TOP > 国際 > 日本は若年層の雇用格差を克服できるのか | 野口旭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本は若年層の雇用格差を克服できるのか | 野口旭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ケイザイを読み解くニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを...

ツイッターのコメント(12)

野口旭氏 日本の企業が高度経済成長期にそのリスクを負う選択をしたというのは、それだけその時代の人手不足が深刻だったということ。そして「不況でも社員の首は切らない」という選択は不況といっても少し我慢すれば過ぎていく程度のものであれば、確かに正しかったのである。
2年前の記事ですが、今読んでも啓蒙的ですね。

日本は若年層の雇用格差を克服できるのか|野口旭|ニューズウィーク日本版
この経済学者は人間が歳を取ると知らないんだろうか。もはや氷河期世代は中年で、今さら賃金が上がったところで失ったものは取り返せない。「ようやく若者にも希望が」といったところで、それは統計上のデータ区分に過ぎないだろうに。
派遣の規制緩和が失業救済というのは全く同意できないが、ま、一応>日本は若年層の雇用格差を克服できるのか|野口旭|ニューズウィーク日本版
日本は若年層の雇用格差を克服できるのか|野口旭|ニューズウィーク日本版  ;なぜ終身雇用と言う制度が生まれたのか、何が雇用条件を改善し非正規労働者を減らし正規労働者を増やすのか。
ほぼ無理ゲーと思う 民主主義は合法的な数の暴力だから 老人が増えすぎて、富を分配した結果、老人でさえ取り分が減る 若い奴は年食うまで冷や飯ぐらいさせられる 今のままでは…>>
労働のグローバル化の視点が全くない。外国人やロボットで代替されれば若年も正規雇用もあったものか。 日本は若年層の雇用格差を克服できるのか | 野口旭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
前提として、高卒短大卒大卒の就職率は高い水準。高専はほぼ100%?専門卒は分からん。肝心なのはチャンスの数と努力への支援
若年層の経済格差や貧困が拡大したのは、「バブル崩壊以降、不完全雇用の状況が続いた」ことに尽きる。野口旭さんのコラム。  雇用状況の改善のために重要なのは「人手不足にすること」。それがない限り、雇用機会不足のしわ寄せが必ずどこかに現れる。
日本は若年層の雇用格差を 克服できるのか
政治と省庁のせいだぞ"@Newsweek_JAPAN: 日本は若年層の雇用格差を克服できるのか "
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR