TOP > 国際 > 「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

24コメント 登録日時:2018-08-24 16:17 | ニューズウィークキャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(24)

実は「怠け者は生き残りやすい。」というのはよく考えたら当たり前なんですよね。歩くのがメンドクサイから車や鉄道を作ったり、考えるのがメンドクサイからコンピューターを作ったり、少しでも楽をしたいから様々な創意工夫をして科学技術を発展させ制度を改革してきた。
絶滅逃れる自信あり^_^

/「貝類などの現存種と絶滅した種の化石から、代謝率と絶滅の関係を調査したところ、代謝率が高い種ほど絶滅する確率も高くなることがわかった」
「ムツゴロウの博物誌」ナマコ人間とかゼロの怪物ヌルとか。代謝の低い古き物が海底(おぞこ)よりポストヒューマンとして現れるホラーとして印象深い。。
既報の翻訳紹介が出ました
つまり「働かない方が長生き」は真実だった…?
当たり前の話だけどデータで裏付けたのがすごいってこと?
あとタイトルの怠け者の種ってなんやねん…
生物種カテゴリーの代謝の累積量は新種の誕生と絶滅を繰り返しつつも安定しているとのこと。なんとなく正しそうなだけにちゃんと検証しないと危険な感じがしますね。 / (Newsweek日本版)
基礎代謝が高くても早死にするのでしょうか? そうと決まっていれば余命を知りたいところです(・ω・)ノ
怠けるいい訳ができる記事発見。
人間のことではないんだよね。(^-^ゞ→
「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査| 貝類などの代謝率と絶滅の関係を調査したところ、代謝率が低い「怠け者の種」ほど、生き残る確率も高くなるということがわかった
興味深いね。>「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査|
<米カンザス大学などが、貝類などの代謝率と絶滅の関係を調査したところ、代謝率が低い「怠け者の種」ほど、生き残る確率も高くなるということがわかった...>
物くさ太郎は長生きかね
エネルギーロスが少ないから⁉️
「生理学的リラクセーション」で「ストレスを取り除くこと」は、「代謝を下げること」です。
この記事は人間の生存状況と関連がありそうですね。
「怠け者の悟り方ですよ❗」
代謝率が低い種の方が生き残りやすいというのは興味深い
ウミウシに学べw😈
絶滅した種の代謝率は、現存種よりも高くなる傾向が見られた。代謝率が低いほど、生き残る確率も高くなるという。

数百万年の間に、無数の種が絶滅したにもかかわらず、コミュニティー全体のエネルギー摂取量は変わっていない。

──代謝率と絶滅の関係調査
絶滅絶滅って昔から言っていますが、最近新種になった方々っていないの?
勉強不足で言ってますが、そもそも全てが存在していてそれが減少してるだけでなく、発生はしていないのに?
ゆっくり生きていく理由が、ココにある・・・( ˇωˇ )
こーゆー記事を読んでしまう怠け者っぷり
「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査| 絶滅した種の代謝率は、現存種よりも高くなる傾向が見られた。代謝率が低いほど、生き残る確率も高くなるという。
以上

記事本文: 「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事