TOP > 国際 > さらば李登輝、台湾に「静かなる革命」を起こした男 | 野嶋 剛 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

さらば李登輝、台湾に「静かなる革命」を起こした男 | 野嶋 剛 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

中華最前線ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(21)

| 野嶋 剛 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイ
台湾問題を「核心的利益」とする対岸の中国ですら、李登輝の思惑にうまく反応できず、もはや後戻りのできないほど「脱中国」が進んでしまった。メモ
今、世界では、李登輝氏のような抜きん出たバランス感覚を以て政治にあたれる人材が、少なくなってきた印象‼
ご冥福をお祈り申し上げます❣
ぼく李登輝じいちゃん大好きだったんよ( ´・ω・`)
氏の伝記が訃報のあった日にはAmazonのマケプレで1,800円くらいだったのが
昨日見たら4,500円くらいまでつり上がってて悲しかったよ( ´・ω・`)
独立ではなく自立。という認識があるからこそ日本の植民地支配というある意味暗い歴史にも正確に明確に理知的に向き合えってくれているのかも。そしてその芯のある知見と自立意識があるから強大な勢力に動じない気がします
アジアから大きな人物が亡くなられた その精神は強く 多くのアジアに光と希望を与えてきた 心から感謝します
すこやかにお休みください~~~
昔の台湾は外省人の独裁国家だったのが、いつの間にか素晴らしい民主国家に変わっていたんですよね。この人の頑張りで。
こういう文字通りの英雄が日本にいないことは本当に悔やまれる
中国に「圧倒されない」地位と戦略を後に残した偉人
人相や立ち振る舞いで、その人となりは、わかる
"もし短期的で劇的な変化であれば、中国は放っておかず、国際社会も制止に動いただろう。だが、選挙を平和的に行うだけで人々の意識を徐々に変えていくことに、明確な介入の理由を見いだすことは難しい。それが、李登輝の企図した「静かなる革命」の本意であったと私は考える"
中国に対抗する上で、民主主義やそこから育まれた多様性・先進性を重視する社会の価値観に代表される「ソフトパワー」によって、国際社会の支持や同情を集めることに成功。民主主義や言論の自由を拒み続ける中国との対比
李登輝は日本の京都大学で学んだ経験があるだけに、日本とは何らかの関わりがあります。
この前、97歳の天寿を全うされました。
李登輝は台湾の自立を守るため、民主主義を徹底的に利用した。野嶋剛さんのコラム。  日本でも中国でもない台湾化へ向けて社会を変貌させていった。李登輝が賢明だったのは、これらの重大な変革を、数十年単位という時間軸で起こしたことにある。
「その進みようがあまりに静かで外部からは分かりにくかったため、」
見事な采配。国、国民の将来だけを思っての真摯な為政。脱帽である。私利私欲に走る我国の政治家にも少しは見習って欲しいものだ。
今後は司馬遼太郎さんと雲の上で再会を。さよなら、李登輝さん。

さらば李登輝、台湾に「静かなる革命」を起こした男|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
「もし短期的で劇的な変化であれば、中国は放っておかず、国際社会も制止に動いただろう。だが、選挙を平和的に行うだけで人々の意識を徐々に変えていくことに、明確な介入の理由を見いだすことは難しい。それが、李登輝の企図した「静かなる革命」の本意であった」
台湾関係で確かな解説を読みたいのであれば、朝日新聞台北支局長のご経験を経たジャーナリストの野嶋剛氏の文は抑えておきたい。おすすめです。
李登輝は台湾の自立を守るため、民主主義を徹底的に利用しようとした。当時の国民党内の慎重論を押し切って総統選挙を96年に実施し自ら当選したことに象徴されるが、総統のみならず立法委員から市町村に至るまで、選挙のない年はないほど台湾社会の隅々に民主制度が行き渡った
さらば李登輝、台湾に「静かなる革命」を起こした男……民主化+台湾化という「静かなる革命」によって、中国に対抗できる台湾に変革した元総統の大きすぎる功績を振り返る

#台湾 #李登輝 #中国
さらば李登輝、台湾に「静かなる革命」を起こした男|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
正に偉人だった
以上
 

いま話題のニュース

PR