TOP > 国際 > 韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない | 木村幹 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない | 木村幹 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

韓国を知るニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(189)

韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことを
わかっていない。
▼チンピラ国家です
韓国で行われたシンポジウムで、南北統一という本来の主題そっちのけで安倍政権下ろしの大合唱が起こった
なぜこんなことになったのか

| ニューズウィーク
うんうん、そうだね。
だからこそ、ムン災害には簡単に辞任して欲しくない。どうせ歪んだ反日政策と反日教育は治ることはないのだから、経済が壊滅して国が破綻するまで頑張って欲しいものだ。

韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない(NewsweekJapan)
<< まぁ韓国がどう思うのかは自由だが、日本は粛々と動くだけだな。>>
あれ、どうしちゃったの、木村幹?☺️
てっきり韓国から「貰ってる人」とばかり思ってたぞ。
>「問題は、今日の韓国において、日本という外国の政権に対する打倒運動が、恰も当然の様に展開されており、またそれが「市民の力を集め」れば実現できる、という議論が、現在の与党に連なる「長老」政治家によって公然と行われても、疑問にすら」
”明らかなのはその場に集った人々が、こと日本に関しては、全ての問題の原因は日本側、とりわけ安倍政権にある、という話を「聞きたがっている」という事だった”
...てことは、日本も韓国も同じってこと...
わざわざ出向かれたのに気の毒な件。
そして正常化するには文在寅が退陣しても相当な努力と時間が必要やろなぁ
現実を突き付けるノヨ☀️(=^ェ^=)。

91年日韓覚書は、30年経つ今、見直す事で破棄しマショ☀️。

| コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
日本の(自称)リベラルは反日媚韓施策を採る。
それは民主党政権や 沖縄・愛知からも明らかだ。
なので「安倍政権を倒せば、日韓関係が(韓国に都合良く)改善する」
は正しい。嫌韓ムードでも油断してはいけない。
隣国もだが 国内の与党野党ともに交渉におけるバランス感覚が歪んでいる。
政治屋さん方以外に頼りになる方はいないのか?
盲目的親北の文政権が倒れれば少なくとも「親米」「親米でなくとも米国圏にとどまるべき」という政権であれば対日関係も管理可能になるだろう。問題の根源は「韓国人の考え」であることはもちろんだが。・・・>
2015年末に懸案だった慰安婦問題が合意に至ったのに、文政権が事実上反故にしてしまったことが、対韓感情が一気に悪化した主因だと思う。安倍政権も合意新方針発表までは文政権との関係深化に尽力していたもんな。
約束を守ることが重要なのは国際社会の常識だもの。
なぜこんなことに...だってさ。
左派が「日本バッシング」の道具にした結果じゃないかな。

「聞きたがっている」というのがもう......。嘘教育に慣れすぎて元には戻れないんだね。現実を見たら生きていけないから、本能的に洗脳の強化を望んでいる、と。
結論が正直わからん記事だが、韓国の説得を試みるだけ無駄。と読めてしまうのだが。
k国が現実路線に片足くらい突っ込まねば…。ないな。
しかし、ニューズウィークにも匙投げられるとは…
米・Newsweek 発、 氏寄稿、文政権の後では親日政権になると考えるは勘違い。自国の責任を多国へ押し付ける風潮を観てきた氏の意見です。

1945年、列強により南北に分断されて以来、その怒り・恨みを吐ける相手が、列強ではなく日本になっているだけの事です。


#韓国
「今日の韓国において、日本という外国の政権に対する打倒運動が、恰も当然の様に展開されており…」
確かに異様だけど、考えてみれば「韓国の独裁政権を倒せ」と日本でやってた連中の同類デスね。
問題は、今日の韓国において、日本という外国の政権に対する打倒運動が、恰も当然の様に展開されており、またそれが「市民の力を集め」れば実現できる、という議論が、現在の与党に連なる「長老」政治家によって公然と行われても、疑問にすら感じられていないという事である
これもまた結論ありきの理論展開に思うんだよな…
韓国だろうが日本だろうが付和雷同は世の常で、メインストームが反日ならこうなるし、親日なら逆になる
わりと日本でも見られる行為だよね…
日韓はどちらも覇権国でない以上、互いに対して決定的な影響力を持ち得ない
当たり前の話であるな
末尾で、日本もまた文政権が終われば関係は改善するとか甘いこと考えてんじゃねーよ、という指摘。仮に保守派が政権を奪還しても、メンツ大事身内大事な国だけに徴用工賠償請求を辞めるのは多分できないものな
@Sankei_news @afpbbcom @zakdesk

そのうち韓国国会で安倍総理の不信任決議がなされるんじゃねぇか?あいつらの頭の中はそれ位の勢いだぞ。
俄には信じ難い論調ですね…しかし、今の両国なら、という節もあるから恐ろしい。
木村幹にしてはまとも。その上で唯の感情的な反発だけでなく韓国人に戦後の韓国の対日・対米工作がある程度成功してきた自信があるから今回も安倍政権打倒に気勢を上げるのだろう。だから日本は彼らが対日工作の匙を投げるまで断固として断韓を貫く必要がある。
韓国の政治家や活動家が「安倍政権を倒すべし」と言うとき、韓国人が直接外圧を加えるのではなく、日本にいる韓国シンパ、つまり帰化人政治家や在日韓国人をして安倍政権を打倒することを指しているのだろうか?
最近韓国で行われたシンポジウムで、南北統一という本来の主題そっちのけで「日本の安倍政権は我々に不当な圧力をかけている。我々は今こそ市民の力を集めて、この政権を打倒せねばならない!」
アホでしょ。
《同じ事は日本国内の議論についても言うことができる。例えば、文在寅政権が倒れ、保守派が政権をとれば日韓関係は改善する、と言う人がいる。》

それは無理だろうね。
- Newsweek日本版

韓国人は見たい物しか見ず、希望願望は必ず成就すると考える
だから、安倍政権を倒せば日韓関係は改善すると、愚かにも信じている
韓国の政権が変わっても「反日」で変わらないのと同じだよw
個人的にBSニュース番組実況民でぜひ共有しておきたい記事

newsweekjapan
日本じゃなかったら「宣戦布告」と取られかねんぞw
世界の木村幹大先生なので、話10割減で丁度いいが、その安倍ちんを下ろせば🇯🇵が変わる!を冷笑する手合いすら必死に独裁習近平はもうオワコン!今年こそ🇨🇳大崩壊!が未だ隆盛なの、結局は折伏ビジネス文字数
野党に転落し、次期大統領選挙での巻き返しを期する保守派にとって、反日意識が高まる中で、日本との関係改善を呼びかけることに、どれだけの政治的合理性があるというのだろうか」
>シンポジウムの名前は「DMZフォーラム」。
>その場は恰も「安倍政権打倒決起集会」の様相になった。

そうでしょうね。
これも一種の正常性バイアスなんだろうね。
外国である韓国が、"日本の安倍政権を打倒しよう!" と一致団結して拍手喝采する愚かさ。なんでも日本が悪いなんて、もう日本には通らない!

韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない(ニューズウィーク日本版)
最近韓国で行われたシンポジウムで、南北統一という本来の主題そっちのけで安倍政権下ろしの大合唱が起こった。度を越しているが、なぜこんなことになったのか
<最近韓国で行われたシンポジウムで、南北統一という本来の主題そっちのけで安倍政権下ろしの大合唱が起こった。度を越しているが、なぜこんなことになったのか>
猿芝居 日本政府と韓国政府の下らない芝居 争いを助長し軍費を正当化する両国だ(;一_一)
「正当なコトを行うと悪化する感情」をもつ側に問題があるんですよ
(ソコ、わかりませんかね?)
>「『耳心地の良い』事は『正確に事実を反映している』事を意味しておらず、不正確な認識に基づく議論では目的を達成することは不可能だ」
国内から安倍政権に対して引きずり下ろすとかは、意見として尊重はするが、外部勢力から政権を下ろすような行為は国家の主権を売り渡すような行為でありえない。 / “ | コラム | ニューズウィーク日本…”
文在寅の長年の悲願は『南北統一』
チュチェ思想家として北の将軍様に忠誠を誓った忠実な下僕です。
韓国民の意識を反日に向かわせている間に粛々と統一の為に計画を実行しようとしています。

日本政府への願いは難民は断固拒否で!
読まなくても判る様なことしか書かれてないw
こういう落ち着いたまともな論を読むと、少しは安心する。内容とその結果については少々憂慮しているわけだが。
氷河期に入った日韓関係。このまま終了へwww
「『安倍政権さえ倒れれば問題は解決する』という安易な期待に安住して手をこまねている間に、日韓両国の世論は互いにますます険悪なものとなっている」「同じ事は日本国内の議論についても言うことができる」◆
韓国では、日本という外国の政権に対する打倒運動が展開され、それが「市民の力を集め」れば実現できるとの議論が「長老」政治家によって公然と行われている。木村幹さんのコラム。  韓国の人々は、日本で韓国に対する感情が大きく悪化したことを理解していない。
もっと見る (残り約139件)
 

いま話題のニュース

PR