日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰退への一手を打った法律とは? | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(40)

働き方改革は、残念な勘違いじゃなくて卑劣な論法の方でしょう。生産性云々の厄介な部分を労働者のせいにしてしまうまやかしの言葉。明らかに意図的に産み出した輩がいる。
みんな気づいてるけど、動けないの。上は自分のことしか考えないし、下の発言権が弱すぎて影響力がない。
なるほど。これは読んでみよう。

| ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
このように日本経済の衰退を要因分析していくと、「1964年体制」に原因があることは明白です。つまり、「1964年は東京オリンピックで日本の飛躍が始まった年」というのは残念ながら間違いで、実は経済の衰退をスタートさせてしまった「国運の分岐点」なのです。
★読めば納得
中小企業を優遇する政策によって1964年からずっと経済が衰退してきたのは分かったが、ではその解決策は?
なるほど。

| ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
この先生、大企業ほど毎年大量のリストラを都合よく行っている事をご存知ないらしい。日本の生産性の低さは古色蒼然たる円安政策にある。
"長く分析の世界にいた私からすれば、国民性うんぬん、労働文化うんぬんというのは、科学的な分析から目を背けて、自分たちの都合のいい結論へと誘導していく、卑劣な論法だと言わざるをえません。" / “ 衰退への一手を打…”
 

 
PR