世界で最も自動運転車の社会実装を進めている会社は、意外な中国企業 | 田中道昭 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

企業と組織の戦略分析ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツ...

ツイッターのコメント(12)

中国のこういう新技術をすぐに取り入れる姿勢って素晴らしいな。だから発展が速いんだろうな。既に中国は低価格、高品質を実現してるし。日本はもう終わったな。
レベル4っても限定路線なお猿の電車レベル。とはいえ中国のEVとUGVの進化速度は目覚ましい。
バイドゥは2018年に自動運転バスを21か所で実用稼働している。
またしても日本は遅れをとるのか。。

世界で最も自動運転車の社会実装を進めている会社は、意外な中国企業|田中道昭|
自動運転は、やはり地図アプリを持っているところと、テクノロジー企業の合作
日本だと、この分野でもゼンリンが強そう
@KTr7TIiwOXCx134 自動運転技術は世界的にはまだ実証実験の段階ですが、おそらく10年もすれば商業化されるでしょう。

特に中国の自動運転技術の発展は凄まじく、検索サイトで有名な『百度』が立ち上げた『アポロ計画』には欧米の自動車メーカーやIT企業も参加しています。
中国まじですごい。バイドゥが中国政府から受託して2018年に自動運転バス商業化をスタートしすでに中国全土21カ所で展開しているとのこと。
|世界で最も自動運転車の社会実装を進めている会社は、意外な中国企業|田中道昭|
別に今さらといった感じですが
中国は自動運転事業を国策化
それは強い
中国ではバイドゥが、中国全土21箇所で、自動運転バスの商業化をスタートさせている。

やはり中国は国策で動けるため、こういうテクノロジーの受け入れが早い…
「中国のグーグル」とも呼ばれる同国の検索最大手企業がバイドゥ
●「中国のグーグル」とも呼ばれる同国の検索最大手企業がバイドゥだ。同社が起死回生を期して勝負をかけているのがAI事業であり、実は に関しては、グーグルのウェイモにも先行している
以上
 
PR
PR