TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 「元徴用工判決」...

「元徴用工判決」への誤解を正す ICJ提訴は必ずしも有利にならない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

70コメント 登録日時:2018-12-07 12:23 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(70)

後で確認できるよう、ピン留め→
この記事の通り「強調すべきは、今回の事態にどのように対処していくにせよ、正確な事態の認識無しには効率的な対処は不可能だということである。」に尽きると思いました。うわべではなく。【 ICJ提訴は必ずしも有利にならない】
こんな記事は、「嫌韓学者」の利いた風な口だ。
各論の、論点整理・解説は素晴らしいと思う。ただ特に締めの部分だが、学者としてのモラルも、果たすべき役割としての理念も感じられない。ただ一言ゲスい。
これだと韓国全体が超ヤバイ国という印象・・日本政府は文政権が悪いってことにして話を納めたいのでは、無理だと思うが /
木村先生のやつようやく読めた。これまでのおまとめ版って感じ:
第一次世界大戦の後のドイツが巨大な賠償で第二次世界大戦を起こしたように、韓国の徴用工判決は韓国と日本の戦争への扉になるんじゃ無いかな
徴用工、慰安婦の支払いをすればよい

ただし、国内にあるすべての韓国資本、私財を全て没収して、それを財源にすればよい
韓国と断交し、北朝鮮と交渉すればよい
現状、韓国政府は、北朝鮮の外部部局に成り下がっている状況だから
それでは木村幹先生が最高の解決策として日本政府に進言出来る具体案はありますか。私はまず河野傭兵談話の取り下げが第一段階だと考えています。
「元徴用工判決」への誤解を正す

引用。<仮にこの問題を国際的な場に持ち込めば、そこで問われるのは(韓国の)大法廷判決の是非ではなく、請求権協定そのものの解釈になる>から日本に有利だとは限らないとの解説。
慰安婦問題がICJにおいて国際世論に左右され日本が敗訴とかいう摩訶不思議記事です。事実を基にニセ徴用工も戦時売春婦もICJで明らかにし日本の真の立場と主張を広めるべきです。
極めて冷静・論理的な解説。歴史を直視せず、扇動的な言辞で対立を煽る日本の政治家やメディアは、国益を著しく損なっている。 →
ニューズウィークの記事だもんなぁ。要はICJ提訴をした方が良いという事ですね。
必死になって提訴止めたい人たちによる、理屈も何もあったもんじゃない無茶苦茶な立論を生温くあざ笑う記事ですね、わかります。
出るとこへ出れば総合的に判断が下される。徴用工では勝てても、慰安婦問題では負ける・・なので日韓で解決しろ・・という旨と理解したワケですが、【日韓が分断と対立をさせられる】ことこそ最大の負け、両国の負けだ。日韓に二国間で解決する能力などない!
アハハハハハ
お疲れ様、センセ。こんなに長い日本語を書けて偉いねぇ。偉い偉いw
韓国政府からすれば、元徴用工等部分で敗訴しても慰安婦部分で勝訴することができれば、十分過ぎるほどのポイントを稼ぐことになるだろう。
読了判事達がどの政権で任命されたかは米国と似ていて理解しやすいが、この点に国内メディアが光を当てるのを見た事はない。知的思考・想像のきっかけとして良いコラム。
とっくにあらゆる請求権が消滅してるのが日韓請求権協定だと思ってたが、そんな抜け穴があるんなら協定結んだ意味がないだろ。
改めて記事読んだけど、いい解説記事じゃないか。どこにキレる要素があるのか。政治学者の先生方が良い悪いの価値判断をしないというのは、常識として知っておいたほうがよい。この分野で長年実績を出してメシを食ってる先生方は、そんなチャチな感覚で仕事してない
解答を示さない警告だ。緻密で丁寧な対応は現政権が最も不得意とするところだ。大丈夫だろうか。#立憲ボイス>
事実ベースでステレオタイプをひっくり返す木村幹節炸裂のコラム。読み応えが半端ない。/
しかしながら、事態はそれほど簡単ではない。なぜなら、仮にこの問題を国際的な場に持ち込めば、そこで問われるのは、大法院判決の是非ではなく、請求権協定そのものの解釈になる
「強調すべきは、今回の事態にどのように対処していくにせよ、正確な事態の認識無しには効率的な対処は不可能だということである」
これは大変勉強になる記事。判決の論理構成をきちんと理解したうえで冷静な議論が必要だ。
能書きはいい…。
とにかく国際司法裁判所で正々堂々と闘おう!
欧米列強君が息をしていません!
当時の韓国併合は合法だろ?そこから議論が始まらないとおかしいだろ。しかも、もし、日本の韓国併合が違法だったら欧米列強はどうなるんだ?教えてくれ。日本だけ違法www
ICJ提訴は必ずしも有利にならない。この状況でもう一度、日韓両国がこれまで歩んできた歴史認識問題をめぐる議論を洗い直し、冷静な対処方法を考えることが重要だ。一体どのような方策が最もわが国の国益にかなうのか。
いくら貰ってんだろうネ?
まあ日本は日本で南北ともシメてくだけだろう
国際連盟が過去の条約を覆す判決出したらなにがどうなるか説明しないと判らないバカか…
工作員出没
もはや彼の国に大人の対応は無意。と言うより逆効果。甘やかすと余計ひどい結果になる。経済制裁しかないでしょう。兵糧攻めをして立場を分からせる方がいい。
徴用工ではないからヨ☀️(=^ェ^=)。
募集工が殆どの、慰安婦と同じで、日本で労働しても、日本の基準に合わない方だからデショ☀️。
物事には、基準があるノ☀️。
主張がまんま韓国。
韓国側の言い分が正しいと思うなら堂々とICJ提訴に応じればいいだけ。
ICJ避けて「基金」とか言ってるのは敗訴の可能性が大きい事と新たなタカリ案件にしたいからでしょ。
この教授のふざけた理論からすると、欧米各国に植民地にされてきたアジア・アフリカ等の国々にも請求権が発生することになるんだが、判って発信しているのだろうか?
なるほど、分かりやすいです。 /
第一に、請求権協定に至るまでの交渉において、日本政府は植民地支配に伴う不法行為の存在を認めておらず、故にこの不法行為により生じる慰謝料請求権は、請求権協定の枠外にある。第二に、日本の植民地支配は物理的な力によって強制された違法なものであり、それ故、その支配
冷静な論考。特にこれな>"文在寅政権の影を見るのはナンセンス"/個人的には、徴用工問題は実習生問題やブラック企業問題と併せてもっと世界的に注目さるべきだと思うよ。そうでもないと中世ジャップランドのままだ / "「元徴用工判決」へ…"
木村幹先生って、この件では判決が出た直後から「破壊的判決」ってずっと同じことを言ってると思うんだけど、あまり浸透してないっぽいね→
請求権はあるだろうが、日本に対する請求権は韓国政府との合意により消滅している…と、多くの人が何度も言ってるのにどうして無視するんだ?
「つまり、この論理に従えば、日本による植民地統治下にあったほとんどすべての人々に慰謝料請求権が生じることになる。」際限なくない?
report, comment, analize
今の日本のマスコミには、最後のanalize がない。いい記事に行き当たった。
問題の根底にあるのは韓国政府によるエセ歴史教育にある。国民共通の敵を日本にして国家をまとめた李承晩とそれに荷担した日本の左巻きの罪は決して軽くない。
いやいや、そもそもこの記事の「日本の植民地支配は物理的な力によって強制された違法なもの」この一文は誤りだぞ!(-。-)y-゜゜゜
要するに「ヤクザが新しい強請りのネタをでっち上げた」という事。
こういうフレームであることをきっちり主張すればいい。

