TOP > 国際 > 死んだクジラの胃から大量プラスチックごみ 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

死んだクジラの胃から大量プラスチックごみ 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

17コメント 登録日時:2018-11-22 14:21 | ニューズウィークキャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(17)

もうプラは要らない。プラは使わなくていい。日本も海に囲まれた国だから他人事ではない。

オフィシャルサイトト
クジラの摂取する量は極端だけど、人間も実は知らないうちに80個くらいのマイクロプラスチックを食べてしまっているらしい。もちろん目視できないし食べてもほとんど害の無いレベルのものだけど。最近の環境映像で知った事実。
意図してるかどうかは別として,台風や豪雨が多いから日本からもいっぱい流れ出てそう. " 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入|ニューズウィーク日本版”
私達は劣化するわけにいけない、チセツなままでは将来性が無くなってしまう 感謝され雄大存在になろ
インドネシアはいいところなのでうまくいってほしい。採算はともかく、プラごみでバス乗れるの楽しそう。
人間よりも先に海洋生物の生態系への影響が大きそうだな。
ムム厶。何が出来るかな?
アンチ・プラスチックは現代の民がプロパガンダと迷信と洗脳にヤられた衆愚であることを示している。

 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入(ニューズウィーク日本版)
目の前で人が死んでも平気という中国人がクジラが死んだくらいで海洋投棄を止めるわけない!
➡数百万年後より、目の前の現実。数百万年後には人類は一部の監理官以外は地球にいないかもね。
漂流物でアート作品を作ってお金にしたい。
それを資金源に漂着物の回収と処理をしたいな…
今は夢だけど。
世界みんなできれいな地球にしていこうよ!!

 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入(ニューズウィーク日本版)
マッコウクジラの遺体から、プラスチックカップ115個を含む5.9キロのプラスチック。:
まず海にごみ捨ててるランキング上位の国に捨てさせないようにしろよ。捨ててない国ばっかり削減しようとしてるけど、無意味だからな
日本でもやってほしい→”乗客はペットボトル5個かブラスチックカップ10個を持参してバスに乗ると2時間乗車できる無料券と交換することができる”

 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入|ニューズウィーク日本版
以上

記事本文: 死んだクジラの胃から大量プラスチックごみ 深刻なごみ対策にインドネシア、バスのフリーライド導入 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

いま話題の記事