TOP > 国際 > 百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか?~ヘイトを生む「保守」の構造~ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか?~ヘイトを生む「保守」の構造~ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

34コメント 登録日時:2016-12-02 16:05 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(34)

ところで例の話しで引き合いに出された百田さんですがヘイトスピーチやったの?って思ってたらこういう記事が出てきてですね?:
あらら、在日コリアンに仕立て上げちゃったよ

百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか? (ニューズウィーク日本版)
こうなっちゃうか!
犯罪者=在日との想像を生むのは、メディアが在日犯罪を報道したがらないためだろう。常に真実を公平に公表・報道していれば、あらぬ誤解は起きないと思う。/
「保守」じゃなくて、民族主義・排外主義だよね。保守にくくってほしくない。 >
ネット右翼が「ある種の高級サロンの中」との認識だって。
古谷経衡ってバカじゃないの?
百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか?~ヘイトを生む「保守」の構造


この若い“文筆家”のエントリーは差別への警鐘か?自分にはそう見えない。彼の属するグループ共通の認識にならって個人攻撃しているに過ぎないのではないか。
善人、善に関する問題提起として
千葉大集団強姦の犯人は日本の法曹界に顔の利く日本人の息子だった。
あららら…だろうな。
「左派の論客は大衆の気持ちを理解できていない」説がよく流れてくるけど、保守論客はほぼ全体が昔から閉じている説が :
そもそも立論がおかしい。「百田尚樹のヘイトスピーチはなぜ『ヘイトスピーチ』とされないのか?」であるべき。なに「思い付き」で済まそうとしてんだこいつ。
ヘイト、差別、で日本人の口を塞いで、可哀想な在日外国人を演出するのはもう止めたらどうですか?居心地悪い日本から本国に帰って幸せに暮らして下さい。
相変わらず頓珍漢な分析で草。この人どこの層の需要があるのかいつも不思議に思う。 :
日本人なら犯罪など犯さないはずだ」という、「美徳信仰」ともいうべき、まったく科学(統計)的根拠のない「似非神話」に基づいている。
通名なんて制度があるからだろ!マスコミも通名で報道するのも問題だろ!
犯人が在日外国人では無い事を事実確認をしていない状況で一個人のTwitterの発言をマスメディアと言う”権力”が断定的にヘイトスピーチだと決めつけて発信する事の恐怖についてはこの古谷経衡と言う馬鹿では思い付かないのだろうなぁ。
古谷経衡(文筆家)
今更この記事がTLに流れてきたから書くけど、みんな百田尚樹のツイートの意図が読めなさすぎ&釣られ過ぎ。この炎上はむしろ大成功
左も右もこの構造にはめたがるけど、だからいつまでも分からない。

-
安定のウイーク的な文。憶測で誘導する目的のダラダラした長い文でした。駄文>
古谷氏による論考の鋭さ、。百田氏的思考の一端が垣間見えました。
こいつ頭わりぃ~な!妄想馬鹿。
百田尚樹氏の発言は本当に"ヘイトスピーチ"なのか?~ヘイトを生む「保守」の構造~| 百田氏は在日「外国人」って言ってるのに古谷氏が在日「コリアン」とすり替えて話が進んでる。古谷氏のが問題あるんじゃねーの?
受け手の問題。真贋の区別が肝要。
古谷氏、論理の飛躍が酷い。日本人は犯罪を犯さないって、誰か言ったかね?
【読】ふうむ。想像力の欠如、なんだろうなあ。いろんなことが。
耳が痛い指摘も含め非常に納得できる論考。>
まだわざとらしく勘違いして見せてる。ポリコレが問題の一つなのにそこは無視して、、それにコリアンを想起するのは当然かのような言い逃れも無理。中国人や移民申請して犯罪起こすニュースも多い。コリアンだけが過剰反応するのはマスコミの罪と思う
世界が全体的にガラが悪くなってきてる感じ。俺の業界でもゴロツキみたいなのが増えた。>「少し前なら社会的生命を失いかねない言葉が、平然と大手を振って歩いている」
「民族同士の自浄作用を働かせなかったため」やろ?海外に行った日本の先人達が「現地から反感を買うようなこと」を続けたか? / (Newsweek)
Alt-rightとすごく似てる部分多い / (ニューズウィーク日本版)
「犯罪者=在日コリアン」説が保守論壇に広がった理由(古谷経衡)
以上

記事本文: 百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか?~ヘイトを生む「保守」の構造~ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事