なるほど韓国併合条約違法論か…これなら日本が植民地において行ったことは一挙一動全てが違法で全てか賠償請求案件だわな。
この記事を理解し正しく対応できる人はどれくらいいるのだろう。特に政治家の人々。サイバー犯罪対策のトップにPCを使ったことがない人を指名する国である。法律はどうか。
今回の大法院判決は、日本企業の「不法行為」を認定する根拠を、その行為の内容ではなく、日本による植民地統治が違法であることに置く。この論理に従えば、日本による植民地統治下にあったほとんど全ての人々に慰謝料請求権が生じる。木村幹さんのコラム。
朝鮮人による無理筋の言いがかりにはうんざりだ。しかし、この記事にはうならされる。負けるな! ニッポン!
「元徴用工判決」への誤解
263
冷静な分析かな? 国際政治はそんなに単純な勝ち負けの問題ではないということか。
ICJ提訴は必ずしも有利にならない木村 幹
有利不利は関係ない
ICJのテーブルに乗せることに意味がある

白黒はっきりしないから両国民に混乱が起きている

殴り合いの後はマブダチななればいい
木村教授がバッサリ。「個人の請求権が~」言っているのは朝日新聞であってしかも英語でその誤報を発信してるのどうにかならんのですかね。
日本の政治家も報道も極浅ということで。国内を煽ってやってる感出してるだけ。

Newsweekjapan: ICJ提訴は必ずしも有利にならない.
木村だとぉ ⁉︎
なんだ
チョウセンジン か?

何かと思って読んでたら…
結局 日本が負けるかも知れ無いぞー っ!
負けるかも知れ無いから…
ICJに提訴するなよー!て事?
韓国はお金欲しくてたまらない。それもタダで。ーーーー
訳:書いてなければ嘘でも詐欺でも訴えられるww
ウェーイww
真面目なジョークってわかり辛いね
「請求先は韓国政府」をなぜ語らないんでしょうねえ。
いつもながら切れ味鋭い木村先生の記事。数ある徴用工判決の記事の中でも木村幹先生の記事が最もよく整理されていると思う。
ところで大法院の判決文は「不法」と「違法」を使い分けているのだろうか? 「不法」=自然法的/「違法」=実定法的と理解しとけばいいのかな?
もちろん、人権問題にすり替えられないように徹底して準備して、韓国の非常識(卑劣さ)を国際社会に理解してもらう必要はあると思う。この際、(続く)
韓国政府も、この複雑な判決を前に苦労しているようですね。対応は越年になるとか。  オフィシャルサイトト
問題は、そこではない。
政権が代わる度に約束事を破ってきた韓国に対する日本人の怒りを伝える事が大事。
事態の冷静な解説はよくわかる記事だが、で、解決策の提案はないの?と感じた。
➡︎後付けの屁理屈をこねれば、国際間の約束事は成立しない!韓国を擁護する論調は、日本から発信してはならない!マスコミが、外国の味方につくよな事もあってはならない!
とりあえずメモ
だからこそ、をして、明確な結論を今回得るべきだと思います。
その為には、法律家、弁護士(国内法、国際法)、歴史家などのプロフェッショナルからなるプロジェクトチームを立ち上げて、多角的に、抜けの無いロジックを構築して、戦いに望むべき。
早く決着つけた方が良い。
以上

記事本文: 「元徴用工判決」への誤解を正す ICJ提訴は必ずしも有利にならない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事