TOP > 国際 > MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

16コメント 登録日時:2019-07-16 19:53 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(16)

「ケルトン氏は、通常のマクロ経済学の想定とは異なり、中央銀行による利上げは、1)借り入れコストの上昇をカバーするため企業が値上げする、2)国債保有者の利子収入上昇により支出が増える──ことから、物価を押し上げる可能性がある、とも説明した」
デフレ脱却したいのか、デフレ深刻化(インフレ抑制)させたいのか‥

日本が、いかに頓珍漢な事やってるか理解するのには、税=財源という誤った認識さえなくせば、すぐにわかる
@monzenkozo100 ケルトン氏はこう言ってます
私が小学3年生の頃に「緊縮財政〜財政出動」を基本操作とする『ロードモナーク』というゲームが流行っておりまして、夏休みにはクーラーが効いた近所のPCショップに入り浸って遊んでいたわけですが、あれって税率操作のタイミングを間違えると致命的で、現在が正にそんな感じ。
MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」|ニューズウィーク日本版

MMTに関し、財政赤字を問題視しない、紙幣の無限印刷を容認しているとの見方は誤りで、インフレにならない範囲で財政支出の規模を考える理論だと説明した。

これなら理解できる。
MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」|日本経済に必要な処方箋に関し「経済成長のけん引役は消費なので、消費者心理の安定化が最も重要」と強調した。
>消費税率引き上げは、インフレ圧力を減らすのが目的ならば適切だが、インフレ圧力を減らす必要がない場合は経済的意味をなさないと話した。

消費税はインフレ対策で。
@vSRHXsMCHQUKcX9 元がこれでっすかね
あとで検索してみまっすね
消費が伸びるわけがない。いつ死ぬかわからないのに、老後のため今節約し、お金を貯めこむ。理由は簡単。日本の年金、福祉政策が貧弱な制度だからだ。MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」|ニューズウィーク日本版
「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。
MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」|ニューズウィーク日本版  なら意味あるのでは?
MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」
MMTが財政赤字を問題視しないは誤り→納得
金融緩和ではなく財政出動すべき→納得
増税や財政のコントロールが政治的に難しい→一番重要だし本当に難しい
だから政府の力が必要って理屈ですかね
ステファニー・ケルトン教授「インフレ圧力を減らす必要がない場合は消費税増税に意味がない」「通貨発行権を持つ国家は紙幣を印刷すれば借金を返せる。財政赤字で国は破綻しない」「消費者心理の安定化が最重要」 / “MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税…”
インフレ抑えたいのでないなら増税無意味、は確かに言ったみたいだけど
抑えたいのが目的なら適切、は言ってないことを補って書いてる疑念があるのー…

そもそもMMTではインフレ抑制目的の機動的な増税は否定していたはずで
MMT政策としてやれ/やるなという話ではない気が…
まさにケルトン教授が指摘するように、今の日本経済の状況はインフレ抑制不要な状況である。つまり、消費増税は不要だし、やってはいけない政策である。自公与党の増税論は、いともたやすく論破された
MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」
□MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」

MMTの議論を日本はもっとすべき

過度な自国通貨発行をどうコントロールすべきか?

適度なインフレをどう誘導するのか?

中所得層サラリーマンの実質賃金が低下する中で何故インフレを望むのか等も🧐
以上

記事本文: MMT提唱のケルトン教授「インフレ抑制不要なら消費増税は意味ない」 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事