TOP > 国際 > 日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

155コメント 登録日時:2015-08-04 16:41 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(155)

通学する時間や金銭的余裕がないのが問題なのか?
学校教育がそうさせているのか??

このような事情もあるから
私は学校の有り方、
教師の有り方を
ゼロベースで考えている。
ちょい古い記事だけど、知らなかったわ。
"

何でも前倒しで仕込んで後は放置。
「計算高いがひとたび崩れると弱い」
(米軍からの日本軍評)
教育を受ける機会は人生の初期に集中するのが日本の「ライフコース」|ニューズウィーク日本版  サバティカル休暇,広がってほしいね。
生涯学習率の状況。
タイトルは少し煽ってるけど、中身は良記事。=>
二〇教育が終われば、その後のケアなんて碌にない日本で生涯学習なんて
言葉は死語だよね
フォローされている企業内教育の面でも色々と地に落ちている感を実感しているので哀しみ。
この件、恩師が「お前ら、学生時代に勉強したことだけでこの先一生渡っていけるつもりか?」と啖呵切ったのを思い出す。さすがに理系はそうでもないだろうけど、文系の方々は……
・学位に意味がないから
・OJTがある程度機能しているから
ですわな。リカレント教育とやらはもう少し敷居が下がればとおもうけど、ニーズに対しシーズが追い付いていない。内容がチープ過ぎる。
仕事に必要とされる知識がタコツボ化しているため働き初めてから大学で学び直してキャリアアップみたいなことができず渉外教育のインセンティブがない。
まぁ、そうだろうなぁ。と。てか分かってたかな。
これ、「生涯学習」の定義がおかしくない?生涯学習って教育機関での勉強だけじゃなくお稽古ごとやサークル活動を含めたものでしょ?私は大学でそう習ったけど今は違うの?/
日本は教育大国というが,それは子ども期・青年期に限った話。成人期までを射程に入れると,全然そうじゃない。😲
日本の三十歳以上の通学率は、 1.60% 。十代で高い日本の通学率は、《20代後半以降では地を這うような推移になる》。
生涯学習しようにも、そんな時間もお金もなし、というところか。これでは生産性も上がるわけもなし:
大学を卒業して、30年、40年経っても、卒業大学の話題が好きな人がいる。滑稽。卒業後の学びが少ないからかな。
日本の「エリート」って意外に“低学歴”。高級官僚が学士どまりの人が大半って先進国で日本くらいじゃないか。社会的に実務偏重もあるから学び直しのサイクル構築が必要。/
学習機会が制限されるのが、田舎暮らしのリスク
学ぶことの意味を知らない国🇯🇵
日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低😨
「学位や卒業資格取得のため」を対象としてるから日本は少ないけど(就業と直結しないから)、単なる生涯学習(大学の生涯学習講座等の趣味としての勉強)なら相当多いはず。
» もちろん学校に通うのは生涯学習の1つの形式に過ぎない。日本で充実しているのは企業内教育(実務訓練)だろう。雇用の流動性が低く、それぞれの企業が従業員を自家育成するので 日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低
我が国は30歳以上の通学率が1.6%とのことです。この原因のひとつは、日本の会社の雇用システムにあるのではないかと推察します。
前の会社において、仕事をしながら学校で勉強、という考えに対して寛容ではないのを実感させられました。
あと 日本の生涯学習率は世界で最低 とか。会社に入ったら後はその会社ローカルルールを研究して偉くなるだけみたいな。
2015年8月の記事だが、読んで、いろいろと考えておきたいと思います。 /
これを当たり前と思うなかれ。フィンランドでは,30代でも5人に1人が学校に通っている。
メモメモ。「リカレント教育」。→
生涯学習って何?って聞かれます。
悲しいです
残業減らさないと話は始まらない。
22時から学校行けって? 鬱死するよ!
職業訓練高の様な短期・詰め込み方式ではなく、キチンとじっくり学べる成人学校は必要だと思う。やり直しがきかなすぎる。>
子育てどころか趣味にも困る余暇と賃金ではそーなるよー。
いみじくもフィンランドと比較されてるが、こと林業で、再教育や生涯学習してる人なんて、どれくらいいるでしょうかね。 ➡
| ニューズウィーク
タイトルがミスリード、というか考察するには片手落ち。「生涯学習率」ではなく「学位/卒業資格取得のための学習率」。せめて今の学位取得率との関係で語らないと…:
少子高齢化が進む日本でこれから求められる教育モデルは従来の直線型ではなく教育期と仕事期を自由に行き来できるリカレント型。: | ニューズウィーク
進学するため、就職するため。学ぶ目的をそこに置いてると達成した後に学ばなくなっちゃいますよね

