TOP > 国際 > 貧困層の健康問題から目をそむける日本 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

貧困層の健康問題から目をそむける日本 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(22)

「所得の低い世帯では、所得の高い世帯と比較して、穀類の摂取量が多く野菜類や肉類の摂取量が少ない。習慣的に喫煙している者の割合が高い。健診の未受信者の割合が高い。歯の本数が20歯未満の者の割合が高い」
「貧困と健康問題の間に明らかな関連性が認められているのに、「自己責任」の風潮が強い日本では公的対策が必要だという認識が低い」。
「日本では、こうした問題の原因を当人の責任とする意識が強く、家庭環境のような外的条件に目を向けるのはタブー視されるきらいがある」。
なんでも自己責任日本っていうのは数字にも出とるんやな
貧しいと太るのか。そう言えばオレの周りは太ってる人ばっかりだな。オレはそうでもないけど
こないだの小泉くんのゴールド何ちゃらもこの発想の延長みたいなもんだろうね
貧困層の健康問題から目をそむける日本……貧困と健康問題の間に明らかな関連性が認められているのに、「自己責任」の風潮が強い日本では公的対策が必要だという認識が低い(舞田敏彦)
このニューズウィークの記事から、いったいどういう論理を進めれば「営利を目的にしない医療で、なぜ億万長者が出現するかも再考すべき」という結論になるのだろう?
日本は健康問題を社会的な視野で考えようという意識が最も希薄な社会だ。|
「健康問題を社会的な視野で考えようという意識が最も希薄な社会」 / “ オフィシャルサイト”
うーむ、所得の違いによる健康格差がデータで裏付けられているということか。学力格差については指摘されることが多いけど、確かに健康状態についてはあまり聞かない話だ。
今の世の中健康を手に入れるにはやはり、お金が必要。
大切なのは本当に大切な事を大切にする事。
いつまで言い訳をしますか?
健康・経済・精神の、本当の健康を手に入れるヒントが欲しい方はDMを。

|
食生活もパッシブからアクティブへ、あえてこだわるくらいの意識があれば心身ともに健康。幸福度もこの辺りに関係してるかも。
これで先進国気取ってんだから臍で茶が沸く
無政府状態みたいではないか。
生活保護さえキチンとすれば貧困の問題は無い(有れば法改正)医療費も免除されている
1不正受給を摘発する(ヤータレの偽装離婚女房)
2救急車をタクシー代わりに使う連中から金を取る
いずれも役人は現場仕事から逃げている;

貧困層の
「問題の原因を、当人の健康管理の欠如や怠惰などに帰しているのだろう」「健康問題を社会的な視野で考えようという意識が最も希薄な社会」
--
貧困層の健康問題から目をそむける日本…… 貧困と健康問題の関連性が認められているのに「自己責任」の風潮が強い日本では公的対策が必要だという認識が低い(舞田敏彦)
ゴールド免許とか言い出す政治家もいるし。
➡︎
ついに最高裁大法廷で決着か。 / “ オフィシャルサイト”
低所得層は生活が苦しいために、自身の健康に気を配る余裕がなく、健康に悪影響は。そうした偏りが低所得層に集中し、社会的な啓発や支援も必要。舞田敏彦さんのコラム。  日本は、健康問題を社会的な視野で考えようという意識が希薄な社会。
医療費はもちろん健康の価値を見直し、社会としてお金の使い方を考え直す必要がありますね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR