TOP > 国際 > バイオ製薬アンジェスと大阪大学、新型コロナウイルスのワクチンを共同開発 最短6カ月で臨床試験 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

バイオ製薬アンジェスと大阪大学、新型コロナウイルスのワクチンを共同開発 最短6カ月で臨床試験 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(13)

昨日日本初新型コロナウイルスのワクチン🦠は大腸菌を用いてるらしいです、病原体を全く持たない事で、安全性が高いという、そして短期間に大量生産できるらしい、又治療薬の製造にも使えるんですね!
早期実用化に期待だ!
完成する頃にはまた変異…
なんてことになりませんように🙏

がんばれ阪大!
がんばれアンジェス!

薬さえできてしまえば
インフルと同じくらいの扱いに
なるはず✨
頑張れ!
ワクチンがあれば…
アンジェスがコロナ関連になったのね!株主には増資爆弾連発だったけど、結果的に世界に貢献できそうで良かったね👍
アンジェスは5日、大阪大学と共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発に着手したと発表した。すでに実験用ワクチンの製造を始めたという。
もっと早く認証出来るようになればいいのに。
なんかテレビてDNAワクチンの話が出てる
阪大森下先生が出てるけど、まだ実際別の感染症に対する有効なDNAワクチンの製品は出てる?
ワクチン
2020年3月5日
(ニューズウィーク日本版)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR