名画を攻撃する環境活動家の行動は、「無意味」だが意外と筋は通っている|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<名画にスープをかけるなどの抗議活動で環境問題は解決しないが、経済的に考えると名... ...

ツイッターのコメント(17)

こういう行動に「筋が通っている」と述べるような人を私は微塵も信用しない。正しい道筋を探そうとしないで安易な方法を選択する時点で正当性に欠けると気づかない行為のどこに筋があるというのか。
筋は通ってない。威嚇で声を届けるのが正しいなら、世の中は威嚇だらけになる。主張そのものは立派でも、その手段に威嚇を選ぶのは間違ってる。-
<名画にスープをかけるなどの抗議活動で環境問題は解決しないが、経済的に考えると名画を標的にすることには理解できる面もある>
美しいものに極限の値段を付け、金銭を通じて取引するというのは、まさに資本主義を象徴する行為である。…一方で自然というものは、名画と同じく美しくかけがえのないものだが、人々はそれをタダで入手できると考えており、消滅しかかっていることに関心を寄せない。→
欧米の人って、こういう意見が多いのかな。奴ら、環境の話になると、感情的になるからな。
引用
絵を描く原価が極めて安価であること

この一文だけで芸術品に関する記事書く資格ないことに気づけないあたり悲しすぎる(´・ω・`)哀れな原価厨
「我々の抗議は偽悪で真の悪は貴様ら」という資本主義に首まで浸かって賢しげに発する低コストで複製の容易なメッセージはアートとしてヌルく切実さとして同質の北朝鮮ミサイルに遠く及ばない
「このまま資源の浪費が進めば、絶対量に限りがある以上、奪い合いになるのは確実である」
は真実だろう。
ゆえに
「絵画にスープをかけても問題は解決しないが、一連のコストを何らかの形で共同負担する仕組みが必要」

共同負担の仕組み構築は「ビジネスチャンス」?
"絵画にスープをかけても問題は解決しないが、一連のコストを何らかの形で共同負担する仕組みが必要なのは間違いない。"
個人的には好きじゃないけどグレタ・トゥーンベリみたいにちゃんと議論の場だけで訴えを起こしてる活動家のこういうを無に帰すような奴らのどこに筋が通ってるのかわからん
名画を攻撃する環境活動家の行動は「無意味」だが意外と筋は通っている

『場合によっては何十億円という値段が付く。一方で自然というものは名画と同じく美しくかけがえのないものだが、人々はそれをタダで入手できると考えており、消滅しかかっていることに関心を寄せない』
おはようございます☀️

気になるアートニュース📲
ピンとこない記事「絵を描く原価が極めて安価であることを考えると、経済学的には究極の付加価値といってよい。」はぁ?>名画を攻撃する環境活動家の行動は、「無意味」だが意外と筋は通っている|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
絵画にスープをかけても問題は解決しないが、天然資源を管理する一連のコストを、何らかの形で共同負担する仕組みが必要なのは間違いない。
有名画家には生前に画廊に評価されなかった人物が多くファインアートならではの作家の魂の輝きを感じさせられる 絵画本体が悪いわけじゃない ... この点でテロリズムは一概に理不尽なものと断罪せざるを得ない w~🎨🖼
以上
 
PR
PR