TOP > 国際 > 日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流科学者・覆面座談会) | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流科学者・覆面座談会) | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(89)

「僕の専門分野である情報学の一分野では、そもそも先進国であったことすらないですね」
琵琶湖にオキアミをばらまいても鯨は採れんだろう。
なるほど。これを読むと科学研究者の待遇とか分かりやすいと思います。
このページのことはちょっと看過できない。
自分も社会人博士だけど、少なくともD論を構成する成果として論文誌3本国際会議1本通したし、全部自分で書いた。何より、自分のアイデアを元に共同研究で始めたものだし、オリジナルの自負もある。
これについては正式に抗議したい
こんな話を聞くと話半分でも日本の将来は真っ暗だ。
どんどん「日本沈没」「日本消滅」に近づくね。
これで中国へ行く学者たちを非難できるのかな?
徒弟奉公の日本のアカデミズムなど将来的に発展性は皆無だろう。
若い人はどんどん海外に出たほうがいいよ!
「日本の博士はポンコツか

おっしゃる通りで、あまりに海外と日本は違うのでどうしたらいいか、なかなか思いつかない。私の所属学会では企業側に、博士課程に進んだ人をリスペクトして積極的に雇用してほしいと言ってきた。でも『日本の博士は使えない』と返ってくる。」
OBや会社から大学へ大きな寄付が落ちてきて、先生たちに分配しますよね。研究費に関して日本と全く違うのが、基本的に半分くらい人件費であること。日本の場合、人を雇うことが前提となっていない
博士に関する、ガリレオ、ニュートン、エジソン、ダーウィンによる頂上会議の切り抜き 1/2

ガリレオ
>企業側に
>積極的に雇用してほしいと言ってきた
>でも「日本の博士は使えない」と返ってくる
残念な事に科学者に限らないんだけどね・・・だから有能な人材ほど出て行くのよね。(--; /
なんかアイデアあるかなーって思ったけど,副業禁止なんだっけ?だとしたら自分でビジネスすればいいのでは、企業出資で。
学歴が不要か重要かは、目的次第。
日本国内というちっちゃな世界での論争はバカバカしいが、目的が高学歴を持つことではなく、明確で高い意識を持っていれば結果的に学歴が付いてくるというだけのこと。
安宅さん @kaz_ataka が『シン・二ホン』で指摘したとおり、日本は教育分野への投資が少なすぎる。結果、大学の研究レベルが下がり、人材の質が落ちる。このままあと10年経ったら、本当にヤバい。
>
この記事には全面的に同意。日本と海外の大学両方と共同研究しているけど、先生が使えない所が多い。
もちろん日本でも超優秀な方はいるけど、絶対数が猛烈に少ない。共研は海外に流れる。
割とこれふざけたトーンなのが気になるんだが。
ホントのトップ層を除けば、下手に海外に出るより国内で頑張った方がまだチャンスある。少なくともオイラ前に学生だったときはそう感じたんだけどな。海外に出さえすれば上手く行くわけじゃない
給料が安いから優秀な人が医学部に行っちゃったりするんじゃね
日本は科学技術に対して全然投資してないよな。科学技術創造立国とか言ってるわりに。ほんとに科学技術創造立国だったらこの先土台が崩れて日本は崩壊するってわけだ
<就業経験、社会人経験があり、もっと深いことやりたい、もっとお金が欲しい、良いポジションに就きたい、という思いで良い大学の博士号を取りに来る。そういう人たちが基本的に「仕事」として最低限のお金をもらって研究する。
だから日本と心構えがまず違う。必死で働く>
かなり日本はヤバいというか、終わっているというか…。
企業も政府もリスクをとらんというのはホンマにそう。;
この記事は情報が古い気がする。一昔前の東大は教授責任で学生に学位を与えられたけど、今はどこの大学院でも、論文を通さないと学位審査に入れないんだから、そうそう簡単には学位くれないですよ。
「国内の大学で学長経験もある大御所研究者『ガリレオ』」って、誰だ?🤔
若干ステレオタイプな見方のような気もするが(社会人Dでもガチ勢はいる),これが現実なのだろう。海とも山ともつかない基礎研究にこそ「撒き餌」が必要なんだよねぇ。
ん十年前でもひどい制度だと思ったのにいまもっと酷いのかー。科学立国とかふざけんなって感じよねー。どう考えても生き残れる制度じゃないのに、高度成長を忘れられない人が謎の葬式やってるもんー
例えがうまい。

「生態系と一緒で、まずオキアミがあって、それを食べてイワシ、クジラが育つ。オキアミには撒き餌を、クジラには選択と集中を、だ。ありとあらゆることに選択と集中と言って、わずかな金に「失敗したらいかんぞ」みたいなことを言うからダメなんだよ。」
やっぱり日本は教育分野が致命的だよなぁ。ここから立て直すには数十年単位の時間がいるだろうなぁ…
中はこんな感じらしい.机がしゃべってる週刊誌となんら変わらない.
なにこの自前のキャラクター同士に会話させる昔の個人サイトみたいなやつ。
文科省か財務省か、両方ともダメか
「日本は博士号を取ったことのデメリットが強調される。社会が受け皿として博士の高度な専門性を利用せず、博士課程に行くハードルを高くしている。」
社会人博士をなぜカネで買えてしまうか.
日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流科学者・覆面座談会)|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

扇情的なタイトルはイマイチ、中身は納得。
本当のことしか書いてなかったw:
「日本はプロフェッショナリズムとプロに対する敬意がない。」
要は日本の学者()は様々な言い訳を並べてプライドも使命感もないってのが問題。
日本の博士号は今や150万円で買える。日本の大学は博士号の授与という唯一の特権の使い方を間違い、博士号を安売りし、そして結果的に自らの首を絞めている。
「いつクビになるか分からないなか、大学から雇われて死に物狂いで研究をやる欧米」と「自分で学費を払って『お客様扱い』の日本」とでは全然真剣度が違う

そんなことないやろ....
買おうかな~と思って本屋で見たけど、たいした内容でなかったので買わなかった
「ひどいのは社会人博士。3年間毎年53万円払えば博士号を取れる。下手したら指導教官に論文を書かせて博士の肩書だけもらえる。教授の判断で短縮卒業だって可能。」

うおん
研究者を取りまく環境について、日本と海外の違いがよく分かる記事☀

優秀な研究者を輩出できなければ、日本の未来はかなり厳しいと思う。この問題はすぐに対応策が必要だと思います😓

勉強や研究が、お金や生活の心配無くできる環境をできるかどうかだと思います👍
企業で博士持ってる人、ふつうに優秀な方が多いと思いますが…… | | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
《日本で博士号を取って企業に行く人に優秀な人が少ないのは事実》
《旧帝大レベルでもそういう「ポンコツ」がいっぱいいる》
《ひどいのは社会人博士。3年間毎年53万円払えば博士号を取れる。下手したら指導教官に論文を書かせて博士の肩書だけもらえる》
ポンコツが効いているのかちょっと話題になっていますが、匿名だったらもっと切り込んで欲しいですね。人事の当て馬とか、ギフトオーサーの話が拙いのでしょうか。これくらいの話はみなさん既に実名でもやっているような…
言葉遣いはともかく、諸国に習った構造改革の必要性、人件費の確保、インフラ構築の効率化など議論点は浮き彫りに。早く改められるように声を上げていくしかない。
例えば東工大では社会人でも土曜日に必修授業があり子供の運動会を休んだという人もいますが、今では当てはまらない話も多いですね。「ニュートン 企業内で表には出なかった研究で、1日も研究室に通わなくても博士号を取得できちゃう。日本の博士号は今や150万円で買える。」
TLでも断片的に流れてくる情報が上手く纏めてある。これ放っといたらお先真っ暗じゃん。現状は'80年代辺りまでの景気良かった時代の資産を切り崩して体裁を保っているだけとしか読めない。
「だから海外流出なぜ!?」
もう何十年もこんな記事内容ばっか

ガレリオさんその他が Google みたいな会社作ったらええやん
←3流のポンコツだけど科学者ではないので関係無いな!
人口減だけでなく、学問を軽視する哲学なき日本は凋落
もっと見る (残り約39件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR