【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリ...

ツイッターのコメント(25)

「"A pleasant if awkward fellow," は、「一緒に仕事をする相手(つまり同盟のパートナー)としては困った存在であるかもしれないが(多少の皮肉も込めて)好人物ではある」」
首相時代、またその前から現在までの無責任な発言、親の贈与を数百人の寄付に捏造して大量の資金を作る錬金…自分が知る範囲で最悪の政治家はこの人だった
オバマさんが鳩山さんに厳しい評価をしているのは確からしい。批判は受け止めたほうがいいと思います。
“この箇所の全体は普天間基地移転問題で迷走した鳩山氏への批判と理解するのが妥当です。こうした文脈を踏まえると、
「こうした文脈を踏まえると…「一緒に仕事をする相手(つまり同盟のパートナー)としては困った存在であるかもしれないが(多少の皮肉も込めて)好人物ではある」という意味に…」:
オバマ氏はそのような両陛下に対して深い畏敬の念を抱いたことが、自然な形で「お辞儀」につながったのだとしています。その「お辞儀」についてアメリカの右派から「裏切り者」、つまり合衆国大統領が他国の君主に屈服しているとして批判を浴びた
こういうプロパガンダの時にだけ
『天皇皇后両陛下』を使うやーつ。
日本に近寄ってくんな!しっ、しっ!
微妙だと思うけどねぇ、リバランスならグアムに下げる。
というか、これ00年代初頭からの米軍再編の既定路線だから。
むしろ周辺住民がこう言うからしょうがないと堂々と引き下げられた。
>「一緒に仕事をする相手(つまり同盟のパートナー)としては困った存在であるかもしれないが(多少の皮肉も込めて)好人物ではある」😂
鳩山由紀夫翁と言えば

| 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
 
PR