TOP > 国際 > 中国サイバー攻撃がCIAスパイネットワークを出し抜いた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

中国サイバー攻撃がCIAスパイネットワークを出し抜いた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(14)

中国で処刑されたCIA協力者は30人
それは輝かしいCIA(米中央情報局)の歴史に汚点を残す大失態だった。慎重に築き上げたはずの中国国内の秘密通信網が破られ、2010年後半からの約2年間で、アメリカへの情報提供者数十人が処刑されたのだ。
米中対立。これはなかなか凄い話。
協力者、あいつもこいつも協力者つって内ゲバ地獄に嵌めるとかしたら?こうなったら。
中国国内の米CIAの秘密通信網が破られ、2010年後半からの約2年間で、情報提供者30人前後が処刑された。NWから。  CIAは工作員が新しい情報提供者と連絡する場合には、「使い捨て」の暫定的な通信システムを使うが、暫定システムに欠陥があり、正規システムとつながっていた。
慎重に築き上げたはずの中国国内の秘密通信網が破られ、2010年後半からの約2年間で、アメリカへの情報提供者数十人が処刑されたのだ。
身近な喩えだと、ビジターパスを弄っただけでセキュリティーエリアもいけたと言う感じか?
企業でもクビが乱れ飛ぶレベルだが、国家諜報局がしでかすとかもうね……
>アメリカも中国もこんな世界で生きているからねえ。。。
この件の日本語記事ありがたい。
それは輝かしいCIA(米中央情報局)の歴史に汚点を残す大失態だった。慎重に築き上げたはずの中国国内の秘密通信網が破られ、2010年後半からの約2年間で、アメリカへの情報提供者数十人が処刑されたのだ。
エニグマだって解読されちゃうんだから過信は禁物よな。
中国でのインターネットの中継地は公表されていない、一つはBvという中継地からサイバー攻撃を仕掛けている様だ。
中国で処刑されたCIA協力者は30人

中国でCIAに協力していた情報提供者が次々と拘束され、処刑された。
実際には30人前後が拘束され、全員が処刑されたと。
ニュースウィークより抜粋

日本も相互主義に基づいて毅然と対処しなければいけない。
スパイの無縁仏共同墓地は必須。
表沙汰にはならないがわが国も当然やられていると思う。否、やられている事すら分からないかもしれない。
中国には金盾(グレート・ファイアウォール)と呼ばれる厳しい検閲システムがあり、異様な交信パターンは即座に検知される。8年前でも通信の匿名性を保つことは非常に困難だった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR