TOP > 国際 > 窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策 日本国内でも9千万回分生産 | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策 日本国内でも9千万回分生産 | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

欧州インサイドReportニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコン...

ツイッターのコメント(29)

アストラゼネカの新型コロナウイルスのワクチンを、アメリカは承認していない。
南アはアストラゼネカの新型コロナワクチンの接種を中止したアストラゼネカの新型コロナワクチンを日本国内で9千万回分生産。
仏大統領には「65歳以上にはほとんど効果がない」と切り捨てられ、南アフリカでは急遽接種が中止されたワクチンの問題
65歳未満推奨は仏、独のほか、オーストリア、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オランダ、スペイン、ポーランド。55歳未満の推奨はイタリアとベルギーで高齢者は非推奨

1、第3相試験の結果が不十分
2、大量生産に問題が生じた
3、南ア変異株への有効性が低い
アストラゼネカ-ワクチンの問題
.
マクロン仏大統領“65歳以上にはほとんど効果がない”
南アフリカは接種中止.
ドイツやフランス等EU加盟国が65歳以上への接種を見送り.
アメリカは承認していない
-
窮地に立たされる英アストラゼネカワクチンの秘策
ついでにコレも。
なるほど。コスパで見ると
コーヒー1杯分の値段で70%は魅力。
しかも管理運搬コストが安い。
ホンマならいらなくね?

"マクロン仏大統領には「65歳以上にはほとんど効果がない」と切り捨てられ、南アフリカでは急遽接種が中止されたワクチン"
日本国内でも9千万回分生産|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ほほん
なぜ65歳以上に効かないという話になってしまったのか、第3フェーズのテストの条件が不揃いなのはどうしてか、わかりやすく全部説明されていてスッキリしました。
最後まで読んで見て下さい。
日本は高齢者だろうと制限なく接種推奨しそうだな。
高齢者に効果ない、南アフリカ変異株に効果ない。選べるものならちゃんと選んで打ちたい。
重篤化しやすい高齢者に優先接種をしている新型コロナのワクチンですが、アストラゼネカのワクチンは、高齢者に効かないと判断する国が増えてます。

ドイツ、フランス、オーストリア、スウェーデン、ノルウェーは65歳以上は×
イタリア、ベルギー、スペインも55歳以上は×
欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)が18歳以上への緊急使用を承認したにもかかわらず、ドイツやフランスなどEU加盟国が次々と65歳以上への接種を見送った。アメリカは承認すらしていない。
これは大誤算。
英連邦ワクチン戦略、アストラゼネカに依存していたので、この局面で足踏みされると世界経済の回復にも影響を与えかねない。当面、ファイザー・ワクチンの一本足打法が続く。
がんばってくれ(汗) /
「効果に疑問」のAZワクチン。
七転び八起き
ワクチンも、いろいろある。
どうせ遅れた日本なら、よく結果を見て、選択を!
《南アの保健相「アストラゼネカのワクチンの有効性は南ア変異株に対しては22%に低下する」。米ジョンソン・エンド・ジョンソンや米ノババックスなど他のワクチンでは57~60%の有効性を示している》(一部中略)

そんなに変わるのか。ファイザーやモデルナはどうなんだろう。
>窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチン

「ドイツやフランスなどEU加盟国が次々と65歳以上への接種を見送った。アメリカは承認すらしていない」
「1億2千万回分のうち9千万回分以上を日本国内で生産する見通し」

無能スカはワクチン調達でも「後手後手」だな。
ドイツやフランスなどEU加盟国が次々と65歳以上への接種を見送ったとか 大丈夫なん? わやや。
アデノウイルスベクターで、mRNAワクチンよりも取り扱いは簡単で良いのだけど。効果が低いなら致し方なしです。日本では武田製薬が製造を引き受けるらしいけど、少しマイナスなニュースです
結局、どこのが良いの。
やはりファイザーかモデルナじゃね? しかし、そうなると日本は控えめに言ってかなり暗い見通しだな……
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR