TOP > 国際 > IR実施法成立、だがギャンブル依存症が最も恐ろしいのはカジノではない | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

IR実施法成立、だがギャンブル依存症が最も恐ろしいのはカジノではない | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

欧州インサイドReportニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコン...

ツイッターのコメント(16)

カジノによる収益は7000億円と試算、昨年度の地方競馬が計6000億円超、アメリカの賭博屋は2兆円、日本のパチンコは20兆円産業。日本は賭博大国。機械相手によくやるよな、趣味の問題だが1回もやらず。
>カジノを含む統合型リゾートがどれだけインバウンドの集客につながるかを論ずるのは「捕らぬ狸の皮算用」だ。カジノの功罪を論じる前に日本は目の前のギャンブル依存症対策を進めるべきだ。
依存症や治安対策が不十分だとして野党はIR実施法を反対するが、今既に500万人いるとされるギャンブル依存症(殆どがパチンコ)の解決には尽力しないのに6000円もの入場料を取り依存症対策は万全なIRには何故反対する?シンガポールのカジノは6000億の売上、観光客は三割増。
依存症が平均5.8万で済むと思わないんですが……
アメリカで近くにカジノが出来たためにスロットマシンの依存症になってホームレスになってしまった老人たちのルポを観たことがあります>|

そうです。問題にすべきはカジノではなくパチンコです。
ネトウヨら、保守は、日本人に賭け事を広め、ギャンブル依存症を増加させ、胴元の外資に利益を持っていかれるカジノというものにほんとうに心から賛成しているの? もし立憲がカジノ賛成で自民が反対だったとしてもカジノに賛成なの?
身近にあり、参加することへのハードルが低いギャンブルこそが依存症につながる。日本では厚生省調査では、依存症の人の8割がパチンコ・パチスロに最もお金を使っていた。
ギャンブル依存症の疑いは全国で70万人。1カ月の賭け金は平均5.8万円で、8割がパチンコ・パチスロに最もお金を使っていた。
おい公明、博打大臣、借金出来る法案まで作りよって破綻、離散夜逃げ承知か、
#IR #パチンコ #オンラインカジノ
| 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャル
「カジノは最悪のギャンブルではありません。従業員が、お客が問題を抱えていないか、怒っていないか見張っているからです」アンバサダーのことですね。日本人のほとんどはこんなこと知らないと思う。日本のバクチ場にはそんな人いないから。

ギャンブルのコンビニエンス、パチンコをまずは何とかしよう!
これって問題はなんなの? / (Newsweek日本版)
パチンコ屋に行っている層にはちょいと敷居が高いだろう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR