TOP > 国際 > 「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに | Woman | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに | Woman | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(47)

「魚や貝を通じて
プラスチックを食べている」という研究結果が
明らかに・・・‼️

ううう〜ん・・・
マイクロプラスチックを
回収する会社を作ります・・・‼️
水上自転車の男性が活動してるのはこれを問題視してるからのようですね( ˘ω˘ )つ「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに|
既に、ひとにまで、およんでいるとは!
素朴な疑問なんだけれど、(アサリやシジミでおなじみの)砂や泥を食べた場合と何が違うんだろう。。。>>
Komsta ゆきねこ(ΦωΦ)
ということは、海水から創られる天然塩も…(゚o゚;


もう魚貝類食べなくて良くない?
メモ
マイクロプラスチック
ますます食べられないやね…
我々はプラスチックを食べているらしい…
G7の共同宣言で海洋プラスチックごみ問題に最初に反対したのはトランプではなく安倍だった
もう人体の構成要素の一つにプラスチックを挙げた方がいいんで無い?
海に流出した微小なプラスチックが、食物連鎖に取り込まれ、貝や魚を経て、私たちの日常の食卓にも影響を及ぼしつつあることが明らかになっている。
えらいこっちゃ。有害物質を引き寄せた状態で魚に取り込まれている、という状態は、かなりやばいよね。
心配し過ぎるないタチじゃない俺だけど、放っておいていいわけがないってこと、そろそろ限界のタイミングだろってことくらいは分かる。 |
まじ貝?
プラ♻️
ちゃんとしよ
海産物を経由しなくても、日本では加工食品や歯磨きなどにもプラスティック粒子が食感を上げるために混入されています。
プラスチックに依存せずに生きるにはどうしたらいいんだろう。
最終的なプラスチックの行き場が人間の体内なら、良い事じゃないか。
私たちは、魚や貝を通じてプラスチックを食べているらしい…
マイクロプラスチック!
天然物よりも養殖物が少ないのは当たり前。
量を多く摂れば人体に影響がないはずがない。

プラスチックの影響がここまできてるとは。魚が好きだから気になる話題。
”養殖された二枚貝、魚の体内にも侵入している“
先日のサミットの際に現政権が署名しなかったところの文書が対象にした問題。健康問題への影響は主に有害有機物質との親和性らしい。スルーして良い問題ではなさそうだが。 / “「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明…”
;魚の内臓を食べるときは注意が必要かもしれない?内臓を分離できないものは特に。
人体への影響は不明,,,,,
Newsweekjapan: 「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに.


@GoogleNews
取り敢えず、ペットボトルのデポジット制の国際条約制定から始めてくれ。
先ず見える化、意識付けして、他のプラスチック製品の規制へのジャンプ台にするのが有効。
もしも人間の健康への影響が大きいとなったら、養殖物の価値が跳ね上がるのだろうか。 / オフィシャルサ…”
まじかー
とはいえ、ちゃんと考えてみたら「そりゃそっすよね」ってなりますね
多分もう食べてる / オフィシャルサイト”
私たちは地球そのもの
、欧州の消費者は年間最大1万1000粒のマイクロプラスチックを摂取しているおそれがある
(Newsweek)ムール貝の消費を通じて、人間の体内には、ムール貝100グラムあたり70粒のマイクロプラスチックが侵入していると推定されている。
日本とアメリカが海洋プラスチック汚染削減文書に署名しなかった件が話題ですが、こんな話もあったり。 / (Newsweek日本版)
おそろしい。G7で「プラスチック汚染の削減に向けた文書」に、日米だけが署名をしなかったんだよな。 / | ニューズウィーク日本版…”
因果応報・・・
農薬や除草剤とかも同じ。便利、経済至上主義を求めるが故のカルマ。
プラスチックが自然に戻らないとわかった時点で使うのやめるよな。普通。
海塩はもっとやばいと思わずにいられない。悲しい。
「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果!
@501rf

国連環境計画( )
「海洋の の量は、魚より多くなる」

How much plastic do you eat?
欧州の消費者は年間最大1万1000粒のマイクロプラスチックを摂取しているおそれがある
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR