TOP > 国際 > テクノナショナリズムの脅威──米中「新冷戦」とトランプの過ち | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

テクノナショナリズムの脅威──米中「新冷戦」とトランプの過ち | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(12)

中国はアメリカなどの市場経済国家の開放性を利用して最先端の研究やデータへのアクセスを確保し、資本投下を通じて最先端企業の買収や投資を行い、自国の商品やサービスを海外で自由に売っている
いよいよやばいのだが、手立てを誰も知らない……Disruptive (革新により社会構造をある意味破壊する)という言葉が好きな米国自体が Disruptive されようとしている。

テクノナショナリズムの脅威──米中「新冷戦」とトランプの過ち|
ワシントンで取材する本誌記者ビル・パウエルは1987年と2015年に「番記者」を務めたトランプ通。その彼が関税で中国に対抗するトランプの手法の「盲点」について、今週号の特集「米中激突 テクノナショナリズムの脅威」で指摘しています。
テクノナショナリズムってアルバムのタイトルでありそう
「こういうプレイ好きです♪」って感じで嫌
なんか、世界が研究開発バカになったかのような書き方だな。技術ってのは目的があってこそのはずなのに、まるで通貨発行を金本位でなくしたときのように技術だけを追い求めてるようだ。
テクノナショナリズムの脅威──米中「新冷戦」とトランプの過ち| -

知財は立派な資源でしょう。
それを盗む事、盗まれる事は物によっては国を揺るがしかねない。
大層な見出しの割に「中国政府の国内企業優遇政策に異を唱えるべき」と。
マスコミはこういう中国の政策について知ってても批判してこなかったよな。
中国の技術的進歩は、もう認めざるを得ないね。そのうちアメリカを追い越すかもしれない。日本はどう立ち回る?>
冒頭の枕話は日本の昔の高度経済成長の逸話みたいだ>
関税引き上げで譲らないトランプは習近平の譲歩を引き出しかけているが、それでも中国の先端技術大国は止められない? トランプの仕掛けた戦争は、残念ながら間違いだ
トランプは何が事態を左右するかを見誤ったという記事。日本は全く蚊帳の外なのがちょっとさみしい。いやかなりさみしい。 オフィシャルサイトト
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR