TOP > 国際 > 金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ | キャリア | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ | キャリア | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(34)

> 規模の大きい投資信託の日米比較
これ笑いどころ?w
地味だけどすごく良い記事。
>>この資料は、手数料が高いわりに実績の悪いアクティブ投信をたくさん売っている金融機関に、金融庁がお灸をすえるために作られたものと推測されます
日本で投資信託を購入する際は手数料に気をつけましょう。

リターンより投資信託の手数料の方が高いケースが多くあるので、販売する銀行が儲かるだけの商品は避けるべきです〜!私の父親は手数料でだいぶやられてましたね…笑
「日本の投資信託のイケてなさ」
イケてない① 規模の大きい投信でアクティブ運用が多い
イケてない② 手数料が高い
イケてない③ 信託報酬が高いくせにリターンがマイナス
「老後の対策間違えていませんか?」

日本では、「正しいこと」刷り込まれた情報が誤ったケースが多いです。

お困りの方、ご相談随時受け付けております。

プロフのLINE@URLより
早い話、株式投資をやるのは自己責任…なんじゃないの( ˙-˙ )?
去年おととし高リターンを出しまくり有名になったひふみ投信ですら今年はインデックスに全く勝ててないからね

長期的にインデックスに勝ち続けるアクティブ投信はほとんどないのが現実
日本人の金融機関はセコい。 / (Newsweek日本版)
確かに手数料は高い!
日本の投資信託がイケテナイ理由。
みなさん、海外の方がイケてるの沢山ありますよ。
ワタシニデンワクダサーイ。


どこまで上げたら利益にするのか、どこまで下がったらもうほうり投げるのか(許容限度)他人任せ自分で判断できない人は、やめた方がいい。
確かにイケてない商品買ってる人多いんやろな。投信買う人は販売手数料と信託報酬もちゃんと確認せなあかんで。無知は本当に罪です。
マイナスってのが最高
記事を読む限り、アクティブ投信に関する情報格差によって、記事内容のよう事実を投資家側が事前に得ることとができないことが問題なんでしょうか。様々な投資事業が盛んになる中で、情報の透明性が確保されていけば、緩和するものなんですかね。
手数料高いのも問題だけどそれ以前にリターンがマイナスって
いやーほんと、銀行の投資信託は買っちゃダメですよ / オフィシャルサイト
それでも事前、事後で目に見える形でコストが明示されている投資信託が金融商品の中では相対的にましであるというのがもう少し引...
でもだからと言って、日銀がお腹いっぱいの日本株インデックスに、積立投信しよう! というのも無理があると思います
金融庁が日本の投資信託がアクティブファンド推しのことに激怒してるらしい。
個人での投信購入者は地元の銀行が仲介になるから購入手数料が高いアクティブファンドを勧めるのは当たり前。

LINEスマート投資はアクティブファンドやけど手数料は低いからおススメ!
マス層のじいちゃんばあちゃんにとっては販売員から伝えられる情報が全てだからなぁ。。
とことんイケてない日本の金融事情...
何時も出てくる手数料問題。
そして記事の書き方にも大きく問題がある。
比較の仕方がおかしいって...

ちなみに私はアクティブ派 / (Newsweek日本版)
日本の投資信託がイケてなくて金融庁が「怒って」いるのはアクティブ型がパッシブ(インデックス)型より劣等しているのではなく、イケてないアクティブ型が少ない割に、販売手数料でガッツリ稼...
イケイケ姉ちゃんはいる、、
あ、BBAだったわ〜〜
Ψ(*☻-☻*)Ψ🌟いけてないよねー、、
日本の投信はアクティブ型の方が手数料が高く、話題性のあるものが多いので、金融機関が売りやすいんですよね。

で、おじいちゃん、おばあちゃんはそのまま買って損しちゃうって構図。

ただ、金融機関職員はあまり考えず悪気なく売ってる気もする。
誰か、このタイトル
ディリースポーツ(阪神の記事)風に、面白かしく変えてもらえませんかね?
残念なアクティブファンドに投資して手数料&マイナスリターンを受給し続けてる人が圧倒的に多いから、世間の投資信託へのイメージが悪いんでしょうね。
「日本の金融機関がアクティブ運用を熱心に「推し」ているから」
ええっ?😦

イケ てないの?😦
金融庁も激怒する、日本の投資信託のイケてなさ

投資信託のうち「アクティブ運用」のほうが魅力的に見えるが、気づかれにくい落とし穴がある。なぜ「イケていない」のか、3つのポイントから解説する
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR