TOP > 国際 > 新疆の綿花畑では本当に「強制労働」が行われているのか? | 丸川知雄 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

新疆の綿花畑では本当に「強制労働」が行われているのか? | 丸川知雄 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

中国経済事情ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お...

ツイッターのコメント(82)

衛星画像の解析は行われていないのかな?
あれだけ騒がれていたのにきちんとしたエビデンスはなかったようです…ちゃんと調べてくれ😭
シェア

単なる勘だけど、たぶんこんなところだろうと思う。
うーむ。なんだか色んな所で拗れに拗れてしまっているなあ。
非常に長いレポートだが、新疆の綿花に関するもの

私は中共による人権侵害は存在すると考えている(香港の状況から見ても明らか)

ただ、憎しで全て悪と捉えると足元すくわれると思うので私は気をつけたい
無印の「強制労働じゃないからこれからも新疆綿使うよ!」という発表をどう捉えるべきか悩んだけど、下記を見る限りは問題なさそう。
両端の情報を拾い得ていくしかない.
これ読んで安心した!
疑うには十分な中国政府の素行「私はもちろん新疆の綿花農業における強制労働がないことを立証したと主張するつもりはない。ただ、強制労働があると断定するには証拠が不十分だといいたいだけだ」なのかもしれないが▼
無印は仕事着や下着等、消耗が早い服として重宝してたのもあって、ウイグル綿の件はまず真偽が気になる。
ウイグル・チベット・香港での人権弾圧は許せないけど、綿花産業と関係がある事実がなければ、今回の不買運動は自分は保留しようかな。
「新疆の綿花農業における強制労働」の証拠が不十分なのに、新疆綿を使い続ける企業は倫理に反すると指弾するのは軽率である

媚中学者のたわごと
中国でのジェノサイドの証拠が十分なのに、中国でビジネスをする企業が倫理に反するとは限らないなどという理屈は通らない
ナチスがユダヤ人を虐殺している確たる証拠はない
、という歴史の教訓を思い起こす。
大変ミスリーディングな議論。問題は綿花強制労働の有無ではなく、強制収容の有無。外部調査団が新疆に入れないことが全ての現況。書いた人の見識が疑われるレベルの記事。
うーん…難しいなあ…
丸川知雄は、中国経済の専門家ではなく、中国共産党の御用学者です。
丸川先生、だとしたらなぜチャイナは調査団を受け入れないんですか?なぜウイグル自治区で自由に取材させないんですか?この前WHOの調査団に対して行ったこともおかしいですよね。全然擁護になってません。
強制労働の事実がはっきりするまでは、不買運動は様子見かなと思う。
無印良品 ウイグル 色々言われてるけど
民族的な抑圧政策は別途検討する必要があるが、綿花生産の現場で強制労働が行われているという説は今のところ、証拠がないね。
こういう記事もあると、ただただジェノサイドだと騒いで不買を掲げて意識高い系を演じるのもどうかなと、、

不買によって契約を打ち切られた貧困層はどうなるんだ。
綿花栽培は古くから児童労働など、先進国で禁じられている労働形態が多いと言われています。自国で道徳的、倫理的に問題となることでも、他国で声があがってないから問題ないとみなすのは何か間違いかもしれません
新疆綿の強制労働問題って
韓国が言ってる戦時中の朝鮮人強制連行、強制労働と同じじゃないの?
本当にウイグル人の強制労働が行われているの?
こんな意見を言ってる人もいるようですが、さて。
全文読んだ。まあ正直真実がどこにあるかは自分には判断しようもないので、何を信じるかの判断は慎重にしたいなと思った次第でした。
>また、2021年3月にはBCIの上海事務所が2度にわたって「我々は2012年以来これまで新疆で一度も強制労働の事例を発見したことはない」との声明を出し、BCIの本部と鋭く対立している。

この一文でお察し
無印が新疆綿を使っていることを批判されているけど、この記事を見るとその批判は過剰だと思う。
ウイグル族が不当に扱われているのは出ている情報を見ていて事実だと思うけど、個別の事例を冷静にみて議論すべき。
真実を知りたい。

