東京国立博物館の『顔真卿展』に激怒する現代の紅衛兵 | 風刺画で読み解く中国の現実 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

Superpower Satire (CHINA)ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容...

ツイッターのコメント(18)

去年の記事「中国人は共産党政権の中国が成立して以来、文化大革命などで数え切れないほど文化破壊を起こしてきた。この「祭姪文稿」がもし中国に保存されていたら、今も見られるかどうか疑問だ。」
"しかし中国人は共産党政権の中国が成立して以来、文化大革命などで数え切れないほど文化破壊を起こしてきた。この「祭姪文稿」がもし中国に保存されていたら、今も見られるかどうか疑問だ。偽ニュースで簡単にあおられる今回の様子を見れば、なぜ中国で文化破壊が起きたのか"
〈白菜〉が来た時も、台湾の知人は怒ってたな〜。
炎上の理由はこれでは?   煽り気味の記事があった、とある。
あんたら自分で燃やしたやん
観に行くか🧐

東京国立博物館の『顔真卿展』に激怒する現代の紅衛兵|
東京国立博物館の『顔真卿展』に激怒する現代の紅衛兵|

最後めちゃくちゃ煽っててすこ
「この「祭姪文稿」がもし中国に保存されていたら、今も見られるかどうか疑問だ。」本当にそう思う。
全くです
怒る気持ちも分からなくないけど、ホントに素晴らしい展覧会だからなぁ。
へえ。
リンク>
オフィシャル
オフィシャル

文革はおいといても、中国に預ければ、台湾本国はもとより日本に預けるよりはるかに不安な扱いだわな
東京国立博物館の『顔真卿展』に激怒する現代の紅衛兵|


中華人民共和国は、共産党による文化の破壊とプロバカンダによる人民の愚民化政策により成り立っている。
祭姪文稿、見たいのですよね。
以上
 
PR
PR