TOP > 国際 > ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

for WOMANニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(44)

地球規模の温暖化!!
“海水温の上昇と、大気中の二酸化炭素を海洋が吸収して引き起される「海洋酸性化」”

笑い事じゃないはずなのに見出しでふふってなった
酒蒸しいっちょあがり。( ・∇・)

自然調理はコワイ。でも、日本だと貝は生きたまま焼くのデフォだけどね…
今までも普通に有ると思うけどね。 >
自然調理と言う新しい表現
この海域には昆布の良いお出汁が… :
わたしがそんな所に居たら、液体になって溶けてますね…⛄
>2004年に起こった似たケースが報じられている。この時は3月と4月に記録的な猛暑と、干潮時刻が日中に重なった。沿岸の岩の表面温度を計測すると、気温は21度でもムール貝が生息する岩場は36度に達していた
カリフォルニア沿岸部で熱波による生態系への影響が懸念されている。サンフランシスコから車で1時間ほどのボデガ湾の海岸で、自然に茹で上がったムール貝が発見された。
蛋白質の限界か。
この惑星は。
生きながら焼かれてしまうと言っても普段から介類は生きながら調理されてるけど。
ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう|  カリフォルニア、 地震も……
全力2階建っぽいタイトル / オフィシャルサイト”
そんなビブリオな生茹で食えんよ。
海水で茹でられて良い塩梅なんだろな。
なぜか不思議の国のアリスの挿絵を思い出した。あれは牡蠣だけど… >
周辺の海に良い出汁が出てそうな…
(^^;)
→ Newsweekjapan: ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう.
華氏100℃で茹で上がるもんなのか……? / オフィシャルサイト”
タイトルで笑った |
“カリフォルニア沿岸部で熱波による生態系への影響が懸念されている。サンフランシスコから車で1時間ほどのボデガ湾の海岸で、自然に茹で上がったムール貝が発見された。” / | ニューズウィーク日本…”
(Newsweek)カリフォルニア沿岸部で熱波による生態系への影響が懸念されている。サンフランシスコから車で1時間ほどのボデガ湾の海岸で、自然に茹で上がったムール貝が発見された。 /
なんと∑(゚Д゚)
調理法については、焼いたのか茹でたのか、あるいは両方なのか、他にもあるのか定かじゃないが、こういうタイトルの付け方はは嫌いじゃない(^_^)丿。
コレって、熱波とか異常気象とかみたいな珍しい話なの?
暑い日の干潮時に、波がすごく穏やかだったらいつでも起きてるってものじゃないのかな?
夏のアスファルトめちゃ熱いし
»  サンフランシスコから車で1時間ほどのボデガ湾の海岸で、自然に茹で上がったムール貝が発見された。
調理などというのんきな表現を使っているが、野生生物はこうしたことが続くと減少し、それが生態系全体の崩壊につながっていく。いくら冷房で生き延びても、生態系の崩壊した世界で人類は生き残れない。
異常気象は地球の問題😓
トリコだったらパスタイカとかそう言う名前のやつを放り込んで食べる回でしょこれ。
これが、温……。
深刻な問題なんだけどタイトルでうっかり笑ってしまって本当に申し訳ないw
うん海に貝の出汁が出てますね。
マジか😱
見出しのセンス(笑)
自然調理www
見出しのインパクト。→
サイゼリヤのムール貝のガーリック焼きはパーナ貝、明日から言いふらしていいよ
カリフォルニア沿岸部で熱波による生態系への影響が懸念されている。サンフランシスコから車で1時間ほどのボデガ湾の海岸で、自然に茹で上がったムール貝が発見された
熱波により多数の死者が。温暖化が進めば生存の限界温度まで達し人間も自然調理と呼べる状態に。昔はボンネットで目玉焼きが焼ける話は楽観視していました
以上
 

いま話題のニュース

PR