は「親子関係の不和」、3位は「学業不振」となっている。いじめや学友との不和よりも、家族関連の要因が多い」
「いじめ」を理由とするものよりも「家族からの叱責」「学業不振」が多いとの警察庁調査結果 / “ オフィシャルサイト”
子どもの自殺原因の首位は「家族からのしつけ・叱責」2位は「親子関係の不和」3位は「学業不振」となっている。いじめや学友との不和よりも家族関連の要因が多い
こういうデータをみると辛くなるが、これはよく分析されている記事だと思う。年間自殺者は全体的に減ったが、子供の場合はそうではなく、データだけで見ると原因は必ずしも「いじめ」だけではないというデータ。

自殺の動機の上位は学校でのいじめじゃないんだよ!
原因はスマホではなくて現代社会の構造やん。弱者が幸福を感じられない社会は機能不全⇒
そうなのかよ…いずれ親になる時は、我が国のエースの選手と同様に過度に期待しすぎないようにしないとな…
いじめばかりがクローズアップされるが、まず家庭であることが見えてくる>>
子供を救うには教育の中心を大人に移すべきという話。大人の場合だと、新しいことをし続けるということなんだろうと解釈しました。
いじめを苦にした自殺が多いと思われるかもしれないが、過去5年間の小・中学生の自殺動機、首位:家族からのしつけ・叱責、2位:親子関係の不和、3位:学業不振。心理的視野狭窄…自殺以外の解決手段が浮かばなくなる。
今、日本で、若者の自殺者が急増

夢のない国にした安倍首相の責任を追及しろ‼️

.
子供の自殺対策は大人の自殺対策よりも優先されるべきである。
舞田敏彦氏「自殺対策の重点は子どもに移すべきだが、教育の重点は子どもから大人にシフトするべき時だ」。私もそう思いますね。子どもの生き苦しさ、生き辛さの問題はすなわち大人の側の問題です。子どもは大人を、それはそれはよく見てますよ。絶望的なその愚かさを。
これは、すべての大人が読むべき。

特に、すべての子どもに接する大人たち。

自分のところの子どもは、大丈夫と、どうして

言えようか。
助けてくれない。
優しくされない。
話も聞いてくれない。
思い込みで自殺は出来ない。
死は恐怖。
死の近い病人の私でも、恐怖で一杯。
その恐怖を消せない社会。
『何か』ではなく、全てが間違っている。
子供の自殺原因の上位が家族関係かよ。悲しいね。
なんで死ぬのかな?教育現場に逃げ場がない事が原因なんだろ?そもそも教育を受けさせるだけなら行く学校固定しなくてもよくね?なんで学校に帰属意識持たせないといけないのか訳分からないわ。
日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している|ニューズウィーク

子どもの自殺の増加に関しては本当に憂慮しています。
自殺総数の減少は、この間警察庁が死体取扱を厳格化しそれまで自殺で処理されていたような人が他のカテゴリーに移行されているような気がします。
読んでいて涙が出てきた。我々大人は一体何をやってるんだろうか。子ども追いつめる社会なんてろくなことない
スマホやネットが原因ということはまずあり得ないだろう…(学校裏サイトとかが流行った2000年代はむしろ減少しているし…)
悲しい、、、子供の為になんか元気になるようなライブやりたいな
ハッとした。学ぶべきは大人だ。本当にそうだ。

教育については誰もが語れるが、逆ピラミッドの人口構成で「一億総教育家」の社会になったら、子どもは潰されてしまう。(引用)
相談体制の強化をしようって感じのことを多くの人は言うけど、本当に困ってる人は全く知らない人に人生の悩みを簡単に相談しないんだよね
解決策は例えば、この記事を消せば今からウェルテル効果を防げるよね
ダメ、絶対。

子供を守れない大人なんて、大人じゃない。
スマホ×SNS×陰湿な日本人の結果がこれかなぁ|
弱い者イジメ、差別、悪事を繰り返す、悪夢の国難アベ膿政権の成果( ̄^ ̄)
首位は「家族からのしつけ・叱責」
2位は「親子関係の不和」
3位は「学業不振」
となっている。

いじめや学友との不和よりも、家族関連の要因が多いことが分かる。
グラフの縦軸をわざと長く取って物凄く増えているように見せかけているけれど人数見るとそうでもないよな。
どうにかしたい
です

Newsweekjapan: 日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している.
子供が子ども生むからだよ。
これまでより価値観が多様化して結婚に縛られた前時代的な生き方を強いられないように文化が改善したから必然的に親になる人々における「なにも考えずに遊んだ結果親になる」割合が上がった。それだけのこと。子育ての準備ができてない。
自殺理由から見る限り、スマホ普及とは別の原因なのでは
若者の自殺率が増えてるのは先進国の中では日本と韓国のみ。30代以上の自殺率は下がってきてますが、若者は増加し続けています。対策が不十分な証拠です。

いじめよりも多い要因が、親からの叱責や...
連載104回目です。子どもの自殺率は戦後最高。
日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している……スマホ普及の時期と重なる、10代前半の自殺率の際立つ上昇

#日本社会 #子育て #教育 #ヘルス
以上

記事本文: 日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事