千葉台風関連の記事一覧

TOP > 国際 > 消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」 | 丸川知雄 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」 | 丸川知雄 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

36コメント 登録日時:2019-09-11 16:12 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

中国経済事情ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(36)

スマホ決済、PayPay
政府は2800億円の予算を決めたが、全ての人達が使うわけではない。
弱いもの、やる気のない人の排除。PayPayでは情報も漏れた。
レジに行列ができていて皆現金でもたもた支払いしてる。PayPayとか全ての支払いが3%還元なのに皆レジ前で小銭をガチャガチャ。何やっても日本じゃ普及なんかしないって。
何となく、PayPay、LinePay が残りそう?
面白い記事。

長野県が検証地域になっているのでJPQRを申し込んだが、やる気あるの?と思う点も。

非JPQR組からするとフリーライドの懸念もあるが、正直JPQR組って生き残れるのかな?
日本でキャッシュレスなんて普及しないよwこの先もね。

オフィシャルサイト
日本はクレカすら使えない店が溢れているので、中途半端になるのよね。クレカやペイがなくても困らないが、現金がないと困ることばかり。
「護送船団」 で、世の中を動かざる時代は終わったのかな?
そもそも近隣諸国の方が電子マネーが普及しているのは
現金に信用がないからだ
紙幣の信頼のある「現金主義」の日本では
電子マネー導入で得をするのは手数料得たい会社と大企業だ
最近LINE PayとPayPayを併用するようにしています。
ナットク、スッキリ。
決済業者に手数料抜かれるくらいなら、現金払いでギリギリまで価格を下げるという店の意地を買う。QRコード統一を巡る争いの話面白い/
政府は個人商店のカネの流れを捕捉したいだけ。レシート出さない現金のやりとりだと、裏帳簿で管理すれば消費税ごまかせるんで。消費税率を上げると裏帳簿の脱税インセンティブが増える。QRは客の方の手間がかかる。 / “消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…”
✡️国際規格外ばかりが多く、何をしたいのか不明。還元するぐらいなら、消費税据え置きで余分な税金還付する必要なくない?
消費の効率がよくなるから推奨しているのではなく、中小店舗の収入をガラス張りにして把握することにより、脱税を防止するために推奨してるんだと思うけど。
つまり、これからはキャッシュレス決済を導入しないと、脱税しているかも!というイメージをもたれるかもね。
「ある業者がせっかく開拓した小売店でも他社の決済アプリも使えるようになり、フリーライドされてしまうことになる。それだとバカバカしくて誰も営業をしなくなるだろう。」
統一QRでも事業者は対応企業と個別契約が必要だったかと。
消費増税まで後少し。
電車での移動やモバイルSuica決済が日常的な僕はJREポイントの還元が第一。その他の支出をどう決済するか。。
QRコード決済の規格統一は営業努力をした会社に他社がタダ乗りできることになり営業努力のインセンティブを失わせる。そして、それはQRコード決済の普及を好ましく思わない者の意図するところである可能性さえあると / “消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…”
なるほど…
消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」|丸川知雄|
小売店が負担する手数料が高過ぎる。中小の小売店が気の毒だ /
全くもってその通り。ICカードも最終的に寡占状態になったからこのまま競争させて寡占になるまで待つのがいいし、エンドユーザーは四の五の言わずキャンペーンの恩恵に預かっていればよい。
消費者ではなく、小売店やpay決済業者の立場から見た「なぜキャッシュレス政策がうまく行ってないか」の分析。経産省の相変わらずのフィンテック音痴ぶりもよくわかる。
良記事だなぁ…
護送船団とは統一QRコード規格に乗っかってろくな営業活動をしない方々を指してて、規格に乗らないPayPayとLINE Payが勝者になるだろうとの説。なるほどね♪(´ε` )
デファクトスタンダードになってないような乱立規格に手を出すメリットが皆無なんだよな。効率いいクレカ一つに絞って少額でもクレカで充分。小売店の手数料とかそういうのは知らん。 / “ | 丸川知…”
乱立の問題を解決するには結局そうやって弱い業者、やる気のない業者を淘汰していくしかないのである。
何で、こんなにごちゃごちゃ種類はあるのに、使いやすさが感じられないかというね
キャッシュレス決済普及の目的は、AlipayやWeChatPayが日本の決済市場に入り込む事です。これを推進する政治家や役人にはキックバックがありますね。日本の決済事業者は顧客付きで外資に買われます。
Uberと同じようにコード決済も客を奪われるのを恐れた銀行に潰されるんだろうか。
10/1からの消費税還元に関する記事

中小の小売店が対象だが
政府に申請して認可を受けた小売店であることが必要
その申請数は9/6時点でもまだ58万件
日本全体の中小小売店の1/4程度

おいおい経産省
先日の3600ページpdf資料公表といい
本当にやる気あるのか❓
PayPay、LINE Pay、応援してます‼️ →→→
日本の個人店舗大半はキャッシュオンリーだろうな。
キャッシュレスに魅力を感じない、銀行口座手続き・手数料や設備の複雑化で嫌がってる。
小型端末のエアペイも手数料有。
ペイペイも裏からくりで金取るだろうな。
自分はキャッシュと半々ってとこ、それがバランス良い。
日本そのものが沈むんだよ←
弱い業者も強い業者もまとめて国が支援、はよくないってのそうねえ。
僕はiPhoneかAppleWatchで買物できるので現金は持ち歩いていない。中小小売店の3/4がキャッシュレス未対応、っても中小小売店に行く用事がない:消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」|丸川知雄|
消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」(ニューズウィーク日本版)
↑PayPay /LINE Payを多用してます!
中小小売店の約4分の3では現金以外受けつけないのでは、外出時に現金は不可欠。2800億円費やしてもキャッシュレス化へ数歩前進しただけ。丸川知雄さんのコラム。  日本で消費者がみなスマホを持ち、決済アプリをダウンロードし、銀行口座と紐づけるのはかなりハードルが高い。
消費税のポイント還元をエサに一気にキャッシュレス決済の普及を進めようという経産省主導の目論見が失敗する理由
以上

記事本文: 消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」 | 丸川知雄 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事