新疆の綿花畑では本当に「強制労働」が行われているのか?|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
新疆綿問題は「そもそも綿花栽培で強制労働があるのか」という根本を明確にしないと、収拾がつかないよ。強制労働説を言い出した人たちは改めて説明すべき。大量破壊兵器を槍玉にして始まったイラク戦争と重なる。
こういう検証は必要。
朝日新聞グループがどう対応しているのかは見ものw
ずいぶん以前から新疆地区は開発が進んで、割と外国からビジネスの往来もあると聞くんだけど。結局は中国を解体してアメリカが日本を抑えて進出したいだけの話のような気も。
僕もそう思う。米国が喧伝してる強制労働云々の言説から溢れるプロパガンダ感。
>「新疆の綿花農業における強制労働」の証拠が不十分なのに、新疆綿を使い続ける企業は倫理に反すると指弾するのは軽率である。
これはこれで冷静に書いていますけれどもね。亡命する人がいるのも事実でしょうしね、ホントどうなんでしょうね。
欧米によるでっち上げだろこれ
読んでる。なるべく正確な現状把握は必要だな、とは思った。:
「新疆の綿花農業における強制労働」の証拠が不十分なのに、新疆綿を使い続ける企業は倫理に反すると指弾するのは軽率である。
アメリカのトランプ前政権は対中国政策をとるにあたり、徹底的に中国を調べあげた。ウィグルの人権問題についてもそうだ。
 問題は日本がそのような調査能力を持たず・行わないことにある。だから日本政府はウィグルの問題について確証し適切な政治判断を下すことができない。
ウイグル問題も結局は、中国外しのための誇大広告だったかな?
新疆の強制労働が問題だと騒ぐ人たちにこそ読んでほしい内容。
丸川知雄氏😏💨
元中国社会科学院工業経済研究所:客員研究員😌💨
結局ウイグル自治区で外国のメディアや団体が任意の場所と時間に抜き打ち的に自由に調査できないことが問題で、だから新疆の綿花製品ボイコットではなく中国そのものをボイコットすべきなんだが
という話もある
😲
「ゼンツは現地を調査したわけでも亡命者にインタビューしたわけでもなく、もっぱら中国の報道記事を元にレポートを書いており、親切にもそれら元記事へのリンクをレポートに注記している。そこで私はゼンツのレポートからその元記事をたどって読んで、上の内容を書いた」
新疆の綿産業は解放軍の運営だが強制労働の有無は確認されてゐないといふ話。勘ぐられるのは中共が情報公開しないからだよ。/
ゼンツは中国の報道記事を元に「強制労働が行われている」と断じる...が...中国の報道記事には強制労働...は...書いていない...議論に無理があると自覚しているのか、「強制と同意との境はあいまいである」と」
これはとても良い記事。「貧困対策のための動員」を「強制労働」にこじつけているとすると、情報操作と言われても仕方ないレベルなのでは。
「2020年北疆での機械摘みの割合は97%だったが、南疆では2020年の時点でもまだ60%で周辺に住むウイグル族住民が綿摘み作業に従事することが多い」>誤認だらけの記事の中で唯一真実に近づいた部分。新疆綿は南疆のごく一部の地域でしか栽培していない。100%手摘み。
ずっと気になっていたニュース
とても整理されていて分かりやすかった
結局は当事者レベルの話ではないということ…
"目的は農民たちの収入を増やして貧困家庭をなくすことなので、綿摘みに行った人々を低賃金でこき使ったりしたら元も子もない。県政府が農民たちを綿花畑への出稼ぎに「動員」したのは間違いないが、「強制」したとはいえないと思う。"
欧米の帝国主義者たちの陰謀工作がよくわかる。
先入観、イメージを捨てて情報に当たらないといけない。反省。
ファクトチェックのお手本のようないい記事。そしてこの検証対象となったレポートで今不買運動になっているとしたら、陰謀によるプロパガンダに他ならない、と思った。
もっと見る (残り約32件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR