TOP > 国際 > 30歳未満、特に女性はアストラゼネカ製ワクチン接種には細心の注意を 血栓症・血小板減少のリスク | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

30歳未満、特に女性はアストラゼネカ製ワクチン接種には細心の注意を 血栓症・血小板減少のリスク | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

欧州インサイドReportニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコン...

ツイッターのコメント(19)

血栓症・血小板減少のリスク|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 念のため注意を促したが検証の結果、安全性問題は無かった…という話ならよいのですが…
アストラゼネカは、兵庫の工場で国内生産が決まってるけど、どうするんだろう。若い人には打たない方が良かったんだっけ。血栓が出来やすいから。
30歳未満、特に女性はアストラゼネカ製ワクチンには注意を 
アストラは厚労省が許可しなさそ…。今のところファイザーで国内死者出てないしファイザー以外のワクチン許可して何か起きたら政府が責任問われるから今後なかなか許可しないし慎重かも
確かに発症率から云えば打つべきとの見解も分かるが、こうニュースで取り上げられては不安になるし、元々ワクチン陰謀説も有るしね! / (Newsweek日本版)
昨年12月、米フロリダ州マイアミ・ビーチの産婦人科医グレゴリー・マイケルさん(当時56歳)が米ファイザー製ワクチンを接種後、副反応で急性免疫性血小板減少症(ITP)…
3月末までにAZワクチンは2020万回接種
血栓症79例確認
うち
44例が血小板減少を伴うCVST脳静脈洞血栓症
35例が血小板減少を伴う他の主要静脈の血栓症
30歳未満特に女性は
アストラゼネカ製ワクチン接種には細心の注意を
血栓症血小板減少のリスク

コロナワクチンは
mRNAと従来型がある

原理が全く異なる

ワクチンそのものを打つ従来型はコロナを打つのと同じ

mRNAは体内でワクチンを作らせる
精製量が不十分なので2回打つ
こんなに待たされたんだから
せめて副作用の少ないのを
打ってくれと言う権利は
私たちにもあると思う

そんなワクチン大丈夫なの?
極小数の件数の副作用だよね?
ピル系のお薬飲んでる方は
副作用で血栓症になりやすいよね?
受けても大丈夫なの?

(ニューズウィーク日本版)
日本ではコロナ感染者は全人口の0・3%

0.3%に対して全人口にワクチンを打つと、何が起きるか。
0.3%しか感染してない。しかも若年はほぼ問題ない。
なのに、打たなきゃいけない?
しかも、今まで認可されたことのないRNA型ワクチン。異様に速く認可されたタイプのを。
人体実験じゃん

 血栓症・血小板減少のリスク|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
どう捉えるかはあなた次第

(ニューズウィーク日本版)
アストラゼネカはなにかと・・
ワクチン接種で変異株を克服し感染者を激減させたイギリスが言っているのだから、コレは参考した方が良い。
30歳未満特に女性はアストラゼネカ製ワクチン接種に細心の注意を 血栓症・血小板減少のリスク❗️

2020万回接種血栓症79例確認、44例が血小板減少伴うCVST、35例血小板減少を伴う他の主要静脈の血栓症
79例うち19人死亡(女性13人、男性6人)11人は50歳未満でうち3人30歳未満
「効果がリスクを上回る」
ってどこかが言ってたような…
リスクが出ちゃう人がいるけど、ほとんどの人は大丈夫って意味なのかなぁ…
まっ、30才未満の女性は…かな
冷静に読む
AZワクチン接種後に血栓症・血小板減少の同時発生で急死したイギリス国内の19人。体質や接種時の状況によって血栓が急激に発生し、血小板が足りなくなって出血が止まらず、死んでしまうケースが発生しているとの懸念は払拭されていない。木村正人さんのコラム。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR