TOP > 国際 > 「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度 | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度 | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

143コメント 登録日時:2019-09-20 17:51 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

for WOMANニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(143)

@km1n_st3
その展示をネタにしたタイトル強めの記事を前に読んだので行けるのが羨ましい
別の人の感想。見方はいろいろあると思うが、まずはこういうイベントが開催されたことが嬉しいです。
最近たまたまシュピリの原作を読んだり、新聞に制作裏話的な記事を読んだり、が重なり、どういう展示なのか気になっていたスイス国立博物館での「ハイジ展」。
本気だのう…
「日本のハイジ」は、観光大使さながらの活躍。会期中には、日本、スイス、ドイツ、韓国の大学教員(研究者)たちを招き、ハイジについて語り合うシンポジウムも行われた。

ニューズウィーク
ハイジってすごいんだなぁ。

家庭教師のトライのCMが、スイスに、流出したらなんて言われるだろう。
あのCMは、正直やり過ぎで大嫌い。
比較的好意的に受け取られてるからよかったものの、「日本のアニメがスイスの(スイス国外での)イメージを規定する」という一歩間違えば最高にヤバいやつだったんだな……

>
45年前の1974年、毎週テレビ放映された本作(全52話)は、ヨーロッパやそのほかたくさんの国々でも放映されて、大ヒットした。
この記事書いた岩澤里美さんって以前「牛にもホメオパシー」でホメオパシー擁護記事書いて炎上した人だよね?確かそう。
ハイジの母国スイスで、「日本のハイジ」展。
アニメのハイジは世界中で放映されてるらしいですが、スイスでは未放映なんですね。知りませんでした。
そのかわり、さすが本場だけあって、実写版のドラマや映画は作られてるとか。
観てみたいな。(^∇^)
非常に興味深い。 /
関係ないけどスイスを感じで書くと瑞士や瑞西などになるからズイヨーの「瑞鷹」という社名とは恐らくは間違いなく縁がある。
テーマパーク構想も。>スイスのテレビ局では実は未放映だが、ドイツやイタリアやフランスのチャンネルがスイスで視聴できるので、見たことがある人は多い /
何故韓国……?
興味ある
行きたいな
期間延長してくれないかな
ムーミンに続き、ハイジ。
<「日本のハイジ」は、観光大使さながらの活躍。会期中には、日本、スイス、ドイツ、韓国の大学教員(研究者)たちを招き、ハイジについて語り合うシンポジウムも行われた>
最近、日本のアニメの世界への影響力を知って驚いている。ナルト走りとか。/ オフィシャルサイト
原作が生まれた国で日本のハイジ展が開催されるの凄いなー。受け入れられてるということだもんね。
「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度|

見に行きたいーw
子供の頃、アニメのハイジを見てすぐに図書館に原作を借りに行き、夢中になって読んだ。
~外国の人たちが日本製アニメのフィルターを通してスイスという国を経験し、受容していることに気づいたのです。~

優れた作品の影響力ってとんでもないな。
逆に日本人が「日本のハイジ」以外を知る機会にもなれば良いと思うんだが。
名作劇場はどれも繰り返し夕方に再放送してくれたらいいなぁ
アルプスの少女ハイジといったら心理学の本を読んで以降、夢遊病と転換性障害の題材の作品にしか見えなくなった。原作はハッピーな物語ではないらしい。
記事を読むにしたがって、話がどんどんでかくなる。
いえいえ、そのスイス🇨🇭の姿勢が素晴らしいですよ😊
これぞ世界平和
聞いてるか?特亜💢
「日本版、ドイツ版、イタリア版、アラブ版の主題歌を聞いたり」
アラブ版はなかなかのインパクトが有った印象
これな!スイス人オットは日本のハイジが可愛すぎて驚いたって言ってたな。小さい頃、実写版見ていたから😅
日本のキャラクターグッズを取り扱っている会社にグッズ制作の依頼を出せば売れるグッズを作れるのに勿体ないです😅
名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」の展覧会が本国スイスの、なんと国立博物館で開催され好評なのだとか。長年のファンとして喜びに絶えない。
一部のCMでいじり倒してて申し訳やで
「日本のアニメは昔作られたやつが、延々と世界で人気を保っているそうな」

2019/09/20
「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている
ア(ナ)ル(に)プスの少女、廃児。
イノベーション普及。「クールジャパン」と叫んでも意味は薄い。
自分は幼稚園児になるかならないかといった年頃に観たのだが・・凄いな、こんなことになってるなんて。しかし、スイスやその他海外の人達もクララが立ったところで感動するのだろうか?(笑)。
確かに。ハイジを観てスイスに好印象を持った日本人は多いのでは。友人はそれでスイス留学してしまったし。
こういうニュースを日本の新聞社はどうして発信しないの、、、?
こういうのが本当のクールジャパンだと思うんだけど、役人は業者に金を流してその見返りを貰うことしか考えてないんだよなぁ
凄いなぁ
ある意味赤毛のアンのようだ
ただ外人である日本人がスイスのイメージに寄与?してる。

スイスとアニメハイジの癒しは万国共通
ハイジはやっぱりかわいい💕
ハイジのイメージがなけりゃ、時計産業以前は傭兵で外貨稼ぐしかないからその蛮勇さ故に、バチカンの警護を任されるようになった…とか、ドイツの侵略が怖いから核爆弾もたせろと言った国…方面の話しか・・・ / “「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている─…”
うわ、いいなあ。これ日本でもやってくれないかな😃
興味深いねぇ。フランダースの犬は嫌いだけど。
面白い。日本の漫画を通してスイスを知る。本当にそうだった、私の幼少時代。フランスでも仏語版ハイジのDVDが出ていて人気。
●スイス国立博物館で日本のハイジ展
●将来、ハイジのテーマパークが登場か?


一方日本では変な学習塾のCMに使われていた
戦前のアメリカにもシャーリー・テンプル主演の映画があったんだが、どれくらい知られているだろう。|
「はえー

日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──
興味深い話と思って読んだし、ぼくなんかが言うのはどうかと思いますが、文章がとっ散らかってて頭に入ってこないです
韓国の大学教員は何のために参加したのかな?来年には「ハイジは韓国が起源」と絶対言い出すぞ!
こんなのやってたんだ(七月からだそうで)
ハイジ33話、夢遊病になったハイジに向けられたゼーゼマンの銃口。これほど恐ろしい銃口描写はその後も見た事がない。後に絵コンテ「富野喜幸」と知り納得。
関係ないけど北海道の長沼町にハイジ牧場つう牧場がありましてな…。大昔はあのハイジの絵が(以下略
また面白そうな展示を海外でやってる…見たい。
ユングフラウ登山鉄道の日本語アナウンスだけハイジ声でみんな騒つくくらい。逆輸入的な
「45年前の1974年、毎週テレビ放映された本作(全52話)は、ヨーロッパやそのほかたくさんの国々でも放映されて、大ヒットした」
一方その頃、日本ではトライグループのおもちゃにされていた / オフィシャルサイト”
ハイジで育った世代としては、この広がりがわくわくする。→
ちょっと面白い:
若かりし超一流のアニメ監督が勢揃いですからね。凄いですよ、このアニメは。
アルムおんじ「日本のハイジと言えば?」エアグルーヴ「ビワハイジ!」アルムおんじ「正解!」\(-_-;)オイオイ / オフ…”
すごく興味深い。スイスでは日本のアニメ版はやってないけど、その日本版の展示がスイスで行われたのね
スイスでは放映されたことがないの謎だな。
ハイジ推しやめてwww笑うwww
もう20年近く前だったと思うけど、スペインの露店で、日本のアニメのハイジと「母を訪ねて三千里」のマルコが同時に出てくる絵本が売られていて、「著作権はクリアされているのか?」と気になった記憶がある。
まじすか!
日本でも開催されないかなぁ
(*´-`)
ハイジでスイス、フランダースの犬でベルギー、なつぞらで十勝が身近になる。。。
こないだも書きましたがスイスではアニメのハイジは放送されてないそうです
≪目立たなかったが筆者が特別だと思ったのは、日本から大学教員(研究者)たちを招いて、ハイジについて語り合ったことだ。スイス、ドイツ、韓国の大学教員らも加わった≫
昔、母が深刻な声で女の子の可哀想な生い立ちを父に話していたのを立ち聞きしてしまって、あちゃーマズい所に居合わせたなと思って身動きできずにいたら、実はハイジの話をしてて全力で気が抜けた記憶が。 / “「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──ス…”
高畑勲イズムと観光による開発は真逆の行為だ。
自然や動物の生きる環境を大切にする。これが大事。開発をし観光客を呼ぶと環境がおかしくなるのは自明の理。
「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展
あのとろけたチーズのっけたパン旨そう過ぎて忘れないもんな😋😕
私は家庭教師のトライのCMが大嫌いです:(´◉ᾥ◉`):
“2019年7月中旬から3ヶ月の予定で、スイスで、日本のアニメ「アルプスの少女ハイジ」(ズイヨー映像・作)の展覧会が開催中だ。場所はデパートやイベントスペースではなく、なんと、スイス国立博物館だ。” / “「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──ス…”
スイスで逆輸入されたハイジ😆
ハイジは最近でもファミ劇あたりで再放送してるよなぁ。時々見かける。
瑞鷹の高橋茂人氏の版権ビジネス、ムーミンにハイジと、目利きに感心する一方、多くの従業員の離脱や、西崎義展の在籍など、やり手ビジネスマンの裏表を意識させられる。 / …”
初めて知った“「日本のハイジ」から数年後、1978年に週1回放映された実写版テレビシリーズ (スイス・ドイツ合作、全26話)""「日本のハイジ」を意識したのかと感じさせられるほどの出来で、当時成功を収めたと聞く” / “「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…”
有名なハイジってスイス🇨🇭のイメージ😽

北海道に住んでたので凄く重なるところも多いんだよね〜😺

↓ハイジのアカウントもあるみたい😺
@official_heidi
アニメでしか知らんかったけど、Eテレの「100分で名著」でやってた原作解説を観ると、中心に据えて描いているテーマやテイストがアニメと原作でけっこう違うことに驚いたなー / “「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本…”
私にとっても、「ハイジ」と言えばアニメのハイジだな。
あのチーズや藁のベッドに憧れた。
きゃあ! チューリヒなら直行便もあるだろうし シュプリングリでチョコレート爆買いして来られるのに!とか一瞬考えたのを否定しない
78年製作のスイス・ドイツ合作の実写版ハイジがあったのか。「日本のハイジ」の影響があった可能性を指摘しているが、見てみないと何とも言えない。一度見てみたいところだ。
なんか、かつて社長が丸亀市の文化観光大使でもあった丸亀製麺みたいですね。
【スイスでは未放映】という辺りに丸亀製麺のさっきの記事を思い出してしまった。
スイスにも認められてるようなものをトライは……トライは……(怒りによりプルプルと震…)
1974年、毎週テレビ放映された本作は、ヨーロッパやそのほかたくさんの国々でも放映されて、大ヒット。ドイツなどでは、いまも放映されている。スイスのテレビ局では実は未放映だが、ドイツやイタリアやフランスのチャンネルがスイスで視聴できるので、見たことがある人は多い
本場スイスも日本のハイジをリスペクト🇨🇭ハイジ村行きたい
今の日本の子供がハイジに触れる事が出来ないのは、残念。
クララのばか!いくじなし!ケビン・メンチ!コンラッド!ダン・ミセリ!!←未だにネット上のミームになりえる力を持ってる名台詞。 / | ニューズ…”
スイスの人にスイスが受容されたと思ってもらえるくらいしっかり作られてたのか。本当に名作だなあ。
だと言うのにハイジを汚し続ける日本の企業供ときたら…恥ずかしい
行ってみたい国、スイス。
子どものときに見たアニメが世界のイメージをつくり、それがまた現地のイメージを世界に拡散する。母をたずねて三千里のアルゼンチンのイメージ、フランダースの犬のイメージ。 / “「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の…”
ちょっとホッとする話し!!

展覧会は、チューリヒ大学ハンス・ビャーネ・トムセンス教授の「日本のハイジ」を本場スイスできちんと紹介したいという思いから開催に至った。
(^_^)b ハイジの里帰り♪
スイスにとってハイジは、日本のゴジラみたいなコンテンツだったのか(^^;)
原作から宗教色を排除したのが日本のハイジ
「日本のハイジ」を通し
スイスという国が受容されている
──スイス国立博物館の
ハイジ展の本気度
(ニューズウィーク日本版)
国をそうやって見るとネロ少年という偉大な才能を無駄に失ったベルギーはなかなかに立場が苦しいな
劇場版ではアロア出家しちゃってたよ
ハイジの素晴らしさや、アニメ界における先駆的功績は認める。
けど「日本の~」というこのタイトル・そして思い込みは如何なものか。
本邦は最近あちこちで「夜郎自大」が過ぎる。
国力が衰えてるのに、自分でスゴイスゴイと言い続けるのはいい加減みっともない。
どうでしょう班の所業については黙っておこう
見に行きたい!!!:::
本場スイスでハイジの展覧会をやってるらしい!
■スイスに並々ならぬ憧れを抱いたけど、藁のベッドはシーツ1枚じゃチクチクするからな
ハイジ大好き
今もたまに観る。
ハイジが夢遊病になるトコ、毎回泣く😭

宮崎駿の作品なんだよね
行こうかな、スイス。
スイスでハイジ展!
確かに~🤔
教えてオジー!
映画も良かったな✨
空目とか初見では理解できなくて…
「日本のハイジ」を通し
スイスという国が受容されている
一生に一度は行ってみたいと思っているけどあの山果たして登れるのかぁ?!🤔💦
ハイジがスイス国立博物館のハイジ展が開催される一方、国連は児童アニメを規制しようとしてる

世界って、いろんな人がいるな!
スイスのハイジと日本のハイジは違う。日本のハイジが子供のころの記憶が鮮明で、馴染みがある。
ハイジがアルムの山に戻っておんじと再会する場面を思い出すだけで泣けてくる。ちなみにハイジのEDはトトロのOPに似てると思うの俺だけですか?
あまり目立たなかったが特筆すべきは、世界中のハイジ研究者を招き開かれた、ハイジ・シンポジウム。日本からは小田部氏と中島氏と高畑氏の妻も出席し、約1時間に渡って、ロケハンの思い出話が繰り広げられたという。
今や例のCMのせいでイメージ最悪😠
そのヨーロッパの人が、そのハイジが日本では某学習塾によってギャグアニメに変貌してしまっていると知ったら、どう思うんだろう?  ⇒
時代は変わったなぁ、山小屋でハイジのパンとミルク食したときはすげー感動だった。行くの大変やったけど
ハイジ という言葉だけで反応しちゃいますし☺
「Oh!Haiziー!」(z?g?正式表記わかりませんm(_ _)m)って、走に帯同して行くレースで言われたり☺
ズイヨーは「ハイジ」をもっと大切に扱えよな。。。>
記事を読んで、ちょっとびっくりした。すごいね。1990年にマイエンフェルトへ行った時は、ハイジの小屋を探すのが大変だったけど、今はグッズショップまであるとは。”「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度”
いいねぇ😚
興味深いね。>
ハイジすごいな。
なんか凄いなぁ…
すごいな、これ!観に行きたいな。
【 】
私のエキシビションが!!!
ほーう🐻
ほのぼのバシュ菊の予感。
確かに。スイスのイメージハイジから。
国宝だな。
おいしそうなチーズとパン。
これ嬉しいなぁ〜(๑•ω•๑)♡
これ❗️行きたい‼️絶対見たい‼️うちは夫がハイジマニアでしょっちゅう2人で見てる…😅
ハイジ、また再放送してくれないかなあ。
ユングフラウ鉄道の日本語放送がハイジだったことあるくらいだしw
(´-`).。oO 東京の高畑勲展良かった。

スイスのハイジ展

韓国の大学教員? フランスのジャパンエキスポの話題もあってからちょっと気になったんですが…
ハイジ、また見たいなぁ。✨
大人になってから見直したけど、子供の頃より色々伝わってきて泣けました。😊
子供の時、ハイジが大好きだったな。黒パンにチーズ、憧れだったなぁ。。
以上

記事本文: 「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度 | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事