30歳以上の通学率が最低だって。まぁ,ワタシは資格が必要なシゴトに転職するために大学生になったけど,余程な目的がないと無理だよなぁ。:
まさに今リカレント教育受けてるところ。
でも仕事辞めて勉強って言うと日本ではいいイメージない。
外国人留学生はイイですねと言ってくれるけど。
「重要な科目ほど経験を積んだ後のほうが学びやすい。しかも、それらの科目の多くは、まさに経験を積んだ者が必要とする知識でもある」(ドラッカー)

学ぶ上で重要なことは「学び方を理解していること」です...
「しかしOJTでは、他の組織でも通用する汎用性のあるスキルを身に付けるのは難しい。」ほんまにな。それでも勤続年数で人の能力を評価する風潮はまだ変わってないと思う。 "
これ日本の人に言っても「何か問題なの??」って反応ばかりで、話がぜんぜん通じない。意味がわからないみたい。 /
>「求められるのは、教育期と仕事期(引退期)の間を自由に行き来できる「リカレント教育」の実現だ」
働きながら学ぶというけど、あれってえらい効率悪いんじゃないだろうか。
言い換えれば、金と所属にうるさいっていうかさ。
会社は自己研鑽だナンダカンダと言っても金も時間も無い。休息とりつつ勉強するのは大変だと思う。iPadだけ渡して家でやれなんて言語道断。気が休まらない。/
国内MBAとか大学院とかいろいろあって、仕事しながら通っている人は結構いる。日本でも変化しつつあるのか?
そりゃ日本に比べれば整備されてはいるだろうけど、最上位国で8%ってまだ全然なんじゃ…
しかも生涯学習=定年後のカルチャーセンターみたいになってますよね。働いている20〜50代は長時間労働で睡眠時間を削らないと勉強する時間が無いというか。
だから日本では労働力不足になっても労働ミスマッチが起こりやすく高スキルの職が埋まらない。また、中途採用に年齢制限をつける差別も常識なので成人の学習意欲も増えない。⇒
「社会に出てからも学び直しができるようにすれば、10代の熾烈な受験競争は緩和されるかもしれない。貧困などの理由で進学できなかった人も、成人してからその機会が得られる…」
だったらいいけど。。
「社会人になってから勉強をするのにはそれなりの金と時間が必要」ってよく上司が言ってるなあ…→
中島聡さんのメルマガから。ありゃりゃ。
う〜ん、自分も最近学んでないな〜、、いかんいかん。(・・;)
こちらをご覧下さい。
これが日本の現状。
これが日本の実態。
|
生涯学習をするための時間も、お金もなかったりするのが現状。
そして有志が立ち上がり生涯学習の場を築いても、マネタイズできないので継続できない。
課題はそんなところだろうなあ。
これは『現在、何らかの学位や卒業資格の取得のために学習しているか』という質問が悪いんじゃないかな~。この質問にNOと答えることと、学習してないことはイコールではない。
プロパー偏愛社会の弊害だろうねぇ /
若者を「ゆとり」などと揶揄している場合ではない。 /
情報が偏ってる。例えばフィンランドの失業率は日本の倍以上。:
生涯学習は図書館や福祉の領域だけど予算の付き方見るだけでもその先は言わなくてもわかりますよね?
Jワークは一度就いたら学習するなんて機会はほぼ失われるようなものだからな
メモ) お金も掛かるしね。新卒採用が日本の最難関な問題!国内の大学院出てもメリット少ないこと。「売り手市場」とか煽ること。👈
あかんね。もともとは、どこよりも勤勉な国だったはず
大学で得た知識が直接、実践で活かせない日本なら尚更
終身雇用とかと一体の話だろうな。崩れれば変わるのでは:
日本は「教育大国」と言われているが、それは人生の初期に限った話で、生涯のスパンでみるとそうではない。
まぁ優秀な人は比較的自由に勉強させてくれる外資に流れるでしょうな。 →
日本は前半飛ばしすぎカナ /
知識社会でこれはね。ネタを仕入れない寿司職人だよ。だから日本がどんどん貧しくなる。。>
「教育期と仕事期(引退期)の間を自由に行き来できる「リカレント教育」の実現だ。」
この寄稿の図1は、横軸が強調されているので、日本が極端に低いという印象を与えるが。。
生涯学習とまでいかなくても、日本の普通の大人の勉強しなさはあれ:
工業国=先進国ではないよ。もう日本を先進国と言うのをやめようよ。
気になる記事。日本では「学ぶ者」は社会的に未熟なイメージが強いですね。/
〈日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低〉
「直線の「ライフコース」が一般的で、教育を受ける機会が人生の初期に集中している。」
今回旅したボストンでは社会人向けの大学(院)コースの広告をたくさん目にしたなぁ。>イギリスをはじめ、上位国では教育有給休暇や学費の無償化など、成人が「学び直し」できる制度が整っている。 /
「日本の成人の「生涯教育」率は先進国で最低」。「教育を受ける機会は人生の初期に集中するのが日本の「ライフコース」」
海外はどういう教育意識なんだろう。
日本だと奴隷の延長みたいな扱いだったから、学校生活はただ辛かったという記憶しかなくて、学習には未だにトラウマ抱えてるや。
教育を受ける機会は人生の初期に集中するのが日本の「ライフコース」
学校に通ってるか、というのはやや限定的な見方だけど、社会人にとっての学習の機会は大切だと思う。
先進国における生涯学習率は日本が最下位。
企業に就職するまでが学習期間である日本に対し他国では社会人の再就学率が高い。
他方でバカンスに使う時間も他国に比べ日本は少ない。
先進諸国が個人の生活の上に社会が成り立っている証しだろう。
学芸員課程、教職課程、司書課程の人注目
学校が嫌だ。勉強が嫌だ。という思い出が多い(自分だ)と、成人してから學びたい。と思う人は少ないかもね。/
本を読むことだけが勉強じゃないとは心得ているつもりだが、図書館の自習室にいくと受験生ばっかりなんだよね。大人がほとんどいなくて、大丈夫かこの国? って思う時はある。 / |…”
ほんと雇用の流動性が低いもんなあ。少なくとも同じ業界内では官民学はもっと流動すべきだと思うお。
う~ん、ちょっと浅いな~。>『日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低|ニューズウィーク日本版』
確かにそうかも知れない。仕事のやり方を学ぶのは勉強ではないからね。
これから変わるのかな。 /
普通にやばいと思う! 本を読むことが全てだとは思わないけど、生涯学習が浸透してないのはやばい!
教養までもを、政治が選んだ階層で専有したい方々からすれば、現実を見ない暴論っていうことになるのでしょうかね。
"雇用の流動性が低く、それぞれの企業が従業員を自家育成するので、外部の教育機関へのニーズは低い。成人の通学率が低いのは、こうした事情にもよる。"
若い時の学習経験や成長経験に「楽しい!」とか「嬉しい!」とか「((o(´∀`)o))ワクワクする!」的なポジティブなイメージが無いというのも遠因にありそう |
「日本で充実しているのは企業内教育(実務訓練)だろう。雇用の流動性が低く、それぞれの企業が従業員を自家育成するので、外部の教育機関へのニーズは低い。成人の通学率が低いのは、こうした事情にもよる…」/日本の成人の生涯学習率は先進国で最低
受けても金にならんのが一番の原因だろw? "@Newsweek_JAPAN: 【ニュースデータ】日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低――教育を受ける機会は人生の初期に集中するのが日本の「ライフコース」| "
そうなの?
【ニュースデータ】日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低――教育を受ける機会は人生の初期に集中するのが日本の「ライフコース」|
だから・・通学率=生涯学習って決め打ちも如何なものか・・・(´・ω・`) 独学ってのもあるんじゃないの?
果たしていいのかわるいのか…/
人生すべてが勉強なんですが止まってる人多いですからね。 /
日本では「ノウハウ」を学ぶ方が「スキル」を学ぶ方より儲かると思われているからかな、とちょっと思ってしまった /
ojtでもひーひー言ってるんだが
俺はダメ人間なのかな?
生物系、IT系、英語、医学、計算機工学、電磁気、光学とか
勉強がいっぱいなんだけど
そりゃ、そうだろうな。いろんな意味で袋小路にハマりつつあるのを肌で感じてる…。 /
元々の文化背景に処女信仰とか穢れ思想があるんじゃない?転職回数が多いからダメとか理由分かんないもん
なるほど。生涯学習。
終身雇用が崩れているのだから、この図も崩れていいはず /
生涯学習でも、「国語」とかやってもいいかも。ラーニングスキルが学校でみについていないのではないか。学校風の生涯学習スタイルから始めラーニングスキルを身につけていけば。
本日のリカレント教育記事です /
ワークワークバランスな日本で生涯学習のために通学する時間も気力も起こること自体ありえん。やってる人は睡眠を削ってる
義務教育にしても企業のOJTにしても、生涯役に立つスキルを学ぶ機会が少ないから尚更どこかで学ぼうという発想になりにくいのかも。
これだけ読んでいると、一生社会に「役立て」としかいってないんじゃないの。「生涯教育」って必要?
フィンランドはトップ。日本は教育が人生の初期に集中し、フィンランドは休業制度や学びなおしの機会で成人教育が盛ん。
日本の場合は「業務」としてやるんだろうなぁ。いい意味では経費が会社持ちになるけど、悪い意味では直接関係ないことはしないから視野が狭くなる。
いろいろと考えておきたい。 /
通学率みたいな統計はあまり意味をなさない時代になってきているのではないか。オンラインコースなどが年々普及しているから。それよりも、会社の実務以外の知識・スキルを身につけようとしない多くの会社員の意識に問題あり/日本の成人の「
そうね。「通学」しないと学べないかというのはあるけど、職場とは違う場にまとまった時間身を置いて学ぶという意味で一つの指標にはなりうる。/
<長期雇用の慣行は徐々に崩れてきているが、いまだにOJTに頼る雰囲気は残っている。あと数年でこれが変わってくるだろうか。
"日本は1.6%とランキング18カ国の中で最も低く、学校で学ぶ成人が最も少ない。最高はフィンランドの8.3%で日本のおよそ4倍。上位は北欧の国々"
地盤がゆるいとふんばりが効かなくなりますよね。会社に依存せず自ら学ぶ姿勢も持つべきでは。⇒
本文中では「生涯学習」なのに、なんで見出しは「生涯教育」なんだろう。 /
またよく解らない日本最低論・・・>
歯痒いほど、日本の生涯学習は横這い。そして「教育」というワードを使っちゃう位、生涯学習の浸透率は低い。
卒業すると勉強しなくなる日本人、身の回りに多すぎる。
日本の成人の「生涯教育」率は先進国で最低「日本は1.6%とランキング18カ国の中で最も低く、学校で学ぶ成人が最も少ない。最高はフィンランドの8.3%で日本のおよそ4倍…上位国では教育有給休暇や学費の無償化など成人が「学び直し」できる」
経済協力開発機構(OECD)の2012年「国際成人力調査(PIAAC 2012)」調査。「現在、何らかの学位や卒業資格の取得のために学習しているか」
ネットがあれば誰でも自分で生涯学習できるしな。
この現実が理解できない人は「今」をぜんぜん理解してない。
○ーキャンとかもあんまり必要じゃない。
生涯学習と銘打って作られた施設って、平日日中の年寄り向けカルチャースクールと化してるもんなあ(スマホ教室とかフラワーアレンジメントとか)。大学の単位履修制度の敷居がもうちょっと低くなればいいんだけど。 / “日本の成人の「生涯教育…”
やっぱ、暗記だけでやってきたから、本当の学びの楽しさや興奮を知らないのかも...
// うんうん(・∀・;)
結論ががっかり。
ジジババはやるべき
悪しき意味不明な新卒至上主義の存在とコミカレにあたるもんがないしなぁ。少子化と同じように対策はないんだろう、多分。/
中教審も「学び直し」だの「リカレント」だの言及はしてるけど、ぜんぜんやる気ないのが伝わってきて辛い。
そうそう、もっと学生のうちから沢山寄り道すりゃーいいんですよ。ストレートに行く事にこだわり過ぎよね(´・_・`)
資格は取ろうとは思わないけど、死ぬまでにひとつでも出来ることと、学び得ることは学びたい。
新しい技術も学ばないと、特に技術職では取り残される可能性高い。
そもそも入学年齢が、豪26歳、ノル30歳、米27歳、独24歳と異なっている。学ぶ意識付けができてから大学入学する先進国にくらべて、一律18歳の日本。 / | …”
いまだに日本社会は単線のライフコースしか許容していないのか。 /
一生勉強だということを忘れてんだよね〜!
海外なんか、定年後に大学入る人とか、普通にいるからね〜♪
近所の図書館の生涯学習コーナーに並んでるチラシも3割くらいが疑似科学とか宗教まがいのモノだし普及率抜きに考えても詰んでそう
勉強が本当に必要になるのは成人になってからですよね。
余裕ないもんな。
大学行きたい。知りたいことが山のようにある。
もう一度学びたいって思う人は多いと思う。ただその一歩の必要性と面倒臭さから、なかなか踏み出せない人も多いと思う。
そりゃどんなに学習しようと再就職の目処が立たないならお金使いたくないよね。それに大学までの学習がしんど過ぎる。
生涯学習、バリバリの現役にこそ必要。引退後の知識欲を満たす活動じゃないよね。
生涯教育?日本にも海外のような支援制度があればねぇ。
学位を持っていると求職で不利になる、どうしようもない社会だからな(呆)。:
んなもんツイッターみたらわかるだろ。誰も勉強してねえよ。
生涯学習を考えると。
社会に出たら使い捨ての働き蜂になるわけだから教育の必要がないっていう考えなのでは> | 最新記事ニューズウィーク日本版
【教育】 by 舞田敏彦(データえっせい)|ニューズウィーク日本版ウェブ
| 最新記事ニューズウィーク日本版  連載3回目です。
以上

記事本文: 日本の成人の「生涯学習」率は先進国で最低 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事