TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 昆虫食はすでに日...

昆虫食はすでに日常 カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

25コメント 登録日時:2018-03-13 19:06 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(25)

安くてうまいなら食べないでもないが /
昆虫関連で昆虫食の話題。北米では昆虫食はもはや日常なのでしょうか。
家畜と比べると発生する温室効果ガスや必要な土地が少ないとあるけど、どういった比較なのだろうか?頭数毎?生産量当たりの数値?
ちょっと興味ある。「土のような」ってw
たしかに、よく考えればエビみたいなものかも。トライしてみたい。|
昆虫はすでに日常食🐜
@kurodou 虫は全部嫌なんだよ(´・ω・`) こんな感じの世界的流れが恐ろしい、虫だけに限らないんだけど虫の食べてる物や虫のうんこを食べたくないんだ、肉や魚みたく内臓を処理してくれるなら食べる(;´・ω・)
やはり香ばしいのか…。で、虫もちゃんと安楽死させてから加工しておるのでしょうな?そこをぞんざいにすると将来面倒なことになるぞ、多分。
サウスパークでカナダ人を罵る語彙がまた増えたな
オフィシャルサイト
──すでにコオロギは日常的食材として浸透している
朝に紹介しようと思ってだが、朝からと思って外したのだか、昼飯終わったやろうし、もうええかなと。
いつも思うんだけど、エビってカブト虫の親戚だよね。
誰とは言わないけど好きそうな記事紹介するね(定期)
変なもん見つけた、、、
いいね🦗😊 カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始(ニューズウィーク日本版)
食料過多の時代にあえて食べる意味あるのかな?
GDP比でEU並みにならなきゃどっちにしろパッシング
君は躊躇なく喰えるか?>
まじか、、、欧米でこんな受け入れられているとは…
西澤もカナダに引っ越そ。
おお、日本でも是非 /
食肉用家畜に比べ、その飼育には必要とされる水、餌、土地が少なく、また温室効果ガスの放出が少ない。
未来きてんなー ::
オフィシャルサイトト
負けていいのか、日本!?
以上

記事本文: 昆虫食はすでに日常 カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事