TOP > 国際 > アメリカの「ネトウヨ」と「新反動主義」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

アメリカの「ネトウヨ」と「新反動主義」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(49)

居るとすればこういう人達くらい。
@Nakam72254165 @ikaryakuchan 横から失礼します。
昔、共産主義者は反動とか修正主義者とか考えの違う人間にレッテルを貼って弾圧していたみたいですね。まるで自分たちは絶対に正しいと言わんばかりに。
昨今だとネトウヨとかゴキブリとか、ファシズムとかレイシストとかでしょうか。
>新反動主義が否定するのはフランス革命以来培われてきたリベラルな民主主義そのものである。
今更だけどふーんこんなのがいるんだ。
現代思想をシリアスには追わなくなったツケというか、ようやく気付いた情けなさ。2年前のニューズウィークですでに一定のパースペクティブが見出されてた。
新反動主義について学びました。
少なくとも杉田水脈はこの文脈で考える限り単なるバカではない / オフィシャルサイト”
そもそもカリフォルニアン・イデオロギーが実際は知能差別だって事なんだよな,ウヨクとウヨクが殴り合ってるだけ
エリジウムだかスノーピアサーみたいな社会にしたいわけか
“Alt-rightの能力・知能差別は、技術者等にはそれなりになじみが良く、根強い支持がある。IQによる選別という形ならシンガポールなどですでに取り込まれているし、おそらく中国のような社会でも親和的” / “アメリカの「ネトウヨ…”
世界中の愚民・大衆に属する群内では、"netouyo"なる分類に属する👥が嘘か実か知る由もないが、どうやら増殖しているらしい。通称”netouyo”は、Aの専売特許と思っていたが、そうでもないらしい。Newsweekより。
資料】
(八田真行)| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
シリコンバレー発の右翼も現れてイデオロギーとライフスタイルの状況はぐちゃぐちゃになってきた感(クリエイティブ・クラス論にとって困った状況?)→
ぜひこれ読んで。少し前から言われてるneo-reactionism(新反動主義)についての非常にクリアーで面白い論考。シリコンバレーのエリートを含む、民主主義に絶望した自由主義者が、もう一つのトランプ支持層となっている背景。
TPPに賛成するような(ネオリベ傾向のある)比較的、社会的地位の高いネトウヨと考えればいいのかな?:
新反動主義とニュートン教原理主義との親和性が高いということかね。
ルシファーとかアームストロングの目指す世界を、
全く無縁そうな知的階級の人達が目指しているのが面白い。
このところ日本にもたくさんいらっしゃる…。> 「どこへ戻りたいかというと、これが封建主義なのですね。…ようは弱肉強食の強者による支配(これを自然秩序と称する)である。」
「オルタナ右翼」というよりも「新反動主義」という語のほうが内実ピンとくる感。
『民主主義に絶望した自由主義者が新反動主義者になる』
>  @KanabunGilles
オルタナ右翼や新反動主義というワードが急速にバズってきたなあ。ネトウヨ的保守化に関しては日本はずいぶん先を行ってたんだな。
「新反動主義」→リベラル民主主義の否定。弱肉強食の「自然秩序」=封建主義への回帰願望>“反権威主義、能力主義、自由至上主義と、昔からあるテクノユートピア的な発想、ハッカー思想を生んだカリフォルニアン・イデオロギーとそんなに遠くない”
そういえばシリコンバレー方面では「新反動主義」なるものが出ている、という米国事情話もありましたけれど、こんな設計主義めいたものが反動なのか、という気持ちはあります。
LessWrong って HPMOR 経由でしか知らないんだけど、あれって alt-right の巣窟なの.
アメリカのオルタナティブ右翼についての、八田さんの記事
ニック・ランドがもともとバタイユの研究者だった(p.2)というので驚く。|
ミルトン・フリードマンの孫がGoogleのエンジニアだったとは… →
自由主義や能力主義が行き過ぎると、レイシズムになるという話
おもしろいですね。いろんな人がいろんな主義を唱えていて。右や左の中に様々な考え方があるのですね。→
八田真行  民主主義に絶望した自由主義者が新反動主義者に|ニューズウィーク日本版
八田さんの文章だし、読んでて興味深かった。そういう思考を持つひとは確かにいる。大小の差どころではなく、確固として持っているひとが世の中にいる。
「ネトウヨ」との関連性はイマイチよくわからない / なんとなく興味深い。能力至上主義・技術至上主義的な思想はなんか共感する部分がある。新反動主義に賛同するかどうかは別の話として / | …”
メモ(オルタナ右翼もんだい)/
日本では大多数に受け入れられる思想。
私もいい傾向だと思う。
これは決して「愚か者による陳腐なテクノユートピア幻想」ではなく、技術と社会の進化によって群体化しつつある人類が必然的に直面し乗り越えなくてはならない課題なのではないか。 / | ワールド…”
米の新反動主義が否定するのは、フランス革命以来培われてきたリベラルな民主主義そのもの。封建主義(弱肉強食の強者による支配)への復帰が願望。八田真行さんのコラム。  新反動主義者の少なからぬ人数が元リバタリアンで、能力・知能差別に力点。
mhatta師のニューズウィーク日本語版寄稿記事。新反動主義には到底賛成できないけど、この「わかった気にさせる」文章は心地よい。
最後に出てくるのがESRでなあ。まあなんたらマニフェストとかやらかした過去もあるし、あの界隈にAlt-rightが流行るのも分かる気はするが / | ニューズ…”
:シリコンバレーの起業家、ベンチャーキャピタリストにも信奉者がいる。その思想とは..(by 八田真行)
「新反動主義が否定するのはフランス革命以来培われてきたリベラルな民主主義そのものである。/ではどこへ戻りたいかというと、これが封建主義なのですね」:アメリカの「ネトウヨ」と「新反動主義」(八田真行さん、ニューズウィーク)
日本もアメリカも極端に振り切った人だらけになってきてますな。/
清々しいまでに堂々と「ネトウヨ」が市民権を得てるが新反動主義が封建主義回帰を意味するなら、それはネトウヨとは違うな。
私は無学で論外だけど、でも無学が半端に書を読み禅で言う魔境に堕ちるのも避けたく、読まずに思考だけ繰り返すと、ふと気が付くことがある。差別に色々あれど無能差別もあると気づいたら、記事に出会った
これは面白い論考。でも、イギリスのワーウィック大学とか書いてある。クイーンズイングリッシュではあれはウォーリックになるはずなのだが。
好まない思想だが、知っておかないとな。物事の1側面しか見えてないようで、体系的教育が必要な気がする。
面白い話ではないが面白い。/
町山より大分いい線いってるけど反動主義が出てくるあたりで?が浮かぶ
昨日、デイキャッチで北丸さんが言ってた「アメリカ版ネトウヨ=オルトライト」だ!
➡︎
こういう人達は、Murphy=Nagelが"Everyday libertarian"と呼ぶお花畑野郎に過ぎないんじゃ?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR