TOP > 国際 > 科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」(一流科学者・覆面座談会) | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」(一流科学者・覆面座談会) | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(14)

「外国では」ってw科学が求心力を失ったのはもう随分昔の話。コロナショックで改めてそれが証明された。世界を見ても非科学的な方針が支持される

科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」(一流科学者・覆面座談会)|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
>トップクラスの官僚は国家公務員試験の予備校で訓練を受けてきた人たち…サイエンスをやって来た人間が入る余地はない…弊害は大きい
>科学技術専門の政治家も絶対必要
>日本の文系理系という分け方が非常に気に入らない

科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」
「文科省の人は結構分かってくれるけど。財務省の人は半導体なんか中韓に任せたらいいじゃないですかなんて言う」

記事自体に前後編で矛盾する発言もあって、信憑性がいまひとつだけど。
これ、学部の時僕を研究室から追い出したイギリス人の先生がしきりに言ってましたね

イギリスじゃ、大学教授は近所の人からも一目おかれるのに、日本じゃ変人扱いされるって

僕も理系たるものオタクであれ的な価値観に囚われているのかも・・・
最後にあるようにもっとわかってもらう努力も必要かな、と;
途中「日本人は質問をしない、失敗を悪だと思っている」という話が出ます。

受講生さんからよく、「こんな質問して大丈夫ですか」と言われます。個人的には驚きなのですが、そう思う人も多いみたいです。
> もう1つアメリカとの違いは、失敗を許すかどうか。アメリカのベンチャーだって成功率は日本と変わらない。違うのは、アメリカでは投資家へのプレゼンでも失敗が勲章になり、失敗経験のない人はむしろ駄目なこと。日本は失敗を評価システムに組み込んでいない。
これ読んで誰が日本で研究したいと思うんだろう。。。
昇進するときに「お前が来ると(学部や研究科)全体の被引用数の平均が下がっちゃう」などと言われるので。そのためにどう武装するかというと、流行り物を研究して被引用数を稼ぐ。全然興味ないけど」

:-O

科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」
@IiyamaAkari
匿名で座談会するくらいですので、学術会議の会員になり政治力で評価されているのなら不要な組織ですね。溜まった不満の矛先が国へ向かうことになります
【広い教養のない日本の「科学者・専門家」】科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」(一流科学者・覆面座談会)ニューズウィーク 一般の人々にも「科学」や「科学者」に対する畏敬の念がまったくない。お互いがバカにしあっている。初等教育からの間違い。
財務省の人は半導体なんか中韓に任せたらいいじゃないですかなんて言う。世界の流れに乗ることしか考えていない。日本の本来の強みだとかここを伸ばすべきだとかいう考えはない。
ええ。そのようです。

質問したら、
わかる人がわかればいい、
とのたまわった方もいましたね。
どうすれば日本の科学界は復活できるのか。覆面座談会の後半では、教育コストを渋ることの致命的損失や足りない予算を調達する方法、「科学者」イメージを更新する必要性について語ってもらった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR