TOP > 国際 > ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(169)

ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか| (Φ◇Φ)これはある。言語圏の異なるインド人同士とか、シンガポールの異人種同士とかの英語は100%お互いにわかるけど、白人が混ざると、年寄りの達筆的なもんだねあれは、一々「え?」ってなる。
@ike_cmbo もはや現実になっているらしい。
少し古いけど面白い記事。
ネイティブの英語が世界で一番通じない
これは良記事!事実に基づいており,主張に新規性があり,論理的一貫性があり,示唆に富み,アオリなどのない淡々とした謙虚な語り口で,読みやすく,リズムの良い文章。
こういう文章が世間に溢れたらいいのに。
この視点はおもしろい。
英語ネイティブはこう言いません、みたいな態度が以下現象を生む。酷いのになると「その英語、ネイティブはカチンときます」という本まである。
ballpark figure
おおよその数字

アメリカの職場では一日一度は出てくる言葉。
しかし、ネイティブ間しか通じない。
おもしろい。何となく分かる気がする。非ネイティブの英語の方が分かりやすいもん。/
ちょっと古いけど。確かにそう言うところあるよね。
@Judstyle 英語もそんな感じらしいですな
どうなんだ?環境が良いのか、周りのネイティブがそういうので困ってる印象ない。むしろ、東京の人が全国の方言を理解するがごとく、日本訛りはもちろん、インド訛りもフランス訛りも理解してて、さすが、ってなる。 / “ネイティブの英語はな…”
ちょっと痛快に思わなかったと言えばウソになる
うん。これはわかる。:
これ、日本語にも言えると思う。「国際語」になりたかったら、もっとオープンな言語にならないと >
アメリカ人は英語が通じなかったという経験がないので
、基本的に言い換えしない。聞き返されても同じことを繰り返して言うだけ。それでは「理解してもらおうと思ってない」と思われてしまう。語彙が少なくて言い換えできる能力がないのかも。
あるある〜 >>
「誰が読んでも誤解の余地なく理解できる英語を書け」「ネイティブにしかわからない表現は使うな」と英訳の仕事で某社の担当者から言われたの思い出した→「ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか」
@chietherabbit こないだこの記事を読んで、へえと思ったばかりです。
日本語ネイティブでない人に日本語でわかりやすく話せるか考えた。また幼児も、大人の語彙が難しく指示に従えないこと、ある。話をきいていないと叱られるけど。
面白い 「 オフィシャルサイト」
日本の英語教育に携わる人(特に文部科学省)はこういう状況からヒントを得てほしいと思います。>
評価できる記事だとは思うけど、なぜわざわざ、母国語と訳すんだろう……。
確かにこの視点は無かった…。けど、英語に関わる仕事をしている人たち同士では、この見出しだけで数時間話すことが出来ると思うし、余りにも漏らしてるものが多い気がする。本1冊書けるテーマだ
これはよくわかるなぁ。英米人少ない会議だとは聞きやすいし話しやすい。Al Jazeeraニュースの英語もとてもわかりやすい。
皮肉なことだが、国際ビジネスにいちばん適応できずにいるのは、環境に応じて自分の英語を変えられない英語の「ネイティブ」たちだということが、数々の研究で明らかに…
アメリカ人の英語は、世界で一番通じゃないんじゃなかろうか、という気がしている。「 オフィシャルサイト」
興味深い指摘だ。>
なるほどそういうこともあるかも→
英語圏の国でも Standard English というものを学校の授業で学ばせるべき、それはイギリスでもアメリカでも。さらに、同じ教科書を非英語圏でも使えば完璧。 ---
ネイティブの英語はなぜ世界でいちばん通じないのか|ニューズウィーク "皮肉なことだが、国際ビジネスにいちばん適応できずにいるのは、環境に応じて自分の英語を変えられない英語の「ネイティブ」たち" へええ。むずかしいもんだネ。
<私は、イギリス人の友人と日本人のパートナーの英語のやりとりを、英語から英語へと素早く通訳した>。留学生慣れした大学の先生もこんな感じ。留学生慣れしてない講師は婉曲表現が多すぎて話が聞き取りづらい。 / “ネイティブの英語はなぜ…”
英語でも方言だと世界に通じないのか。
なんだかんだここ50年くらいは母国語が英語なのはかなり有利働いてたけどリアルタイム自動翻訳も手伝って英語ネイティブの優位性はどんどんなくなる
そういえばこの話、ピクシーのインタビューとか聞いて「英語非ネイティブの英語は聞き取りやすいねえ(意味ちゃんとわかってないけど)」つってた、おれらに通じるものがありますね。 / …”
英語のネイティブは国際語としての英語が苦手で、国際的な環境で働き慣れた人たちからも理解してもらえない
「英語を母国語としない人にとって、自分の話す英語がどれだけ奇異で理解不能か、ネイティブは彼らの立場になって自分を知り、配慮する必要がある。」 / |…”
下手な英語には寛容なんだが、自分の英語が通じてるかには疑問を持たないのは良くあったなぁ。もちろん日本語もそうなんやけどな。//
多くの国籍の英語が存在すると、もはや「正しい英語」を身につけることだけを目標にしてはならないですね。
あーこれわかる…。"ballpark figure"なんて慣用句を使われても米国人以外ピンと来ない。
読んだ。
| ニューズウィーク日本版:
これ、確かにその通りなんだけど…、英語を母国語にする人たちにとっての真実であって、米国などの英語圏で働こう、そこで出世をしようとする日本人には関係がない
シンガポールで働く英語ネイティブにとって「みんなに通じる英語」が自分の話す英語とは別の言語であることを受け入れられるかどうかが鍵。>>> | @newsweeek_Japan
英語ネイティブの人たちは相手に合わせた語彙の選択ができない。日本にもそういう人はいるけど。 / オフィシャルサイト”
国際的ビジネスの場で、英語ネイティブがむしろ少数派になってきた、ということの表われなのかな? いすれにしても、国際化に伴う、必然的な痛みのひとつなんだろうね。 / | ワールド…”
この話題、非ネイティブスピーカーの集まる英語チャットで出したんだけど、「ほんそれ!!」みたいな同意をめっちゃされた。「分かりやすく表現を頑張るのが一番ダヨネ〜」とのこと。自分もスノッブ控えよう / “ネイティブの英語はなぜ世界で…”
国々によって、英語が違いすぎるんだよね。/
あいつら訛り過ぎなんですよ
もっと見る (残り約119件)
 

いま話題のニュース

PR