「バレエ男子」をありのままに受容する、日本に世界は学ぶべき | 日本再発見 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本再発見ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届...

ツイッターのコメント(28)

何度も言ってるけどバレエやフィギュアスケートをする男子やサッカーや柔道をする女子を日本は受容どころか積極的に評価している。社会的進出という意味での性差別はもちろん改善すべきだが、こういう点での性平等が進んでいることは積極的に評価すべきではないか。
心身共にマッチョでないと出来ない、ダメよね?
プリマをリフトしなきゃだし、優雅を求められるし、美意識、情緒も大切だし。
プリマより大変かも。
青年誌にバレエ男子を主人公にした漫画が載る国だからね。
「日本再発見」  小中学生レベルだと同性クラスメートから揶揄われるとかはやっぱあるかと。そんな時期を超えてしまえば芸術活動ってだけのお話でしょうし、どうこう言う事では無いような…違うんですかね?
主語でかすぎ感は否めないけど😅舞台としてのバレエってもとから男もいないと成り立たないから、女がやるものっていう感覚自体に違和感が…
確かに日本はバレエ強国だと思う。男女関係なく世界的コンクールでよく受賞になるし。
そういえば人生初観たバレエは、あの熊川哲也さんがゲスト出演のくるみ割り人形だった。
この記事を読んで思ったんだけど…日本人の女性はマッチョ好きが少ないからじゃないかな〜
あとバレエ男子は普通にカッコいい!
 
PR